南の楽園フィジー「ビティレブ本島」レンタカーで巡る旅

| フィジー

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

南の楽園フィジー「ビティレブ本島」レンタカーで巡る旅

南の楽園フィジー「ビティレブ本島」レンタカーで巡る旅

更新日:2016/03/29 14:24

大川原 明のプロフィール写真 大川原 明 旅行ジャーナリスト(ライター)

南の楽園フィジー。多くの島があるフィジーですが本島はビティレブ島です。ビティレブ本島は、南部の綺麗なビーチ、南太平洋随一の大都市である首都のスバなど見どころも多く、内陸部の山あいでは村人との交流も出来るなど魅力も多数。公共交通機関が発達していないので効率的に周るにはレンタカーが便利です。今回は、国際線が発着するナンディーを起点に、効率的にビティレブ本島の魅力を味わえるレンタカーの旅をご紹介します!

綺麗なビーチが多いビティレブ島南部

綺麗なビーチが多いビティレブ島南部

写真:大川原 明

地図を見る

ビティレブ島西部のナンディーから首都のスバまで行く道沿いには、多くのビーチがあります。特にシガトカから続くコーラルコースト沿いには綺麗なビーチが続きます。途中、休憩がてら綺麗なビーチに寄るとよいでしょう

南太平洋随一の大都市スバ

南太平洋随一の大都市スバ

写真:大川原 明

地図を見る

ナンディーから250キロ程東に進んだ場所にある、フィジーの首都で南太平洋最大の都市スバ。人口は16万5千人あまり。市内には飲食店や雑貨店、デパートなどが多くあります。ここでは、車を降りて街を散策する事をお薦めします。

スバで訪れるべき場所は、アルバート公園、市場、行政府、フィジー博物館。そして南太平洋最大の都市スバの繁華街散策をし、南の小さな国の首都を肌で感じていただきたいです。

自然が残るビティレブ島北部

自然が残るビティレブ島北部

写真:大川原 明

地図を見る

ビティレブ島北部は、南部に比べて開発があまり進んでおらず、大自然が残っています。フィジーは海の印象が強いですが、ビティレブ島は、海岸部の一部が平地で山がちな地形。内陸に入ると多くの山があり、一番高い山はトマニビ山で1,324mです。

スバを離れてしばらく走ると未舗装の道が始まります。レンタカーは4輪駆動車を勧める理由がこれにあります。慎重に運転をされれば問題はないでしょう。フィジーの山々の景色を見ながらドライブを楽しんでください。

ビティレブ島北部には小さな村が多く点在

ビティレブ島北部には小さな村が多く点在

写真:大川原 明

地図を見る

ビティレブ北部を進んでいくと小さな村が点在しているのですが、昔ながらの建築洋式の建物を見る事が出来ます。村の人々は素朴な人々が多いのですが、運転していると多くの村人に手を振られます。車を降りて素朴な村人達との交流を図ってみるのも良いでしょう。

レンタカーを借りる際の注意点

レンタカーを借りる際の注意点

写真:大川原 明

地図を見る

レンタカーを借りる際の注意点をまとめてみましょう。
まず1点目に、日本で運転慣れしていない人は、運転は慎重な運転をしなければならないという点です。海外での運転は、日本の交通ルールとは違う面もありますし、海外の人々の運転は荒いです。また、日本のように道路がしっかりしておらず、道が陥没していたりもします。

2点目に、レンタカーを借りる際には、傷がついていないかを確認する必要があるという点。これは返却した時に、最初から傷がついているにもかかわらず修理費を要求させられるという事を防ぐ目的からです。借りる前に傷がついている箇所はスタッフに伝え、写真撮影や動画撮影で証拠撮りする事をお勧めします。

3点目は、強制保険だけでなく任意保険も加入したほうがよいという点です。万が一の際に、強制保険の補償額だけでは賄えない事も多いからです。

4点目に、セダンやスポーツカー、コンパクトカーではなく、上記写真のトヨタのRAV4のように4輪駆動で、車高の高い車を選ぶほうがよいという点です。ビティレブ本島北部は未舗装の道路が多く、雨のあとは道がぬかるんでいます。よって、2駆だと悪路で車体に傷かついたり、ぬかるみにはまってしまう可能性があるからです。

フィジーは、イギリスの植民地だったので、交通ルールに関して同じくイギリス様式を採用した日本と同じ。右ハンドル、左車線は変わりませんので、その点では運転はしやすいかもしれません。

さいごに

いかがでしたか?フィジーはビーチリゾートとしての印象が強いですが、ビーチ以外にもレンタカーを借りて、都市や山間部、村を訪問するのも面白いと思います。車窓からののどかな景色を楽しむ事が出来るでしょう。是非とも、南の楽園フィジーを訪問していただきたいと思います。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/03/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ