魔法の石パワー!鎌倉・葛原岡神社の簡単3ステップ縁結び方法

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

魔法の石パワー!鎌倉・葛原岡神社の簡単3ステップ縁結び方法

魔法の石パワー!鎌倉・葛原岡神社の簡単3ステップ縁結び方法

更新日:2016/03/08 10:56

Naoyuki 金井のプロフィール写真 Naoyuki 金井 武蔵国ナビゲーター、歴史探索ブロガー

鎌倉のランドマーク源氏山の一角にある『葛原岡神社』。
後醍醐天皇に仕えた公家、日野俊基卿を祀る神社として明治20年に建立された比較的新しい神社ですが、最近、女性を中心に鎌倉の恋の神様として赤丸急上昇の人気を誇っています。
それは3つの石に願いを掛けるお手軽縁結びが、非常に効果があると口コミで評判になったからです。
今回は、巷で人気の葛原岡神社の簡単3ステップ縁結び方法をご紹介します。

1st.ステップ 〜あなたの不運を取り除こう〜

1st.ステップ 〜あなたの不運を取り除こう〜

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

参道口に大きな鳥居があり、ここからが葛原岡神社の境内になりますが、ここでボヤボヤしていてはいけません。
鳥居の隣にある『魔去る石』に注目です!
“魔が去る”が転じて“勝(まさる)”と云う意味で、幸せを勝ち取る石と云われています。これまでの自分の不運を断ち切るように願いを込めて、杯をこの石に当てて割れば不運とさよならできるのです。盃が割れなければ、拾って割れるまで投げてもOK。
見事に盃が割れれば、あなたの気持ちもスッキリ! 何となく魔が去ってハッピーな気分になれるはずです。

2nd.ステップ 〜神様とご縁を結ぼう〜

2nd.ステップ 〜神様とご縁を結ぼう〜

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

気分も良くなったらいよいよ縁結びです。
縁結びの神として名高い大黒様ですが、特にここに祀られている御神体の木像は、二宮尊徳邸内のクスノキで造られたと伝えられる由緒あるもので、これだけでもメキメキパワーが頂けそう。そして更にパワーアップするために、平成22年に改めてその御霊を“男石”と“女石”にお迎えして『縁結び石』として祀ったのです。
社務所で縁結びのお守りが授与されると、赤い糸の付いた五円玉が戴けます。これを縁結び石に結び付ければ、神様との縁が結ばれ、ご利益が授かるといわれています。

3rd.ステップ 〜速攻に効く願いをしよう〜

3rd.ステップ 〜速攻に効く願いをしよう〜

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

これで十分祈願したと、ここで帰られる方も多いのですが、仕上げはこれからです。必ず奥にある本殿に参拝致しましょう。
ご祭神の日野俊基卿は、建武の中興への道を開かれたことから“開運の神様”と呼ばれています。そして本殿横にある『昇運の神龍』の石板は、旧本殿に納められていたもので、神様のお使いとして願い事をより早く届けてくれる龍なのです。
あなたの縁結び成就の願いをいち早くお届けし、必ず開かれた運が授与されるはずです。

心のままに祈願する『絵馬とみくじ』

心のままに祈願する『絵馬とみくじ』

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

縁結びの祈願が終わったら、気持ちの趣ままに願いをかけましょう。
精一杯の想いを込めて成就したい相手の名前や、まだ見ぬパートナーのイメージを記載した『縁結び絵馬』を奉納するも良し、これからの吉兆を占う『恋みくじ』などをしても良いでしょう。
肝心なのは“強く願うこと”だそうで、思い入れの強さが縁結び成就の大きさになるのです。

成就したらお礼の『おりがみさま』

成就したらお礼の『おりがみさま』

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

お願いをして願いが叶えば、お礼をするのは常識で、縁結びが成就したら、きちんとお礼参りをしなければいけません。
そのため、ここ葛原岡神社では“御礼参りの折鶴”があるのです。
社務所で「お礼参りで鶴を折りたい」と申し出れば、和紙『おりがみさま』を神社からの気持ちとして授与いただけます。これで鶴を折って大黒様に感謝することで、天高く思いが何百年何千年永久に続くのです。
二人そろってお礼参りするのは、きっと素敵な光景になるでしょうね。

最後に。。。

縁結びに願いをかけてお参りするのは、大変結構なことです。
ただ、この葛原岡神社のご祭神日野俊基卿が祀られている本殿を始め、本殿横にある卿の『終焉の地』碑や、神社鳥居に手前にある史跡『日野俊基卿墓』にも、是非ご参拝下さいね。
あなたの縁結びをきっと見守ってくれるはずですから。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ