東京駅でサクッと買える!東京の絶対ハズせないお土産5選

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

東京駅でサクッと買える!東京の絶対ハズせないお土産5選

東京駅でサクッと買える!東京の絶対ハズせないお土産5選

更新日:2015/09/22 14:14

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

東京のお土産といえば、“ひよこ”や“東京ばな奈”が定番ですよね。しかし、本当にもらって嬉しいお土産は、定番中の定番より、ちょっぴり変化球のきいたっものではないでしょうか。今回は「あぁ、またか・・・」なんて思われない、ひとひねり効いた東京土産を、5品ピックアップしました。どれも東京駅でサクッと買える近いお店ばかりなので、急いで買いたい時のヒントにもなりますよ♪

和の素材が生きる!「和のねんりん家」のマウントバーム

和の素材が生きる!「和のねんりん家」のマウントバーム

写真:安藤 美紀

地図を見る

ここ数年、じわじわと人気を集めてきた“ねんりん家”のバームクーヘン。今回は、もうひとひねり加えて、“ねんりん家”の和風バージョン“和のねんりん家”でお土産品を選んでみるのは、いかがでしょうか。

“ねんりん家”はたくさんお店がありますが、“和のねんりん家”は「東京駅八重洲中央口店」と「羽田空港第一ターミナル店」の2店舗のみ。東京駅八重洲中央口店の場所は、JR東京駅八重洲中央口改札のすぐ手前です。“和ねんりん家”は店舗数が少ないので、それだけで希少価値が高くなりますよ♪

人気商品は、“マウントバーム”。お山のように表面が凸凹していて、表面にはうっすらお砂糖がコーティングされています。味は、“お抹茶”(定番)と“焼きさつま”(季節限定品)の2種類があります。

お抹茶は、お抹茶をバームクーヘンの生地に練り合わせていて、味自体は控えめ。普段、抹茶が苦手な人でも食べやすくなっています。焼きさつまは、焼き芋が生地に練りこまれていて、砂糖よりお芋の甘さが引き立っています。

外はカリッと、中はし〜っとりの美味しいバームクーヘン。2個入り(お抹茶&焼きさつま)のセットもありますが、箱を気にしなければ別々に買うほうが、じつは少しお得になります。

<和のねんりん家>
■マウントバーム賞味期限・・・約2週間

なんとも癒されるっ!「美噌元 KITTE GRANCHE店」の味噌汁最中

なんとも癒されるっ!「美噌元 KITTE GRANCHE店」の味噌汁最中

写真:安藤 美紀

地図を見る

味噌汁専門店「味噌元」の美噌汁最中は、とっても可愛い!これほど、味噌汁が可愛いと思ったことはありません・・・。

味噌汁最中は、最中の中にフリーズドライのお味噌汁が入り、1個ずつ個別包装されています。キャラクターの顔が3タイプあるので、バラで組み合わせて買うと、色々楽します!包装にこだわりたい方には、箱入りタイプの味噌汁最中もありますよ。

写真は「ゆったり」の美噌汁最中です。食べ方は、とっても簡単。最中の中に入っている、フリーズドライの味噌汁ブロックをお湯で溶かし、最中を味噌汁の上にのせるだけ。味はインスタントと思えないほど、具がしっかり入っていてお味噌の美味しさがよく分かります。

「味噌元」は、東京駅丸の内にあるKITTE(キッテ)地下1階にあります。KITTEは、JR東京駅の丸ノ内南口から、徒歩1分。丸ノ内線「東京駅」からだと、地下道が直結してる、とっても便利な場所です。

<味噌元>
■味噌汁最中 賞味期限・・・約4ヶ月

見ても食べても楽しい!「Fairycake Fair」のベイクドカップケーキ

見ても食べても楽しい!「Fairycake Fair」のベイクドカップケーキ

写真:安藤 美紀

地図を見る

Fairycake Fair(フェアリーケーキ フェア)は、カップケーキとスコーンの専門店。お菓子研究家のいがらし ろみさんがプロデュースしています。東京駅店では、生地から仕上げまで全て店内で製造しているので、作りたての新鮮なカップケーキが食べられますよ。

お店の場所は、JR東京駅改札内(地下1階)グランスタにあります。待ち合わせでよく使われる「銀の鈴」の近くなので、探してみてくださいね。

Fairycake Fairは、イートインとテイクアウトの両方が出来ます。テイクアウト用のカップケーキは、旬のフルーツを使ったカップケーキが5種類入っています。一つ一つ味が違うので、最初から最後まで食べるのが楽しい!自家製のジャムとフレッシュバターが味の決め手です。

気軽に店員さんが試食させてくれるので、気になったものがあったら、声をかけてみてくださいね♪

<Fairycake Fair>
■焼き菓子カップケーキ 賞味期限・・・約1週間

芋ようかんだけじゃないっ!「舟和」のあんころ玉

芋ようかんだけじゃないっ!「舟和」のあんころ玉

写真:安藤 美紀

地図を見る

昔から「芋ようかんと言えば、舟和だよね」といわれるほど、大人気の舟和。芋ようかんはとってもメジャーなので、今回はいつもと違う“あんこ玉”をお土産にピックアップしてみてはいかがでしょうか。

あんこ玉は、1個丸ごとあんこのお菓子。イチゴ味・小豆味・みかん味・珈琲味・抹茶味・いんげん味のあんこ玉が入っています。あんの甘さは控えめで舌ざわりがと〜っても滑らか!あんこ玉は、プルンっとした寒天にくるまれています。冷やして食べると美味しさが増します。食べる直前まで冷やしておくとGOODですよ。

新幹線中央乗換口の正面にある「東京銘品館」内に、舟和のあんこ玉があります。ここなら、改札を出なくてもお土産をGETできますよ♪(他にも、東京駅に舟和はいくつか店舗があります。HPをチェックしてくださいね。)

<舟和>
■あんころ玉 賞味期限・・・翌日

グミなのに“パリパリ”!?「ヒトツブカンロ」のグミッツェル

グミなのに“パリパリ”!?「ヒトツブカンロ」のグミッツェル

写真:安藤 美紀

地図を見る

新しい&POP&可愛い!と三拍子揃ったお菓子は、グミッツェルという名前のグミ。カラフルで可愛らしくて・・・、女性ならグッと来る一品ですよね。グミッツェルは、「ヒトツブカンロ」というお店で買うことが出来ます。「ヒトツブカンロ」は、カンロ飴やグミでお馴染みの「カンロ」が新しく手がけた、アンテナショップ。ワンランク上の、こだわり抜いた飴やグミが勢揃いです。

グミッツェルは、見た目だけじゃなく、食べても満点!のお菓子。口に入れると、表面の砂糖がパリパリとはじけ、中には濃厚なフルーツ味のグミが出てきます。パリパリ&グニュ感が、今までにない新しい触感にビックリするかもしれません。食べ続けると止まらない・・・そんなお菓子です。

「ヒトツブカンロ」は、東京駅構内地下一階のグランスタ(丸の内坂エリア)にあります。

<ヒトツブカンロ>
■グミッツェル 賞味期限・・・約2週間

東京駅の個性の光るお土産に注目!

時の流れとともに、日々進化を続ける東京のお土産。せっかく東京へ遊びに来たのなら、“ザ・東京もの”より、個性が光る新しいものを選んでみてはいかがでしょうか。

自分で食べても「美味しい〜っ!」と満足出来るお土産は、渡しても本気で喜ばれますし、旅の思い出をさらに楽しく幸せなものにしてくれますよ♪

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ