土曜限定のアート市!メキシコシティ「バザールドサバド」は街並みも美しい

| メキシコ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

土曜限定のアート市!メキシコシティ「バザールドサバド」は街並みも美しい

土曜限定のアート市!メキシコシティ「バザールドサバド」は街並みも美しい

更新日:2016/03/08 16:15

メキシコの首都メキシコシティには、歴史を醸し出す重厚な建造物が目白押し。エリアによって色んな顔がある街です。そんなシティで、土曜日に是非足を運んでほしいのが、中心地から約10キロほど南下したサンアンヘル地区。アンティークや絵画などを主としたアート市「バザールドサバド」が、広場を中心に土曜のみ開催されます。ひやかすだけでも楽しめるし、周辺は石畳の美しい高級住宅地で緑も多く散策にぴったり!

まずは腹ごしらえ?!カラフルポップなパティオでランチをどうぞ♪

まずは腹ごしらえ?!カラフルポップなパティオでランチをどうぞ♪
地図を見る

腹が減っては戦は出来ぬ……ではありませんが、まずは「バザールドサバド」のメイン会場でもある建物のこんなカラフルパティオ(中庭)でランチはいかがでしょう?パティオの真ん中にある噴水には斬新な飾りつけが施してあり、目にも楽しめます♪
パティオの回りにはアクセサリーや雑貨のお店が軒を並べていますが、人がたくさんいるのでスリにはくれぐれもご注意を!

広場で繰り広げられるアート市のお値段は感覚値段?

広場で繰り広げられるアート市のお値段は感覚値段?
地図を見る

色とりどりのパラソルの元で、まるで美術館のように絵画がカルメン広場を飾っています。古典的な物から、メキシコの楽しいガイコツアートなど描く人の個性溢れる作品までたくさん!

肝心のお値段は?こういった物は値段があってないようなもの。もしお気に入りが見つかったら、まずはメキシコの公用語であるスペイン語で挨拶から!そして値段交渉にトライしてみてるのはいかがでしょう?片言でもいいので、現地の言葉で話しかける方が受け入れられやすいですよ!意外にもお手頃価格で芸術作品が手に入るかもしれません。

ブルーの壁が目を引く美しい館のアンティーク店もお薦め

ブルーの壁が目を引く美しい館のアンティーク店もお薦め
地図を見る

広場を中心としてアートや雑貨類、食品などの市が立っていますが、広場のデルカルメン通り側には、こんな瀟洒な建物を利用したアンティークのお店もあります。中に入ると、時を経た大きな家具から小物までが所狭しと並べられています。アンティークは値が張りますが、アクセサリーや小物なら手も出しやすいですね。何より建物が美しいので是非立ち寄ってみて下さい♪

歩き疲れたらメキシカンセレブの集うお庭でひと休み

歩き疲れたらメキシカンセレブの集うお庭でひと休み
地図を見る

ブランド店から飲食店まで揃う、プラザグランサンアンヘルと呼ばれる複合商業施設があります。こちらの一階には外からは想像も出来ない程優雅な空間が広がっています。それが季節ごとの色とりどりの花が咲く中庭。この中庭を囲むように回廊があり、レストランやカフェが軒を連ねます。メキシカンセレブに混じって休憩するも素敵な時間ですね。

サンアンヘル地区の魅力は土曜市だけじゃない!!

サンアンヘル地区の魅力は土曜市だけじゃない!!
地図を見る

土曜は一段と賑わうサンアンヘル地区ですが、ここの魅力はそれだけではないのです。メキシコシティの中でも高級住宅地とされるこの地区は、石畳に街路樹、そこには目を見張るような瀟洒な住宅が並び、美しい街並みを造っています。

滞在がもし土曜に当たらなくても、時間があるならメキシコシティのもう一つの顔を見に、是非ここまで足を伸ばしてみて下さい♪ここが大都市の一角とは思えないですよ。お薦めはアマルグーラ通りからミゲルイダルゴ通り一帯です。

シティの中心へ戻るならタクシーがお薦め

先にも述べたように、中心からは約10キロほど離れているので、タクシーを利用するのがいいでしょう。メキシコのタクシーは何かとトラブルが多いので、推奨タクシー「Sitio」の利用がいいでしょう。カルメン広場のところにこの「Sitio」の乗り場があるので、中心へ戻る時にもここから乗車すれば安心です!目的地の地図を見せるのがベターです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/02−2016/01/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ