コスパ良すぎ〜!バンコク最新のルーフトップバー「スカーレット」での絶景時間

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

コスパ良すぎ〜!バンコク最新のルーフトップバー「スカーレット」での絶景時間

コスパ良すぎ〜!バンコク最新のルーフトップバー「スカーレット」での絶景時間

更新日:2016/03/01 11:14

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

バンコクの5つ星ホテル「プルマンバンコクホテルG」の37階にある『スカーレット』は、観光客だけでなく、タイの若者たちの最新スポットとしても人気があるルーフトップバーです。シックな味わいと絶景が楽しめることに加えて、ワインが約200B〜、おつまみのタパスが120Bと、驚きのコストパフォーマンス。『スカイバー』『ヴァーティゴ』といった超人気のルーフトップバーで過ごした後に、ゆっくりくつろいでみては?

低い階層ながらも眺望は抜群!美しいバンコクの夕暮れ

低い階層ながらも眺望は抜群!美しいバンコクの夕暮れ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

タイ語で“天使の都”という意味の首都バンコク。きらびやかな王宮寺院や黄金の大涅槃像、艶やかな装飾をちりばめた大仏塔など、仏教寺院が美しい観光の都市です。

しかし、最も美しいのがバンコクの都市の谷間に沈んでゆく夕日。母なる川、チャオプラヤー川(写真右下)を薄赤く染め、南国ならではの赤い大きな夕陽を見ることができます。

今回、ご紹介する『スカーレット』は地上37階と、他の有名ルーフトップバーに比べて階層は低いですが、ここから眺める景色は十分に美しい。ご覧のような抒情的な夕日を眺望することができ、素敵な旅情に浸ることができます。

予約なしでもカウンター席なら空いていることも

予約なしでもカウンター席なら空いていることも

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらが、さきほどの美しい夕日を眺めることができる『スカーレット』のテラス席。週末でも早い時間帯ではお客さんの姿は少なく、ゆったり優雅に過ごすことができます。

いかがですか?とてもシックで味わいのある展望レストラン。正確に言うと、屋根があり、ルーフトップバーではないのですが、ガラス一枚隔てた向こう側はビルの壁面。つまりは、断崖絶壁。バンコク名物のルーフトップバー独自のスリリングな感覚を楽しむことができます。

ちなみに、手前のソファー席は予約でいっぱいですが、奥にちらりと写っているカウンター席だったら、予約なしでふらりと訪れることができ、このあたりのカジュアルさが『スカーレット』をおススメする理由です。

店の随所にちりばめられた繊細な感性

店の随所にちりばめられた繊細な感性

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

一方、こちらは店内のようす。とても優雅で、おしゃれなバーカウンター。天井に吊り下げられた数千脚のグラスが美しい。店に足を踏み入れた瞬間から、親しい友達の家に招かれたような深い安らぎが得られます。古い木の床や、アースカラーの壁が、なんとも温かく、ほのぼのとした気持ちに。

お店は広いワンフロアなのですが、照明の微妙な演出によって“光の島”をつくり、仕切りがなくても、プライベート感が保たれる繊細な感性も心憎い。

夕暮れとローズワインの色、吹き抜ける風が心地いい

夕暮れとローズワインの色、吹き抜ける風が心地いい

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

では、おいしいワインをいただきましょう。ワインを注文すると、素敵なタイ人女性の店員さんがグラスにワインを注いでくれます。暮れかかる空と、タイならではの微笑みのおもてなしが素敵。グラスには、赤いキスマークも飾りで添えられ、なんとも心憎いばかりの演出。何よりも、上空を吹き抜ける夕風がとても心地いい。静かな時間と、おいしいワイン。とても優雅で、ぜいたくな時間を楽しむことができます。

店の入り口には、まるで美術館のように美しいワインセラーが並び、ワインの種類がとても豊富です。

写真のワインは「ローズワイン」で、料金は250B。レッド・ホワイトワインは190Bからで、プレミアムワインでは350B。超有名ルーフトップバーでは3〜4倍もする店もあり、絶景のロケーションや品質、店の雰囲気を含めて最高のコストパフォーマンスと言えるでしょう。

ワイン&タパスで味わう、絶景の時間

ワイン&タパスで味わう、絶景の時間

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

陽が沈み、夜のとばりが下りると、バンコクに聖なる夜が訪れ、街明かりが地上に降りた星のようにきらめき始めます。暮れかかる空を眺め、静かにまたたく街明かりを見つめながらワインをたしなみ、ほろ酔い気分になったところで、おつまみというのがスマートなスタイル。

『スカーレット』を訪れたなら、ぜひ味わっていただきタイ料理がタパス。ワインと一緒に楽しむ一品料理の総称がタパスです。生ハムやサラダ、スペアリブ、エビや魚介類・肉の網焼きーーといった小皿料理をパンに乗せて食べ、ワインと一緒に楽しむのですが、一つひとつが絶品!おいしくて、ワインにとても合います。

タパスは一品120Bですが、3品(290B)、6品(560B)、9品(790B)と、品数が多くなると、一皿が安くなるシステム。9品を注文すると、一皿が約80Bなので、かなりお得です。

料理は多国籍料理で、絶品のロブスターや牛肉のタルタルステーキ、さらにはグランマルニエ風味のスフレといった、個性がきらりと光る品が多く、一流の味を楽しむことができます。

おわりに

いかがだったでしょうか?
バンコクで随一の絶景ルーフトップバー『スカイバー&シロッコ』『ヴァーティゴ』『レッドスカイ』といった超人気店になると、圧倒的にカップル、次いで女性同士が多いです。

しかし、こちらの『スカーレット』では女性、あるいは男性同士、さらには一人旅の観光客と、客層がバラエティー豊か。5つ星ホテルのお洒落なルーフトップバーでありながら、カジュアルな雰囲気でゆったり過ごすことができるのが特色です。

同じカジュアルなルーフトップバーとしては『オクターブ』もおススメですが、ここも人気のルーフトップバー。完全な“屋外”にこだわらなければ、『スカーレット』の方がゆっくり過ごすことができます。

『スカイバー&シロッコ』『ヴァーティゴ』『レッドスカイ』といった人気のルーフトップバーから、タクシーで渋滞がなければ10分ほどの距離にある『スカーレット』。他の人気店で楽しみ、『スカーレット』でゆっくり飲みなおすのもおススメですよ。

なお、バンコクでおススメのルーフトップバーについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ