最高の居心地!那須「二期倶楽部」東館の特別なスイートルーム

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

最高の居心地!那須「二期倶楽部」東館の特別なスイートルーム

最高の居心地!那須「二期倶楽部」東館の特別なスイートルーム

更新日:2016/03/04 18:12

小林 里穂のプロフィール写真 小林 里穂 翻訳家、トラベルライター

あまりの忙しさの中で、いつしか忘れてしまった「ぼーっとする」という贅沢。そんな贅沢を、いとも簡単に思い出させてくれるホテルがあります。栃木県は那須にあるのは、日常の煩わしさを忘れさせてくれるホテル、「二期倶楽部」。自然と共存する二期倶楽部では、たった一杯のコーヒーですら、贅沢な時を感じさせてくれます。今日は、ずっと部屋にこもりたくなる、そんな二期倶楽部は東館の特別なスイートルームをご紹介致します。

開放感溢れる、東館スイートルーム

開放感溢れる、東館スイートルーム

写真:小林 里穂

地図を見る

本館と東館とで宿泊棟が分かれている二期倶楽部。1997年に増築され全部で20部屋となった本館に続き、東館は新しく2003年に新築されました。

一軒家のような造りとなっている東館。そこには1階のリビングが吹き抜けとなり、2階には寝室とテラスを備える2つのスイートルームが存在します。

中に入ると、そこは広々とした空間。天井は高く、2階まで伸びる窓からは外の光が部屋を照らし、そのシンプルな内装はまるで長旅から久しぶりに家に帰ってきたときの、あの全身の力が抜けるようなほっとした心の安らぎを感じさせてくれます。

1階と2階に完備されている床暖房により、冬の間は部屋中ぽかぽか。夏の暑い日には揺れる木漏れ日を窓の外に眺めながら、涼しい室内で快適な時間を過ごせます。

2階にあるテラスで、那須の大自然を満喫

2階にあるテラスで、那須の大自然を満喫

写真:小林 里穂

地図を見る

2階の寝室を抜けたその先にあるのは想像以上に広いテラス。シンプルに椅子とテーブルのみが置かれたその場所では、目の前に那須の大自然を見渡せます。

スマートな広葉樹が多く並ぶ二期倶楽部の敷地内では、冬には裸の木々の枝一本一本が美しく、夏になると清々しい木漏れ日が気持ち良く、那須が見せる季節ごとの美しい風景を贅沢にも独り占めできるのです。

例えば冬には静けさに満ちた空気を、そして夏の夕方には涼しい風を感じ、秋には美しい夕焼けをのんびり眺めてみるのはいかがでしょうか。見たことがあるはずのそんな何気ない風景も、この場所だからこそ何か特別で噛み締めたくなるようなものに感じられるはずです。

美味しい空気を吸いながら、ゆっくり浸かる温泉

美味しい空気を吸いながら、ゆっくり浸かる温泉

写真:小林 里穂

地図を見る

メゾネットになっているスイートルーム。なんとここには贅沢にも露天風呂が備わっているのです。浴室を抜けたその先にある露天風呂。大人二人には十分すぎる程のゆったりとしたスペースがあり、目の前には椅子が設けられたデッキが、そしてその先には豊かな自然が広がります。

いつまでもぼーっとしていたくなる露天風呂ですが、露天風呂を一人で満喫する機会なんて、普段なかなかないですよね。しかしここは誰にも邪魔されることなく、その部屋に宿泊する者だけが独占できる特別な空間。朝の新鮮な空気を吸いながら、または夜の星空を眺めながら、贅沢にも自分の好きな時に好きなだけ、ゆっくりと温泉を楽しむことができるのです。

目の前に広がる自然との間には境目がなく、まるで自然と一体になったかのように感じられる露天風呂。その場所では周りを気にする必要もなく、自分を飾る必要もなありません。

快適な室内で、いつもより美味しいホットコーヒーを

快適な室内で、いつもより美味しいホットコーヒーを

写真:小林 里穂

地図を見る

快適な室内で楽しむコーヒーブレイクほど、贅沢なものはありません。甘い香りのするコーヒーに、美味しいスイーツが加われば、楽しい時間になるということは間違いないですよね。

スイートルームのキッチンスペースに用意されているのは、コーヒー豆とコーヒーミル。コーヒー豆の袋を開けまず香りを楽しみ、コーヒーミルでしばらく豆をガリガリーー。コーヒー粉にお湯を注げば、挽きたての甘い香りが部屋中を満たします。

忙しい日々の中で、インスタントコーヒーやテイクアウトのコーヒーが多い中、わざわざ時間をかけてコーヒー一杯を作ってみるーー。「いい香り〜」と挽きたてのコーヒー豆の香りに感動するだけでなく、手間暇かけて作ったコーヒーは、一口一口じっくりと味わいたくなるほど、贅沢なものに感じられます。

わいわい楽しみながらコーヒーを作り、1階のソファーに腰をかけて、窓の外に広がる非日常的な風景を噛みしめるーー。「家のカーテンそろそろ変えてみようか?」「次はどこへ旅行に行く?」と、一杯のコーヒーが、そんな日常を豊かなにしてくれるような楽しい話題を提供してくれるはずです。

東館スイートルームで、時間を贅沢に感じよう

那須の大自然の中で、静かにお客様を迎える二期倶楽部。まるでその自然に優しく包み込まれているかのように、そこでは時間がゆっくりと流れます。

自然に手を入れすぎることなく、また自然をないがしろにするようなこともなく、飾らない豊かな自然を大切にする二期倶楽部。風の音、川の音、そして自然特有の静けさまでも、二期倶楽部が演出するおもてなしの一つなのです。

本館と東館とで宿泊棟が分かれている中、今回ご紹介したのは東館のスイートルーム。天井が高く、窓が大きく、シンプルな家具たちが並ぶその場所は、ホテルに来たことを忘れてしまうような、そんな居心地のいい雰囲気を持っています。

1階のソファーで、2階のテラスで、または備え付きの露天風呂でできるのは、二期倶楽部が提供する優しい時間にどっぷり浸かるということ。「コーヒーを飲む」、「自然を楽しむ」、「お湯につかる」というそんな何でもないひと時が、これ以上にない最高の時として感じられます。

広々ゆったり寛げる二期倶楽部東館のスイートルーム。静けさに満ちたその場所で、時間を贅沢に感じてみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/14−2016/02/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -