やっぱり本場で食べたい!マレーシアのお勧め定番料理5選

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

やっぱり本場で食べたい!マレーシアのお勧め定番料理5選

やっぱり本場で食べたい!マレーシアのお勧め定番料理5選

更新日:2016/03/24 20:13

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

サテー、ナシゴレンにミーゴレンと、日本でもおなじみになっているマレー料理ですが、やっぱり本場のマレーシアで思いっきり食べてみたいものです。時には老舗のレストランで、時にはショッピングセンターのフードコートで、そして時には夕暮れ迫る屋台で。
ここでは、マレーシアの食文化が凝縮している定番といえば余りにも定番のお勧めマレー料理を5品ご紹介します。
現地で食べるその味わい、ひと味もふた味も違います!

炭火で焼く屋台の味!マレー風の焼き鳥「サテー」

炭火で焼く屋台の味!マレー風の焼き鳥「サテー」

写真:やま かづ

地図を見る

焼き鳥と聞くと冷たいビールを思い浮かべ、喉がぐいっと鳴る方もいらっしゃるかもしれませんね。
マレー風の焼き鳥「サテー」は下味をつけた鶏肉を串に刺して炭火で焼き上げます。そして、甘辛いピーナッツソースに浸して食べます。鶏肉のほかにも羊肉や牛肉が使われることもありますが、やっぱり「サテー」といえば鶏肉が一番人気です。

残念ながら甘辛いピーナッツソースとビールの愛称はイマイチ。さらにイスラムの国マレーシアでは、街なかの屋台で「とりあえずビール!」なんて気軽にオーダーできませんのであしからず。

店舗:南洋食苑(Nam Yang Food Garden)

華僑が東南アジアに広げた絶品料理「チキンライス」

華僑が東南アジアに広げた絶品料理「チキンライス」

写真:やま かづ

地図を見る

日本でもおなじみの「チキンライス」、しかしトマトケチャップで炒めた焼き飯からはほど遠い、マレーシアの「チキンライス」はまさしくチキン+ライスです。
タイでは「カオマンガイ」、シンガポールでは「海南鶏飯(ハイナンチキンライス)」として知られている料理は中国大陸から移り住んだ華僑が広めたと言われています。
当然、ここマレーシアでも「チキンライス」は定番中の定番メニューで、鶏ガラスープで炊いたご飯と蒸し鶏にお好みのタレやチリソースをかけていただきます。

一度食べたら病みつきになる、日本に帰っても忘れられない「チキンライス」、お店によっても蒸し鶏の味わいが違いますので、ぜひ、いろいろなお店で食べ比べてみてください。

店舗:南香飯店(Nam Heong Restaurant)
写真:手前/蒸し鶏(スチームチキン)、奥/あぶり焼き鶏(ローストチキン)

マレー風の焼きそば「ミーゴレン」はテッパンメニュー

マレー風の焼きそば「ミーゴレン」はテッパンメニュー

写真:やま かづ

地図を見る

シーフードや野菜をオイスターソースとチリなどの薬味で炒めたマレー風の焼きそばが「ミーゴレン」です。
日本と同じくフードコートや屋台の鉄板で焼かれるマレーシアの国民的料理、まさしくテッパンメニューです。目玉焼きやえびせんが添えられと、見栄えがぐっと引き立ち、食欲もさらに沸き上がります。

日本の焼きそばよりももっと具だくさんな「ミーゴレン」、本場マレーシアで一度は食べてみたい国民的人気メニューの一つです。

店舗:Food Junction(Quill City Mall)

さまざまなアレンジがうれしいマレー風焼き飯「ナシゴレン」

さまざまなアレンジがうれしいマレー風焼き飯「ナシゴレン」

写真:やま かづ

地図を見る

「ナシゴレン」は野菜とご飯をオイスターソースやチリで炒めたピリ辛のマレー風焼き飯です。
「ナシゴレン」だけを食べるというよりも、つけ合わせの目玉焼き、えびせん、炒めたり揚げたりしたチキンと一緒に食べることも多く、レストランのアレンジ次第でかなり豪華になっているものもあります。

南国の風を感じながらいただく「ナシゴレン」、このピリ辛が心地よく感じるなら、あなたはもうマレー通です。

写真:Food Junction(Quill City Mall)

マレーシアを代表するラクサの中でもお勧め「カレーラクサ」

マレーシアを代表するラクサの中でもお勧め「カレーラクサ」

写真:やま かづ

地図を見る

マレーシアを代表する麺料理といえばラクサ。ひと言でラクサといっても、実は地域によって味つけが異なります。
もっとも有名なのは魚のダシがきいて酸味が強い太麺の「アッサムラクサ(ペナンラクサ)」ですが、その他、カレースープとココナッツで味つけした卵麺の「ニョニャラクサ」、ビーフンを使った辛さが引き立つ「サラワクラクサ」などがあります。

そんなバリエーションが多いラクサの中でも、日本人の口に合うのでぜひお勧めしたいのが「カレーラクサ」です。ほかのラクサよりもココナッツ風味や酸味が少なく、またカレーのコクが前面に出ているのでとっても食べやすいんです。
万人に愛される「カレーラクサ」、ラクサ初心者の方はまずこれからスタートです。

東西の食文化がクロスオーバー、マレー料理の魅力

マレー料理は中国料理やインド料理のテイストがミックス、さらにイギリス統治時代の食文化もクロスオーバー、東西のさまざまな食文化が混在し、独自の進化を遂げています。
そんなエキゾチックなマレー料理、さらにマレーシアの熱気の中でいただくとその味わいは格別です。
あなたはどのマレー料理がお好みですか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/04−2016/03/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -