これなら食べられる!?シェムリアップのお洒落な虫料理専門店「Bugs Cafe」

| カンボジア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

これなら食べられる!?シェムリアップのお洒落な虫料理専門店「Bugs Cafe」

これなら食べられる!?シェムリアップのお洒落な虫料理専門店「Bugs Cafe」

更新日:2016/02/29 17:15

SAORI GRAPHのプロフィール写真 SAORI GRAPH 現役弾丸バックパッカー、旅ライター、旅ブロガー

世界屈指の観光地である世界遺産「アンコール遺跡」を有するカンボジア。近年は日本からの行き易さや物価の安さも相俟って、一人旅の行先としても人気が高まっています。そんなカンボジアには食虫文化があり、昆虫料理の屋台を目にする事もしばしば。インパクトのある昆虫料理に興味はありつつ「屋台のはちょっと・・・」と抵抗のある方におすすめな、シェムリアップのお洒落な虫料理専門店「Bugs Cafe」をご紹介します。

虫料理専門店とは思えないハイセンスな空間

虫料理専門店とは思えないハイセンスな空間

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

一見お洒落なカフェのように見えるこのお店は、フランス人のオーナーが経営するれっきとした「虫料理」の専門店。2階建てのお店には、店先と2Fに開放的なテラス席が用意され大勢の観光客で夜遅くまで賑わっています。

これまでは虫料理を食べるとなると屋台で食べるのが一般的だったのですが、安全面でどうしても不安がありました。そこで、「お客様に安全な虫料理を食べてもらいたい」というオーナーの強い気持ちからこちらの店が出来たのです。

とことん「虫」にこだわったインテリア

とことん「虫」にこだわったインテリア

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

お洒落なのはお店の外観だけではありません。その内装からも、オーナーの「虫」へのこだわりがひしひしと伝わってきます。店内の壁に描かれた大きな蜘蛛のアートは、窓を通して店の外からも見えるワンポイントになっています。

その他にも、可愛らしいソファやテーブルに混ざって虫に関する面白いポスターやインテリアがさりげなく飾られています。こうもお洒落にまとめられると、決して虫好きではない方でもそのセンスの良さに思わず溜め息が出てしまうはず。

厳選された「お墨付き」の虫を使った料理

厳選された「お墨付き」の虫を使った料理

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

勿論、一番こだわっているのは料理に使う素材。このお店ではオーナーが厳選した「お墨付き」の虫を食材として使用。レシピもオーナー自らが考案し、それを5つ星ホテルのソフィテルホテルで経験を積んだシェフが調理します。

メニューを開くとそこには

・Ants(蟻)
・Silk Worm(蚕)
・Spider(蜘蛛)
・Grasshopper(バッタ)
・Scorpion(サソリ)

などの普段飲食店では絶対に見ることのない単語がずらり。それらが春巻きや青パパイヤのサラダ、串焼きやフリッター、挙句の果てにはチョコレートフォンデュといった料理やデザートへと生まれ変わるのです。

メニューの中の料理写真は、そのままの姿で調理された虫が盛り付けられていたり、姿が見えずとも良く見ると触角があったりして注文するには少々勇気がいります。

初心者はまずこのプレートを頼むべし

初心者はまずこのプレートを頼むべし

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

味の想像が付かない料理を頼むとなると、とても迷いますよね。Bugs Cafeのオーナーはとってもフレンドリーですので、迷ったらどんな料理なのか話を聞きながら選びましょう。それでも「何を頼んだらいいのか分からない・・・」という虫料理初心者の方には、

・蜘蛛のフリッター
・蟻のデニッシュ
・コオロギと蚕の炒め物
・蟻の春巻き
・サソリ、蜘蛛、蚕の串焼き

の5品が楽しめるディスカバリープラッター(小:1〜2人前/14US$)がおすすめです。
少しずつ沢山の種類が一度に楽しめるお得なプレート。数人で行ってシェアし合うのも楽しいですよ。

運ばれてきた料理はさすがシェフが調理しただけあり、屋台に並んでいる虫料理とは見た目の華やかさも違います。お味の方は、是非行って確かめてみて下さい!蜘蛛は意外に肉厚で、サソリは歯応えが抜群です。

最後に

虫料理専門店のBugs Cafeですが「どうしても虫は無理!」という方には、メニュー内で星マークのついた料理は「虫無し」にしてもらえます。女性に嬉しいデトックスジュース(虫は入っていません)やアルコール等のドリンク類も充実していますので、普通のカフェバーとして楽しむことも出来ます。

かなりインパクトのある思い出になる事間違いなし!なお店ですので、カンボジア・シェムリアップに旅行した際には是非立ち寄ってみて下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ