国章に描かれる「タート・ルアン」はラオスを代表する美しき仏塔

| ラオス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

国章に描かれる「タート・ルアン」はラオスを代表する美しき仏塔

国章に描かれる「タート・ルアン」はラオスを代表する美しき仏塔

更新日:2016/03/24 00:14

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 写真家、旅ライター

ラオスの首都、ヴィエンチャンにある「タート・ルアン」は、ラオス国民のシンボルと言われ国章に描かれています。ヴィエンチャンを建設したセーターティラート王により、同寺院は改築された歴史を持ちます。ラオス語で「タート」は塔を意味し、「ルアン」は大きいという意味です。

また、「タート・ルアン」に隣接する美しい宮殿は、ラオス最高位の僧が生活している場所であり、こちらの観光も外すことは出来ません。

タート・ルアン(Pha That Luang)とは

タート・ルアン(Pha That Luang)とは

写真:大里 康正

地図を見る

ラオス・ヴィエンチャン(Vientiane)のタート・ルアンは紀元前3世紀、インドのアショーカ王によりこの地に僧侶が派遣され、インド様式で建立されたのが始まりとされています。13世紀になるとクメール様式で寺院が再建立されたのです。

その後16世紀になって、廃墟と化していた仏塔を、建物正面の銅像になっているセーターティラート王(King Setthathirath 在位1548年−1571年)が改築。同時に四方を四つの寺院で囲む形としたのですが現在は北と南の寺院のみが残されています。

仏塔の前には王の座像があり、とても珍しいものです。寺院を改築したセーターティラート王は、ビルマ(現ミャンマー)が侵攻してきた際に捕らわれ、殺されることで不遇の最後となりますが、この座像はどことなく微笑んでいるようにも見えることでしょう。

美しき黄金の仏塔

美しき黄金の仏塔

写真:大里 康正

地図を見る

釈迦の胸骨が納められていると伝えられている仏塔は、まばゆいばかりの黄金色となっています。周囲を一周することが出来るので、緑の芝生と黄金の仏塔を背景とした多くの写真撮影スポットが見つかるでしょう。

残されている板碑

残されている板碑

写真:大里 康正

地図を見る

歩いていると、多くの板碑を見つけることが出来ます。古い仏像は様々な場所で見ることが出来ますが、このような板碑は珍しいものです。そこに仏塔や仏像が刻まれているので、じっくりと観察してみて下さい。

隣接する宮殿・ワット タートルアン ヌア(Wat That Luang Neua)

隣接する宮殿・ワット タートルアン ヌア(Wat That Luang Neua)

写真:大里 康正

地図を見る

タート・ルアンの北に位置する宮殿が、ワット・タートルアンヌアです。こちらはラオス仏教界最高位の僧がいる場所で「ラオス仏教総主教宮」となります。毎年11月に、タートルアン祭りがおこなわれますが、ラオス全土から多くの僧侶が訪れるのがこの場所です。

1828年にシャム(現タイ)の侵攻により壊されましたが、1936年に改修が終わっています。階段の中央は赤い絨毯を意味しています。階段の上で履物を脱いで、中に入ることが出来ます。

見事な宮殿の内装

見事な宮殿の内装

写真:大里 康正

地図を見る

天上も絨毯も赤い宮殿内部ですが、意外にも仏像の数はとても少ないのです。高い天井には法輪のような画とラオスの神々が描かれており、一見の価値があります。内部の写真撮影は可能となっています。

最後に

いかがでしたか?タート・ルアンはヴィエンチャン観光では外せない場所です。しかしながらここは、市街地からやや離れた場所となりますので、トゥクトゥク(オートバイに荷台の付いたタクシー)が便利です。戻る際にもたくさんのトゥクトゥクが駐車場付近に待機していますので、楽に戻ることが出来るでしょう。

これを機会に、タート・ルアンに足を運んでみて下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ