狭すぎる混浴浴槽で入る奇跡の温泉!岡山県「真賀温泉館・幕湯」

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

狭すぎる混浴浴槽で入る奇跡の温泉!岡山県「真賀温泉館・幕湯」

狭すぎる混浴浴槽で入る奇跡の温泉!岡山県「真賀温泉館・幕湯」

更新日:2016/04/05 11:58

岡山県真賀温泉。一般的にはほとんど知られていない小さな温泉地ですが、ここに自然が生み出す奇跡的な温泉に入浴できる場所があります。足元から適温の源泉が大量に湧き出だしている「真賀温泉館・幕湯」です。この浴槽はとにかく狭く、日本一狭い混浴浴槽とも呼ばれています。

岡山の秘湯 真賀温泉

岡山の秘湯 真賀温泉
地図を見る

岡山県北部真庭市に位置する真賀温泉は、「湯原温泉郷」を構成している温泉地で、湯原インターから車で15分ほどで到着します。わずか2軒の旅館と共同浴場「真賀温泉館」のみが営業しており、かなり小規模な温泉となっています。

温泉街の入り口に駐車スペースがあり、真賀温泉館へはここに車を停めて、階段を上っていきます。辺りは鄙びた湯治場の雰囲気が色濃く残っており、静かに散策できる場所となっています。

超格安で入浴可能な真賀温泉館

超格安で入浴可能な真賀温泉館
地図を見る

真賀温泉館は年中無休で7時から22時まで受付をしています。浴室は「普通湯」と「幕湯」の二ヵ所ありどちらに入るかで料金が異なるシステムです。

男女別の「普通湯」は大人150円。こちらにはカランやシャンプー類が設置されています。
そしてもう一つの浴室「幕湯」は混浴で、大人250円です。どちらにしても超格安ですね!今回は混浴の「幕湯」を紹介します。

日本一狭い混浴浴槽!「幕湯」

日本一狭い混浴浴槽!「幕湯」
地図を見る

おすすめはやはり「幕湯」です!写真の通り浴槽はかなり狭く3,4人でいっぱいになってしまいます。そのため『日本一狭い混浴浴槽』とも呼ばれているんです。脱衣所も一か所しかありません。

湯船には投入口がなく、その代わりに一本の竹筒が湯底から伸びています。そしてこの竹筒を通して直接源泉が足元から湧き出ているんです!!源泉が湧き出ている場所の真上に湯舟を造ったため、このような珍しい入浴が可能となっています。
日本でもかなり貴重な「足元湧出」の温泉にぜひ入ってみてください。

自然の神秘!38度の源泉が足元湧出!

自然の神秘!38度の源泉が足元湧出!
地図を見る

空気に一度も触れることなく湯船に満たされ続ける温泉は、鮮度が普通の温泉に比べて全く違います。そのため相当なぬるすべ感があり、本当に化粧水のようです。

温度は38度程度と長湯にはうってつけの環境となっています。適温で源泉が足元湧出している温泉は非常に貴重なケースなんです。まさに奇跡的な状況がここ幕湯には生まれています。
また湧出量がたいへん多いのも特徴の一つです。ほとんどの足元湧出泉が、ぷくぷく程度に湧いているのに対して、この幕湯は竹筒を塞いでも手が持っていかれるほどの勢いで湧きだしています。自然の神秘をまさに肌で感じられる温泉ですね。

歴史を感じられる湯小屋の造り

歴史を感じられる湯小屋の造り
地図を見る

湯船に浸かりながら上を見上げると、歴史を感じる建物の造りを目にすることができます。浴室内の換気を効率的に行うために天井が高く造られており、古い湯小屋にはよく見られる光景です。

38度のぬるすべの湯に浸かると、なかなか湯船から出ることができなくなります。そんな時はのんびりと風情ある建物を眺めながら、温泉に身をゆだねてください。

おわりに

「真賀温泉館・幕湯」いかがだったでしょうか?浴槽はかなり狭いですが、とびっきり新鮮で貴重な温泉に入浴することができますよ!
これまで体感したことないぬるすべ感を、ぜひ味わってみてください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -