まるでSASUKE(サスケ)!? 日本最大級の本格アスレチックが楽しめる清水公園【千葉県野田市】

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

まるでSASUKE(サスケ)!? 日本最大級の本格アスレチックが楽しめる清水公園【千葉県野田市】

まるでSASUKE(サスケ)!? 日本最大級の本格アスレチックが楽しめる清水公園【千葉県野田市】

更新日:2013/08/13 15:50

鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

体力、運動能力に自信のある方なら、TV番組「SASUKE」を見て、ぜひ挑戦してみたいと思ったことありませんか。合計100の本格フィールドアスレチックのある清水公園は、そんなSASUKEファンの闘志がメラメラと燃える、アドベンチャーが盛り沢山。本物の「SASUKE」のセットより難易度は高くありませんが、油断すると池ポチャあり。さぁ、すべてクリアできるかな。泥んこ覚悟で挑戦しませんか。

清水公園は、夏こそ行き時

清水公園は、夏こそ行き時

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

千葉県野田市の清水公園は、自然豊かな広大な敷地内に、100種類ものアスレチックがある全国屈指の本格フィールドアスレチックが楽しめる公園です。ファミリーコース(40種)、冒険コース(40種)、水上コース(20種)の3コースがあり、小学生以上でないと全コースへは参加できません。

水上コースでは、池に落ちれば全身ずぶ濡れ覚悟。涼しくなってくる秋や冬は、落ちたら最後、寒くてブルブル震えちゃう。落ちても、笑って楽しめる、むしろ池に落ちて涼しくなりたい夏こそおススメの公園。この夏、暑くても元気いっぱいの子供を誘ってお出かけしてみませんか。子供にもウケること間違いなし。シャワールームもあるので、全身どろんこになって挑戦しましょう。

森の中のアスレチック

森の中のアスレチック

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

水上コースは、泥んこになる確率が高いので、一番最後にとっておくことをお勧めします。まずは家族で楽しめるファミリーコースと少しの勇気が必要な冒険コースにトライ。生い茂る森の中にあるので、ジリジリ照りつける太陽を避けて遊ぶことができます。

※こちらのコースは、保護者同伴で未就学児も挑戦できるアスレチックも多数あります。

あなたは抜け出せるか!!

あなたは抜け出せるか!!

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

この五角形のすり鉢状のアスレチックは、通称「ありじごく」。その名の通り、自分の走るスピードの遠心力を利用して上まで走りきらなければ外へ出ることができません。小学校低学年のお子さんの脚力では、抜け出すのは難しいかもしれません。あなどるなかれ、大人も本気出さないと抜け出さないですよ。どうしても抜け出せないときは、近くで監視しているスタッフがロープを下に降ろしてくれるので、そのロープで抜け出します。

私も一人なら抜け出せましたが、抜け出せない息子を抱えて駆け上がろうとしたらコケて流血しました。。。。。無理は禁物です。

水上コースは、バランス感覚が大切

水上コースは、バランス感覚が大切

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

いよいよ、一番人気の水上コース。水深130cmほどの鯉も泳いでいるという池の上に作られたアスレチックです。底が見えない、茶色く濁った水面をみていると、「絶対落ちてなるものか!!」と気合が入ります。

一番の難所は、ロープで対岸の網に渡る「ターザン」。勢いとタイミングが需要です。ここで池ポチャしている方多し。そして大人にとって意外と難しいのが「いかだ渡り」。体重の軽い子供は、ポンポンと軽快に渡っていくので、楽勝と思ってナメてかかると池ポチャしますよ。大人は体重があるので、いかだの中心部分に上手く乗るように渡らないとバランスを崩してしまうのです。子供に爆笑されるパパ、彼女に苦笑される男子などなど、体力だけじゃクリアできないのでご注意を。水上コースには、エスケープ通路もあるので、無理そうだなと思ったら回避することもできます。

ご家族、カップル、友達同士と幅広い方が楽しめる清水公園のフィールドアスレチック。池に落ちてずぶ濡れになるのも夏のいい思い出。お着替え持参で、100種類、完全制覇を目指して挑戦してみませんか。

【清水公園 フィールドアスレチック】
千葉県野田市清水906
04-7125-3030
営業時間:9:00-17:00(通常期)
料金:大人820円、中高生620円、小学生570円、未就学児(幼児)無料
※幼児の利用は保護者同伴。幼児利用禁止のアスレチックがあります。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/06/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ