女子旅するなら熊本県「阿蘇神社門前町・水基巡りの道」へGO!

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

女子旅するなら熊本県「阿蘇神社門前町・水基巡りの道」へGO!

女子旅するなら熊本県「阿蘇神社門前町・水基巡りの道」へGO!

更新日:2016/03/10 16:07

花村 桂子のプロフィール写真 花村 桂子 九州よかとこ探検家

今、九州に女子旅するなら、熊本県阿蘇市一の宮が断然オススメ。まず、一の宮の中心「阿蘇神社」は、縁結びの霊験あらたかなパワースポット。そして門前町「水基巡りの道」は、古民家が並ぶレトロな散歩道。雑貨屋、カフェに、赤牛カレーパンなどB級グルメもいっぱい。さらに新エリア「女学校跡地」には、ヨーロッパ直輸入アンティークショップも!

女子旅にぴったり「阿蘇神社門前町・水基巡りの道」をご紹介します。

縁結びの霊験あらたかなパワースポット「阿蘇神社・高砂の松」

縁結びの霊験あらたかなパワースポット「阿蘇神社・高砂の松」

写真:花村 桂子

地図を見る

熊本県阿蘇市一の宮「阿蘇神社」は、ラブに敏感な女子に人気のパワースポット。休日ともなると、参拝客がひっきりなしに訪れます。女子のお目当ては、「高砂の松」。謡曲「高砂」に登場する、阿蘇の大宮司・友成卿が持ち帰ったと伝わる伝説の神木です。能には興味がなくとも、「高砂や〜」という独特の節回しを耳にしたことがある方は多いのでは?祝言曲として日本全国で歌い継がれて来ためでたい松は、縁結びの霊験あらたかなこと請け合いです。

男性は左より2回、女性は右より2回まわってお祈りすると、良縁に恵まれると伝わっています。

あらゆる願い事にこたえてくれる「願掛け石」

あらゆる願い事にこたえてくれる「願掛け石」

写真:花村 桂子

地図を見る

阿蘇神社のもうひとつのパワースポット。二千年も前、阿蘇大神が諸願をこめて額(ぬか)ずいたと伝わる「願掛け石」。霊場の岩石の一部といわれ、あらゆる願い事にこたえてくれると人々に信仰されていた、なんとも太っ腹な神石です。

祈願する際には、独特の作法があるのでお忘れなく。
「先ず心に願いごとを念じこの神石を撫でること三度、更に願いごとを唱えるべし」
願い事を口に出すのはちょっぴり気が引けますが、ご利益を信じて勇気をだしてみてはいかがでしょう。

阿蘇神社門前町「水基巡りの道」は、古民家が並ぶレトロな散歩道

阿蘇神社門前町「水基巡りの道」は、古民家が並ぶレトロな散歩道

写真:花村 桂子

地図を見る

阿蘇神社の門前町「水基巡りの道」は古民家を利用した雑貨屋やカフェが並ぶレトロな散歩道。道のあちこちには、水基(みずき)と呼ばれる、石や木でつくられた風情豊かな水飲み場があり、それぞれ水の味が違うとか。水基をたどって歩けば、赤牛カレーパンや馬ロッケ(馬肉入りコロッケ)、阿蘇人サイダーなどB級グルメも楽しめます。

桜の時期になると、道の真ん中にござとちゃぶ台が並べられ、即席のお花見席が出来上がり。お店で注文したメニューは花見席まで届けられ、地元のひとも、観光客もみんな一緒に桜を愛でて、大盛り上がり。温かくもてなしてくれる、ひとの笑顔も魅力のひとつです。

とろーり熱々「旧緒方屋」のカレーパンと湧水珈琲

とろーり熱々「旧緒方屋」のカレーパンと湧水珈琲

写真:花村 桂子

地図を見る

「水基巡りの道」で、おすすめのB級グルメは「旧緒方屋」の赤牛カレーパン「ボルケーノ」。注文を受けてから揚げてくれるので、いつでも熱々。さくさくパンとピリ辛カレーは抜群のハーモニー。水基「金脈の泉」から湧き出る水で淹れたハンドドリップ珈琲と一緒に召し上がれ。

古民家を利用したどこか懐かしい雰囲気の店内には絵本が並び、座り心地のいい椅子と、熊本県の営業部長兼しあわせ部長「くまモン」クッションがいっぱい。のんびりページをめくれば時の経つのも忘れそうなくらいリラックスできちゃいます。

女学校跡アンティークショップへ足を伸ばして

旧緒方屋から徒歩5分、「旧女学校跡」は、このごろ人気急上昇の新エリア。
開運水基「龍命泉」を中心とした緑あふれる敷地には、古い木造校舎をリノベーションしたアンティークショップやオープンカフェ、雑貨屋が集まって、まるで小さな村のよう。英国アンティーク家具やフランス雑貨、色とりどりのステンドグラスなど、カワイイ!で溢れています。

「阿蘇神社門前町・水基巡りの道」は、湧き水ゆたかな散歩道。水基から溢れる透明な水は、わたしたちの心と体にたまった疲れを洗い流してくれるよう。女子旅するなら、パワースポット、アンティーク、カフェ、B級グルメなどなど、女子の“大好き”がぎゅっと詰まった「阿蘇神社門前町・水基巡りの道」へGO!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ