うどん県のお隣岡山で、是非食べたい讃岐うどん「たぬき屋」

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

うどん県のお隣岡山で、是非食べたい讃岐うどん「たぬき屋」

うどん県のお隣岡山で、是非食べたい讃岐うどん「たぬき屋」

更新日:2016/02/23 12:10

別司 道三のプロフィール写真 別司 道三 アウトドア系早朝トラベラー

うどんの本場といえばやはり讃岐こと香川県。「うどん県」と名乗っても誰もが納得する正真正銘のうどんの聖地です。香川県内でうどん巡りをする多くの人は、岡山から電車やマイカーで瀬戸大橋を渡って四国入りします。そんな美味しい讃岐うどんを目指す人が素通りする岡山市に、うどん県民も美味しいと一目置く「たぬき屋」という讃岐うどん屋があります。是非うどん県のお隣、岡山の名店も、ちょっと立ち寄りしてみませんか?

人気店の証!開店前からずらりと行列の「たぬき屋」

人気店の証!開店前からずらりと行列の「たぬき屋」

写真:別司 道三

地図を見る

「たぬき屋」の外見は市街地の中にある普通のうどん店。しかし、本場香川の名店も何の代わり映えしない店構えであることが多く、讃岐うどんめぐりをした後には全く違和感を感じません。閉店の11時が近づくと続々と人が集まり、長い行列ができます。まさに美味しさのバロメーター!岡山市内で讃岐うどんめぐりをする観光客はほとんどいないので、いかに地元の人にその味を認められ、愛されているかという証拠です。

本場並みに讃岐うどんらしさを楽しめる!

本場並みに讃岐うどんらしさを楽しめる!

写真:別司 道三

地図を見る

たぬき屋の店内は清潔で広く、落ち着いてうどんを堪能できます。たぬき屋はセルフスタイルのうどん店ですが、ちょっと変わっています。店に入るとまず大と小の器が並べられており、茹であがったうどん玉がどんどん器に入れられていきます。食べたいサイズの器をえらんだら、好みに応じて自分でうどんを熱湯でゆがきます。もちろんそのままでも食べられますが、自分でうどんをゆでるあたり、本場の讃岐うどんらしいのでぜひやってみてください。

精算をすませたら、最後に出汁を自分で注ぐなどしてお好みの食べ方を選べます。なかなかお目にかかれない、ちょっと変わったシステムが讃岐うどんを食べる楽しみをさらに演出してくれます。

本場に負けない味!ダシとコシが自慢のうどん!

本場に負けない味!ダシとコシが自慢のうどん!

写真:別司 道三

地図を見る

たぬき屋の人気はかけうどん。セルフで注ぐ出汁は、利尻昆布を惜しげもなく使われており、あっさりとしながらも独特の香ばしさがあると人気です。麺の舌触りは相当にツルツルで口の中に入れると気持ちいいくらい。アツアツの出汁の中に浸かっていても、びっくりするくらいのしっかりとしたコシを感じられます。 天ぷらは作り置きですが、その種類は豊富で30種類以上。茄子がはまるまる1本開いた状態であげられていたりと、そのボリュームもなかなかで、ついつい目移りしてしまいます。

使用した食材の産地も表示されているので、いろいろと考えながら食べたい一品を選べるのも面白いです。麺そのものをしっかりと味わい方にはざるうどんがお奨め。弾力がありなかなか噛み切れない本格的なコシは、讃岐うどんの真髄です。讃岐の本場でも人気店になりうるその麺の魅力、心行くまで堪能できます。

目指すなら11時のオープン前!

岡山のうどん好きには知らない人がいない名店「たぬき屋」。食事時は常に満席で行列必須です。できれば食事前を外して是非訪れてみたいですね。開店時間15分前に間に合うように到着できれば、入店と同時に席に座れます。確実に人気のうどんにありつけるように、ちょっと早めのお昼を目指してみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -