新潟はメガ盛りの聖地!地元民オススメ大迫力メニュー3選

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

新潟はメガ盛りの聖地!地元民オススメ大迫力メニュー3選

新潟はメガ盛りの聖地!地元民オススメ大迫力メニュー3選

更新日:2016/02/27 10:28

中村 なおのプロフィール写真 中村 なお 新潟ブロガー

米どころ新潟には美味しいご飯が進むメガ盛りで有名なお店がたくさんあります。メガ盛りの聖地ともいえる新潟県は、県内のみならず、県外からも破壊力抜群の一品を求め、多くのフードファイターが訪れます。
今回は、カレー・野菜炒め・海鮮丼とジャンルの違うオススメのお店を三軒ご紹介。どのお店も見たことない様な個性溢れるジャンボな食事を提供しています。
お腹いっぱいになること間違いなし!

マウンテン級!「大盛りカツカレー」萬来食堂

マウンテン級!「大盛りカツカレー」萬来食堂

写真:中村 なお

地図を見る

柏崎市半田にある「萬来食堂」。こちらで有名なのはなんといっても山のように盛られた大迫力のカツカレーです。

その風貌から「チョモランマ」と言われるカツカレー大盛りの重さは約3キロ、高さは20センチほどあります。頂上には赤い福神漬けが大量にのっています。注文を受けてから揚げる分厚い揚げたて熱々のカツが、山の側面にピタッとくっついています。たっぷりかけられたカレーの下はキャベツとご飯。ほとんどがご飯なので、美味しく食べるにはカレーの配分が重要になってきます。

普通盛りでも重さ約2キロとかなりのボリュームで、柏崎市と上越市をまたぐ「米山」と言われているほど。よほどの大食いの方でなければ、普通盛りにした方が良いでしょう。

野菜たっぷり!喜味屋食堂「野菜炒め定食大盛り」

野菜たっぷり!喜味屋食堂「野菜炒め定食大盛り」

写真:中村 なお

地図を見る

長岡市宮内にある「喜味屋食堂」は元々盛りの良さで知られるお店です。中でも野菜炒めの量は県内随一。

そのご飯の量も相当なものですが、それ以上のてんこ盛りの野菜炒めは一般的な量の三人前以上はありそうです。豚肉、キャベツ、白菜、人参、玉ねぎ、しめじ等の種類豊富な具がふんだんに使われています。定食では他に味噌汁、漬物、半熟卵がつき、このボリュームで950円という価格の安さがこちらのお店の魅力です。地元の常連さんも多いこのお店は、お客さんに満足して欲しいという心遣いから、自然とボリュームがアップしていったそうです。
他にはカツカレーやチャーハン、蕎麦、ラーメンなどのメニューも揃っています。

目指せ賞金!ほうせい丸「海鮮チャレンジ丼」

目指せ賞金!ほうせい丸「海鮮チャレンジ丼」

写真:中村 なお

地図を見る

北蒲原郡聖籠町の東港インターを降りてすぐのところにある「ほうせい丸」は、大食いの方必見のチャレンジメニューを提供しています。

ご飯1.7s(6合)の上に新鮮なネタが13種類800gがのる海鮮丼。15分未満で完食できれば10,000円が貰えるという、フードファイターには嬉しいメニューです。もし、15分で完食出来なかったとしても、30分未満で完食できれば5,000円が貰えます。残念ながら30分未満で完食出来なかったら、3,980円を支払わなくてはいけませんが、これだけの海鮮をお腹いっぱい食べられて3,980円なら満足できるのではないでしょうか?

一見しただけだと、ボリュームがわかりづらいかもしれませんが、マグロ一切れの大きさなどから想像してみるとわかりやすいかと思います。ウニ、いくら、イカ、穴子、サーモン、ブリなど贅沢な海の幸を堪能できるこの一杯。ご飯は酢飯で通常のご飯より箸が進みやすいので美味しくいただけますね。

チャレンジ丼はお店に行ってすぐに挑戦できるわけではなく、前日までに「日時」「来店者数」「挑戦者数」を連絡する必要があります。こちらのお店は海鮮居酒屋ということもあり、定食、寿司、丼もの、一品メニューも豊富となっています。

まとめとして

以上、新潟県で楽しめる、迫力のあるメガ盛りおすすめメニューをご紹介しました。
それぞれが、このメガ盛りを目当てに県外から訪れる人が多いほどの人気店です。新潟県にはこの他にも大盛りで知られるお店が多く存在します。ボリュームのある食事でお腹いっぱいになれば、きっと忘れられない思い出になることでしょう。
胃袋に自身のある方はぜひ挑戦してみてはいかかでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/21−2016/02/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -