サンフランシスコの観光なら、まずは海を目指そう!

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

サンフランシスコの観光なら、まずは海を目指そう!

サンフランシスコの観光なら、まずは海を目指そう!

更新日:2017/09/27 17:17

さと しほのプロフィール写真 さと しほ 旅行会社勤務

アメリカ西海岸のサンフランシスコを観光するなら、まずは海へ!アトラクション感覚で楽しめると観光客に大人気のケーブルカーで急坂を下ると、目の前に見えるのは青い海!1時間の観光クルーズでは、ゴールデンゲートブリッジをくぐり、監獄島アルカトラズに大接近!下船後は港でシーフードランチをいただきましょう。

サンフランシスコ観光は海から!

サンフランシスコ観光は海から!

写真:さと しほ

地図を見る

海に面したサンフランシスコは「霧のサンフランシスコ」としても有名です。朝起きて空がすっきり晴れていたら、まずは観光クルーズに乗りましょう。大型のクルーズ船なので、揺れる心配はありませんよ。
船に乗ったら階段をのぼって上へ。海風にふかれて肌寒くなりますが、せっかくだから船外の席を確保しましょう。

クルーズ船は西海岸の海風にふかれながら、サンフランシスコを代表する観光スポット「ゴールデンゲートブリッジ」へ向かいます。
海からサンフランシスコの街を眺めると、丘の上に建物が密集しているのがわかります。サンフランシスコはコンパクトにまとまっていて、観光しやすい街なんですよ。

サンフランシスコの象徴「ゴールデンゲートブリッジ」

サンフランシスコの象徴「ゴールデンゲートブリッジ」

写真:さと しほ

地図を見る

クルーズは、ゴールデンゲートブリッジまで行って折り返す、1時間の船旅です。青い空と青い海、赤い橋とのコントラストがすばらしくて、誰もが連想する「アメリカ西海岸のイメージ」そのものといった爽やかな風景が広がります。
ゴールデンゲートブリッジはサンフランシスコの象徴。長さ2.7km巨大な橋の下をくぐる瞬間、観光客はみんな大興奮。あちこちで撮影会がはじまります。
この橋は、徒歩や自転車でも渡ることができます。港に自転車のレンタルショップがあるので、自転車で渡ってみてもいいですね。

映画の舞台になった「監獄島」

映画の舞台になった「監獄島」

写真:さと しほ

地図を見る

サンフランシスコの先にある小さな島。これが「アルカトラズ島」。潮の流れが早くて脱獄困難な刑務所として、過去、実際に使用されていた監獄島です。
「ザ・ロック」はこの監獄島が舞台になった映画です。観光前に「ザ・ロック」をチェックしておくと、実際に見たときの感動もひとしお。
このアルカトラズ島、現在は観光スポットとして公開されています。島を眺めるだけでは物足りない方は、上陸して刑務所観光も楽しめますよ。監獄島の観光には2〜3時間かかります。お時間のある方はぜひ!

ランチはフィッシャーマンズワーフで!

ランチはフィッシャーマンズワーフで!

写真:さと しほ

地図を見る

船をおりたら、フィッシャーマンズワーフへ出かけましょう。
クルーズ船の発着所からフィッシャーマンズワーフまでは徒歩5分。カニの看板が目印です。

お目当てはもちろん、シーフード

お目当てはもちろん、シーフード

写真:さと しほ

地図を見る

フィッシャーマンズワーフにはシーフードの屋台が並んでいるので、気軽に買い食いしてみましょう。エビとカニがこんなにたくさん入って2千円ほど。港町ならではの安さです。
サンフランシスコはグルメの街。オーガニック食材のショップやカフェもたくさんあって、女子旅にピッタリ!

まずは海へ!サンフランシスコはグルメの街

サンフランシスコのクルーズとシーフード、いかがでしたか?
レストランでシーフードを食べるとなると、それなりの出費と語学力が必要になりますが(それ相応のチップも必要です)、屋台で買い食いすれば、10ドル程度でシュリンプカクテルを食べることができますよ!ちょっとした買い食いも楽しいですよね。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -