ワイキキ発!迫力のカタマランヨット(双胴船)クルーズ

| ハワイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ワイキキ発!迫力のカタマランヨット(双胴船)クルーズ

ワイキキ発!迫力のカタマランヨット(双胴船)クルーズ

更新日:2016/03/12 19:14

なべ部 FGのプロフィール写真 なべ部 FG

ワイキキの海で、気軽にクルージングはいかがですか?カタマランヨットは、甲板の下に2つの船体がある双胴型ヨットです。南太平洋ポリネシアの原住民が、古来より海の移動手段として使用していました。大型のクルーズ船と違い海面に近く、沖に出ると、波で大きく揺れたり、波しぶきを受けて迫力です。ワイキキビーチのホテル前から、水着のままで乗船でき、1時間半程度の短時間から利用できますので、空いた時間でも楽しめます。

ワイキキのホテル前から乗船

ワイキキのホテル前から乗船

写真:なべ部 FG

地図を見る

ワイキキビーチの集合場所で受付し、ホテル前に係留されているカタマランヨットに乗船します。ビーチからハシゴを使うため、靴ではなく、濡れても大丈夫なサンダルや裸足になります。ヨットはまだセイル(帆)が畳まれた状態です。

ホテルを見送り出港

ホテルを見送り出港

写真:なべ部 FG

地図を見る

ワイキキのホテルに別れを告げ、沖に向けて出港します。クルーは舵を握る船長とセイルを扱う副船長。船上でカクテルを作ってくれたり、ビールなどのドリンクをサービスしてくれます。日本語での案内はありませんが、心配ありません。

海上からダイヤモンドヘッドも

海上からダイヤモンドヘッドも

写真:なべ部 FG

地図を見る

海上からの眺めは、遠くにホテル群とダイヤモンドヘッド。陸上からとは違った目線での絶景です。
ある程度沖まで来てから、クルーが手早くロープを引いて大きなセイルを広げます。するとハワイの心地良い風を受け、スピードが増し、大きな波を越えるとジェットコースターのように船体が持ち上がり、ズドンと落ちる迫力も味わえます。振り落とされないようにつかまって、移動には注意が必要です。天候によっては、全身波しぶきを浴び、ずぶ濡れになる場合もありますので、濡れる覚悟でタオルやウィンドブレーカーを準備すると良いでしょう。

海の上で出会えるかも!?

海の上で出会えるかも!?

写真:なべ部 FG

地図を見る

沖まで行くと、高波を求めるサーファーや、別のクルーズ船の姿も見受けられます。また運が良ければ、幸運の虹が出現することもあります。さらに、セーリング中にイルカやウミガメに出会えるかもしれません。

先端のハンモック状のネットが特等席!

先端のハンモック状のネットが特等席!

写真:なべ部 FG

地図を見る

船首にはスペクトラ・ネットというハンモック状に吊された特等席が2ヶ所あります。水面すれすれで、スピード感があります。ネットに横たわり、ドリンクを味わい、時おり波しぶきを浴び、海を体感できるので大人気です。

ワイキキビーチに戻る際は、沖での大迫力と違って、ゆったりのんびりと進みます。
短時間で気軽に楽しめるヨットセーリングですが、濡れる覚悟で参加してください。

おわりに

カタマランヨットのクルーズは、ワイキキビーチから複数出発しています。
いずれも、定員40人程度の小型船で、20〜50ドル程度で金額も手ごろ。日中のデイクルーズの他に、長めのサンセットクルーズや、金曜夜に上がる花火を楽しめるクルーズなどもあります。他にも、シュノーケリングとセットになったツアーなどもありますので、事前に確認して、ツアー予約してから参加するのがお薦めです。
もちろん、定員に達していなければ、ビーチへ行ってその場で受付も可能です。

迫力あるカタマランヨットでハワイの海を体感してみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ