マレーシアで食べ比べ!アイスなスイーツお勧め5選

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

マレーシアで食べ比べ!アイスなスイーツお勧め5選

マレーシアで食べ比べ!アイスなスイーツお勧め5選

更新日:2016/03/23 15:31

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

一年を通して温暖というか、むしろ暑いマレーシア。年間の平均気温は28度ということですから、日本でいうところの年中“夏日”なわけです。
観光やショッピングで歩き回っていると、吹き出るほどの汗が出ることもしばしば。炎天下でほてった体は、水よりももっと冷たいアイスなスイーツを求めているかもしれません。
まち歩きに疲れたら、カフェでフードコートで屋台で、お好みのスイーツを見つけてみませんか?

安心してください、食べられますよ!クセになる「チェンドル」

安心してください、食べられますよ!クセになる「チェンドル」

写真:やま かづ

地図を見る

何だか得体のしれない、これって本当に食べられるの?
初めてこのデザートを見ると、一瞬目を疑うほどインパクトがあります。
これは、「チェンドル」というマレーシアの伝統的なデザートです。緑色の細長い麺状のものがチェンドルで、パンダンの葉で色と香りがつけられたゼリーのようなものです。普通、ほんのりと甘く煮た小豆も一緒に入っており、ココナッツミルクをかけて食べます。

見た目はグロテスク、でも口に運ぶとツルっとしたゼリーのような食感で、のど越しがとってもいいんです。
安心してください、食べられますよ。そして、想像以上においしいですよ。

店舗:テオチュー・チェンドル(TeoChew Cendle)

ほてった体にガツンと一撃!ABCこと「アイスカチャン」

ほてった体にガツンと一撃!ABCこと「アイスカチャン」

写真:やま かづ

地図を見る

マレーシアの国民的アイスデザート「チェンドル」と人気を2分するアイスデザート、それが「アイスカチャン」です。マレー語ではアイ・バトゥ・チャンプル(Ais Batu Campur)といい、ABCと呼ばれています。
粗削りのかき氷に小豆、ピーナッツ、コーン、チェンドルなどがトッピングされています。さらに、カットされたフルーツやアイスクリームが添えられたスペシャルバージョンもあり、お店によってアレンジが違うので食べ比べが楽しいアイスデザートです。

ほてった体にガツンと一撃!胃袋から脳天につき上がる冷たさ、まちを歩き回って大汗をかいた後、露店で食べるのが一番です。

店舗:ニョニャ・カラーズ(Nyonya Colors)

無添加なので自然な甘み「ココナッツアイスクリーム」

無添加なので自然な甘み「ココナッツアイスクリーム」

写真:やま かづ

地図を見る

ココナッツジュースに添加物を加えてつくられたココナッツ風味のアイスクリームはコンビニでもよく売られています。
しかし、厳選されたココナッツの果肉とココナッツジュースのみを使ったアイスクリームはやはり本場でしか味わうことができません。
毎日、1日分しかつくらない「ココナッツアイスクリーム」は無添加なので甘さはちょっぴり控え目ですが、あっさりした口当たりのよさが最高です。

ワッフルコーンでいただく場合、アイスクリームに粘着力がないので2段重ねは禁物です。2スコップにしたい場合はカップのほうがいいでしょう。なお、シリアル、アーモンド、トースト・ココナッツなど好きなトッピングが選べますので、お好みでどうぞ。

店舗:サンカヤ(Sangkaya)

芳醇マンゴーに濃厚ミルクがうれしい「マンゴーミルクスムージー」

芳醇マンゴーに濃厚ミルクがうれしい「マンゴーミルクスムージー」

写真:やま かづ

地図を見る

数あるフルーツスムージーの中でも、マレーシアのキング・オブ・スムージーといえばマンゴーを使ったスムージーでしょう。さらにマンゴーと相性がぴったりのミルクを加えた「マンゴーミルクスムージー」はキング・オブ・キングです。
芳醇なマンゴーと濃厚なミルクが絡み合い、まったりとした味わいが口の中に広がり、一度飲んだらクセになること間違ありません。

さらにマンゴーソースやフレッシュマンゴーが添えられた贅沢な「マンゴーミルクスムージー」なら、もうキングのさらに上いく神の存在です。

店舗:クラン・ステーション(Klang Station)

気がつけば定番メニューに!「パイナップルサンデー・トロピカルパイ」

気がつけば定番メニューに!「パイナップルサンデー・トロピカルパイ」

写真:やま かづ

地図を見る

世界的なブランドのマクドナルドはマレーシアにもたくさんの店舗があり、現地限定のメニューもあります。
そんな中で、期間限定と思いきや、実は定番メニューに組み込まれたアイススイーツがあります。それは「パイナップルサンデー・トロピカルパイ」です。パイナップルのアイスクリームにストロベリーソースがかけられ、さらにパッションフルーツの果肉が入ったトロピカルパイが添えられています。

パイナップルとパッションフルーツ、さらになぜかストロベリー、トロピカル度100%ではないけれど、ベストマッチなので気にしない。気軽に食べられる一品としてお試しください。

多彩な食文化を反映したアイスなスイーツがおいしい!

マレー系、中華系、インド系と多民族国家のマレーシアは食文化が混じり合い、さらに欧米食文化の影響も受け、デザートも独特な進化を遂げています。
特に、暑い国ならではの冷たいデザートは、伝統的なものからモダンなものまで、新旧入り交じってとどまるところを知りません。

マレーシアを訪れる観光客にとって、大汗をかきながらまち歩きを楽しんだ後に食べるアイスなスイーツは最高の贅沢です。ほてった体をクールダウン、汗が引くと新たなエネルギーがわいてきます。
どれもおいしいアイスなスイーツ、まずは食べ比べてみましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/04−2016/03/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ