家族連れに大人気!沖縄「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

家族連れに大人気!沖縄「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」

家族連れに大人気!沖縄「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」

更新日:2016/04/13 12:00

中島 和彦のプロフィール写真 中島 和彦 元旅行会社勤務、旅行ブロガー、父娘旅行伝道師

沖縄のリゾートホテルは多くの人たちに人気ですが、中でも「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」は特に家族連れに大人気のホテルです。充実した館内施設は当然のことながら、ビーチにある滑り台などの巨大遊具、沖縄でも最大級な屋内プール、旅の思い出を形で残すクラフト体験など、このホテルならではの魅力をご案内いたします。

充実した施設が整う沖縄最大級のホテル

充実した施設が整う沖縄最大級のホテル

写真:中島 和彦

地図を見る

「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」は客室数780室と沖縄最大級のホテルです。当然、各種施設も充実しており、レストランは和・洋・中・BBQ・焼肉と多彩な食事を楽しむことができます。これらのレストランには、バイキングプランがあるので家族連れには大好評です。

また、館内にはコンビニなど売店も多くある他、ゲームセンターや大浴場など施設が充実しているので、長期滞在でも快適に過ごすことができます。そして、毎晩琉球舞踊やエイサーが無料で公演されています。迫力ある沖縄の伝統芸能は必見です。

大人数の家族連れでも対応できる客室

大人数の家族連れでも対応できる客室

写真:中島 和彦

地図を見る

客室は30平米のスタンダードタイプからスタッキングベッドを利用することにより最大6名まで泊まれるファミリールームなどがあり、大人数でも一緒の部屋に泊まれると家族連れに大好評です。また、部屋からの眺めはリゾート気分満載なオーシャンビューと落ち着いた雰囲気のグリーンビューが選べます。
※写真はスタンダードルーム。

さらに最上階にはロイヤルフロアがあり、専用ラウンジではソフトドリンクサービスやチェックイン・アウトの対応などワンランク上の贅沢を味わうことができます。

ホテル前は800メートル続く白砂のビーチ

ホテル前は800メートル続く白砂のビーチ

写真:中島 和彦

地図を見る

ホテル前には、全国快水浴場百選の「海の部特選」に選ばれた美しいビーチが800メートルにわたり広がります。透明度の高い海で魚を探してみたり、デッキチェアに寝そべりのんびりとするのも最高です。

一方、ここにも子供にとって嬉しい施設があります。「リザンアドベンチャー(有料)」というビーチに設置された巨大遊具!中でも海に浮かんでいる巨大な滑り台は、見た目以上の高さから海へと滑り降りるのでスリル満点。子供だけではなく大人も大喜びで楽しんでいます。

屋内プールの広さも沖縄最大級!

屋内プールの広さも沖縄最大級!

写真:中島 和彦

地図を見る

お天気が気になる時に心強いのが一年中泳げる屋内プール。他のホテルに比べてもかなり広く、大勢が利用しても快適です。また滑り台があったり、プールの底に台を入れて水深を浅くしている部分があり小さな子供でもおもいっきり楽しめるようになっています。そして、この屋内プールは屋外プールと繋がっており、さらにその先はビーチへと繋がっているのでとても便利。海で泳いで寒くなったら暖かい屋内プールへ移動するなんてことができます。
また、屋内プールの隣にはジャングルジムなどで遊べる子供広場(有料)があり、大人気です。

手作り体験工房は何を作るか迷うほどの充実ぶり

手作り体験工房は何を作るか迷うほどの充実ぶり

写真:中島 和彦

地図を見る

沖縄のリゾートホテルの館内アクティビティでよく見かけるのが体験工房。沖縄旅行の思い出に貝殻などを使って写真立てなどを作ったり、シーサーの置物に絵付けをしたりと人気です。当然ここでも大人気ですが、ここの作品は定番の写真立てやネームプレート、ランプや時計、アクセサリーなど数え切れないほどの種類があり、何を作るか迷ってしまうかも。何を作るかじっくり見て考えるならば、夕食後の時間は混み合うので、夕方前の時間がお勧めです。

いかがでしたか?リザンシーパークホテル谷茶ベイ

家族旅行では子供が喜び満足するのが一番。そして、海でプールで大喜びで遊ぶ子供の姿を見るのは親にとっては嬉しいことですよね。そんな家族みんなが楽しみ満足する滞在がここにはあります。家族みんなが喜ぶ姿を見に「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」へ出かけてみてはいかがですか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/09−2015/10/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -