東北三名城「白河小峰城」桜祭り〜鉄砲隊も登場!戊辰の激戦地の名桜が蘇る!

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東北三名城「白河小峰城」桜祭り〜鉄砲隊も登場!戊辰の激戦地の名桜が蘇る!

東北三名城「白河小峰城」桜祭り〜鉄砲隊も登場!戊辰の激戦地の名桜が蘇る!

更新日:2016/03/07 10:46

趣美人 MAKKYのプロフィール写真 趣美人 MAKKY 関東旅行ブロガー、那須高原写真家、滝巡り案内人、那須の郷土研究家

福島県白河市の白河小峰城は東北地方では珍しい総石垣造りの城で日本百名城に数えられ、その美しい姿は盛岡城、会津若松城と共に東北三名城の一つにもなっています。
幕末の戊辰戦争や幾多の歴史的な重要性により国指定史跡に指定されています。御三階櫓は数少ない木造復元天守で戊辰戦争の際に焼失しましたが、現在では復元され戊辰戦争の弾傷が残る櫓内を見学する事ができます。毎年4月桜の季節は大勢の方で賑わいをみせます。

戊辰戦争など数々の悲運を乗り越えて咲く大輪の桜!

戊辰戦争など数々の悲運を乗り越えて咲く大輪の桜!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

春3月下旬から白河小峰城の周辺一帯は桜の一大名所になります。例年4月中旬になると約100本以上のソメイヨシノが咲き誇ります。満開の時期には城と桜のライトアップも行われ、昼間と夜間の両方の花見を楽しめます。夜は公園からは町並みや那須連山も一望できます。

白河というと、白河ラーメンや白河だるま市が有名ですが、名所史跡が数多く残っています。奥州三古関の一つ、国指跡「白河の関」があり、戊辰戦争の際の幕府軍と新政府軍の激戦地となった場所です。家族揃って楽しめる「白河の関森公園」も隣接して整備されています。

日本最古の公園と言われる「南湖(名勝国指定)」も外せない桜の名所です。四季を通じて名松・桜・楓が湖面に映る様子が風情を誘います。

映画「武士の一文」にも登場した時代絵巻が良く似合う名城と桜!

映画「武士の一文」にも登場した時代絵巻が良く似合う名城と桜!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

白河小峰城は名匠山田洋次監督作品、SMAPの木村拓哉さん主演の映画「武士の一文」の撮影が行われた場所。この白河小峰城の城主、松平家と縁のある、川越藩の伝統を今に伝える「川越火縄銃鉄砲隊」が毎年、白河桜まつりの時期にこの地を訪れ鉄砲隊の演武を披露しています。見応えのある時代絵巻に、桜見物の一般市民や観光客は大興奮。

白河小峰城と満開の桜をバックに鎧甲冑に身を固めた、武将の放つ火縄銃の轟音は想像以上の迫力です。一見の価値がありますよ!

悲しい伝説の「おとめ桜」は今も艶やかに城内を彩ります。

悲しい伝説の「おとめ桜」は今も艶やかに城内を彩ります。

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

本丸の石垣を積む際に、人柱とされた娘の霊を慰めるために、一本の桜の樹を植えたと云われ「おとめ桜」と呼ばれています。三重櫓のすぐ隣にはそのことを伝える小さな石碑が建っています。もとの「おとめ桜」は戊辰戦争の際に、戦火に巻き込まれて消失してしまいましたが、春になると新たに芽吹いた「おとめ桜」が見事な艶やかさで城内を彩り、訪れた方を愉しませてくれます。

幾多の歴史をみつめ続けてきた名城!

幾多の歴史をみつめ続けてきた名城!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

白河が戦場となった「戊辰戦争白河口の戦い」は慶応4年明治時代を迎える直前に行われました。会津藩、仙台藩を中心とした(幕軍・東軍)と新政府軍(西軍)が激闘を繰り広げ、3か月以上にわたる戦いで千名を超える死傷者を出しました、戊辰戦争の中でも類をみない激戦地でもあったのです。戦いのあと白河の人々は敵味方を問わず戦士達を葬り、現在でも市内の各地には(東西)両軍あわせて30か所の慰霊碑が建っています。

市内には名のある桜の古木も沢山ありますので、歴史に興味のある方、お時間のある方は桜巡り旅も良いかもしれません。

白河小峰城と桜まつりのまとめとして!

如何でしたか?単なるお花見だけでなく、戊辰戦争の歴史の一端も垣間見る事の出来るお奨めの名勝地です。4月中旬になると、お城の内外が満開の桜に包まれます。川越鉄砲隊の演武は桜まつりの限定日に開催されますので、下記の関連メモのHPなどで確認してください。またお腹が空いたら名物白河ラーメンなどのB級グルメを味わってみるのも良いかもしれませんね。
交通アクセスも便利でJR白河駅からは徒歩約5分、東北自動車道白河ICからは車で約10分です。駐車場完備で城内拝観は無料で見学可能です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ