ホームでは桜がお出迎え!ピンクに染まる春のJR南小樽駅

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ホームでは桜がお出迎え!ピンクに染まる春のJR南小樽駅

ホームでは桜がお出迎え!ピンクに染まる春のJR南小樽駅

更新日:2018/10/22 15:30

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

小樽観光といえば「JR小樽駅」が観光の起点ですが、桜咲く春は1つ手前(札幌側)の「JR南小樽駅」で下車をして、お花見を楽しんでみませんか?
北海道に桜前線が上陸する5月上旬、駅のホームではピンクのシャワーが降り注ぐような美しい春色がお出迎え。駅舎や跨線橋(こせんきょう)からの眺めも絵になる風景です。
そんな、思わず途中下車をしたくなる美しい景色をご紹介します。

桜咲く春の小樽観光はJR南小樽駅で途中下車してお花見を!

桜咲く春の小樽観光はJR南小樽駅で途中下車してお花見を!

写真:月宮 うさ

地図を見る

北海道が春本番を迎えるゴールデンウィークは、道内のあちらこちらから桜の開花宣言が聞こえる季節。歴史ロマンあふれる北の港街「小樽市」にも桜前線がやってきます。

当記事では、桜の美しい名所の1つ「JR南小樽駅」をご紹介。見頃を迎える5月上旬は、ぜひ途中下車をして観光と一緒にお花見も楽しんでみましょう。ホームを降りると見事な枝っぷりの桜がお出迎えをしてくれます。思わず「きれい!」声をあげてしまう美しさです。

駅舎と桜の絵になる風景!

駅舎と桜の絵になる風景!

写真:月宮 うさ

地図を見る

改札を抜けて外にも出てみましょう。そこで待っているのは駅舎と美しき桜の共演。天をピンクに染めるかのように枝を伸ばす見事な姿が視界に広がります。駅のホームとはまた違う景色を楽しむことができますよ。

桜を背景に歴史に触れる!昔、発車の合図に実際に使われていた鐘

桜を背景に歴史に触れる!昔、発車の合図に実際に使われていた鐘

写真:月宮 うさ

地図を見る

「JR南小樽駅」前には、桜を背景に1つの鐘があります。
この鐘は、明治13年から昭和40年まで列車の発車の合図に実際に使用されていたもの。列車が隣の手宮駅(※昭和60年に手宮線の廃線とともに廃駅)を発車すると、上り列車は2つ・下り列車は6つ鐘を鳴らして、お客さまに列車の到着を知らせるとともに、改札を開始の合図としていました。
ここでは、美しく咲き誇る桜の下で、歴史ロマンにも触れることができます。

跨線橋から眺める春のJR南小樽駅ホーム

跨線橋から眺める春のJR南小樽駅ホーム

写真:月宮 うさ

地図を見る

駅舎を背中にして右手に進むと、跨線橋(こせんきょう=鉄道線路の上をまたぐような形で架けた橋)から駅の全景を見渡すことができますので、ぜひ立ち寄ってみましょう。
この場所から小樽の街並みとともに眺める桜も絵になる景色。鉄道がお好きな方にもオススメのスポットですよ!

観光名所「メルヘン交差点」への最寄り駅!ここから歩いて小樽観光へ

観光名所「メルヘン交差点」への最寄り駅!ここから歩いて小樽観光へ

写真:月宮 うさ

地図を見る

途中下車をしてしまうと、本来の目的である小樽観光にロスタイムが生じるのでは?と心配な方も安心してください。「JR南小樽駅」は、観光名所「メルヘン交差点」への最寄り駅。ここから歩いて小樽市内観光に向かうことができます。

詳しいアクセス方法等は記事の一番下のMEMO内『JR南小樽駅から小樽駅へ!情緒あふれる街を歩く小樽観光』に記載しています。また、『小樽観光ガイドマップ「すぐそこおたる」』を印刷して持参しておくと便利です。

春の小樽観光オススメです!

北海道の春は一気に花が咲きだす美しい季節。あたたかい日差しの下、遅い北国の春を楽しんでみませんか?小樽市内の風景も春ならではの美しさが待っています。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -