二戸市の男神岩で高さ180mの岩の上!スリル満点の怖い観光

| 岩手県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

二戸市の男神岩で高さ180mの岩の上!スリル満点の怖い観光

二戸市の男神岩で高さ180mの岩の上!スリル満点の怖い観光

更新日:2018/07/18 09:38

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、旅作家

岩手県二戸市には男神岩・女神岩(おがみいわ・めがみいわ)と呼ばれる夫婦岩があります。細い道や岩場を通り、崖の上に立つことが出来る場所で、特に男神岩の高さは馬淵川から180mの高さ!

ただし、途中では安全柵やロープが一切ない状態で、とても怖い場所を通ることになるのです。無理は禁物ですが、怖い道を通った先にある岩の上からの眺望は絶景!そこまで行ければ、こんな景色があるのかと驚くことでしょう。

男神岩と女神岩

男神岩と女神岩

写真:大里 康正

地図を見る

男神岩と女神岩までは、新幹線が停まる二戸駅からハイキングコースとして散策することも出来ます。片道は約8kmとなり、二つの岩までは舗装された道ではありますが、登り道となります。

二つの岩は、別名で夫婦岩とも呼ばれ、直下の馬淵川から180m、女神岩は160mあります。国道4号線から見て左が男神岩、右が女神岩です。平成18年度には、鳥越山を含め史跡名勝天然記念物に指定されており、また、夫婦岩は大きさとして「日本一」となっています。

この辺りは馬仙峡と言われますが、約2億年前は海の底でした。海底火山の爆発が繰り返されることで隆起が起こったのは約700万年前。その頃に男神岩・女神岩が形作られたのです。二つの岩の間は約300mあります。

離れた場所から見上げると、男神岩が切り立っている様子が分かります。そして、この先端に立つことが出来るのです。

先端まで向かう

先端まで向かう

写真:大里 康正

地図を見る

国道から道案内に従って進みますが、途中はかなり細い道もあり、車で行く場合には注意が必要となります。

曲がりくねった道路を上がって行き、しばらくすると右に大きくカーブした場所となり、展望台が正面に見えてきます。車はすぐ近くに止められますが、付近の方の通行の邪魔にならないように駐車をして下さい。


展望台に上がると、そこからの眺望は美しいものがあります。左前方に見える先端まで行くことになりますが、展望台から見ていても足がすくむほどの大迫力。

そこから山道を下り、右折して男神岩に向かうのです。なお、右折をせずに直進すると、女神岩に行くことが出来ます。

両側は切り立った崖

両側は切り立った崖

写真:大里 康正

地図を見る

道幅は数mも無い上に、間に松の木が生える道のどちらかを使い、先に進むことになります。両側は切り立った崖であり、高さは約180m。

繰り返しとなりますが、決して無理をしてはいけません。足元が濡れている場合や風が強い日などもありますので、体調と周囲の状況をよく確認し、判断をしましょう。

男神岩の上

男神岩の上

写真:大里 康正

地図を見る

小さな祠があるところが男神岩の先端部分です。眺望は素晴らしく、また、左側の奥には大崩崖と呼ばれる場所があり、海底隆起で出来た地層の様子を見ることが出来ます。下に見える道路が国道4号線で、右下に見える川は馬淵川です。

時に強い風が吹くこともあり、岩場なので足元はかなり不安定です。十分に注意をして下さい。

戻りも迫力満点

戻りも迫力満点

写真:大里 康正

地図を見る

来た道同様に、岩場や木の根がある場所を通りながら戻ることになります。道幅はほとんどありませんので、足元の注意を怠らないようにしましょう。また、枝が出ている場合がありますので、頭上にも注意が必要です。

岩手県二戸市「男神岩・女神岩」の大迫力

国の名勝天然記念物とされる史跡は、迫力満点の体験が出来る上に、見事な眺望を楽しむことが出来ます。

本文中にも書いていますが、直接岩に上がらなくても、駐車場付近の展望台から美しい景観を楽しむことが出来ますので、楽しい旅が第一です。安全は自己責任となりますので、くれぐれも注意しましょう。

これを機会に、岩手県二戸市「男神岩・女神岩」に足を運んでみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -