塩分注意!16種類以上の梅干しが誘惑する朝食・和歌山マリーナシティホテル

| 和歌山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

塩分注意!16種類以上の梅干しが誘惑する朝食・和歌山マリーナシティホテル

塩分注意!16種類以上の梅干しが誘惑する朝食・和歌山マリーナシティホテル

更新日:2016/03/15 13:45

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 実泊ホテルライター

和歌山マリーナシティホテルは、ポルトヨーロッパや黒潮市場などの観光スポットの集まるエリアに建つリゾートホテル。海を望むテラスやオーシャンビューバスがリゾート感たっぷりでファミリーやカップルに人気ですが、それ以上にスゴイのが朝食。
16種類以上が並ぶ梅干しコーナーや、毎朝行われるマグロの解体ショーなど、ちょっと突き抜けた朝食が話題。
リゾートを楽しみながら、和歌山の特産・名産も楽しめるホテルです。

和歌山マリーナシティ

和歌山マリーナシティ

写真:東郷 カオル

地図を見る

和歌山マリーナシティホテルはその名のとおり、和歌山マリーナシティに建つ鮮やかな黄色い外観のホテル。青空によく映え、リゾート感抜群です。ここは恋人の聖地にも認定されており、カップルにも人気の場所。ホテルには海の見えるチャペルがあり、結婚式場としても人気で土日には華やかな雰囲気に彩られます。

全99室は全てがオーシャンビューで全てが異なるデザイン。何度訪れてもその都度新鮮。遠方からの観光客だけではなく、金曜の仕事終わりからリゾート気分を楽しみに宿泊に来る関西圏の宿泊客も多いのだとか。

寛ぎの部屋と絶景バルコニー

寛ぎの部屋と絶景バルコニー

写真:東郷 カオル

地図を見る

和歌山マリーナシティホテルの部屋からの眺めは格別。是非夕暮れ前にチェックインしてバルコニーから「日本の夕陽100選」にも選ばれている景色をお楽しみください。
空の色だけではなく、目の前のマリーナの色も美しく変化していく様子に、時間が経つのを忘れてしばしうっとり。海外のリゾート地で一日の中で一番美しい黄昏時を独り占めしているような気分になります。

部屋はイタリア製のインテリアで統一されていて、リゾート感も抜群。全ての部屋が違うデザインですので、泊まる度に違ったイメージのインテリアを楽しむことができます。

泊まるなら3階以上に

泊まるなら3階以上に

写真:東郷 カオル

地図を見る

和歌山マリーナシティホテルでは、是非3階以上の部屋にご宿泊ください。2階は30平米以下のスタンダードツイン・ダブルですが、3階以上は40平米以上あり、バルコニーとオーシャンビューバスがついています。

宿泊者は徒歩2〜3分の所にある「紀州黒潮温泉」が無料で何度でも利用できますが、それとこれとは別。温泉を楽しんだ方も、是非このオーシャンビューバスでリゾート気分を満喫してください。

注意点を一点あげるとするなら、お父さん方が「オーシャンビューバスビュー(笑)狙い」で下のお庭を建物を見ながら散歩しておられます。女性の方はお気を付けください。

誘惑との戦い

誘惑との戦い

写真:東郷 カオル

地図を見る

和歌山マリーナシティの朝食には16種類以上の違った味の梅干しが並びます。これは圧巻!
それぞれに小さなプレートで名前が書かれており、どれもこれも美味しそう…。全部試してみたいところですが、流石にそれは明らかに塩分オーバーなのでご注意ください。選ぶのは難しいですが、気になるものをいくつかチョイスして健康的に楽しみましょう。

朝食会場で毎日マグロ解体ショー

朝食会場で毎日マグロ解体ショー

写真:東郷 カオル

和歌山マリーナシティの朝食の目玉は実は梅干しではなくマグロ解体ショー。毎朝朝食会場でマグロが解体され、その場で握りずしとしてふるまわれます。

近くの黒潮市場でもマグロ解体ショーをやっていますが、こちらは昨今海外団体客からの人気が凄まじく、小さなお子さん連れのファミリーはゆっくり見学できません。ホテルの朝食会場でも黒潮市場の方がマグロの部位を説明しながら解体していきますので、是非この機会にご覧ください。

黒潮市場のマグロ解体ショーについて

朝食会場の解体ショーと黒潮市場の解体ショー、この二つはマグロの大きさに違いはありますが内容は同じですので、朝食会場でゆっくり見学したら黒潮市場の解体ショーはあえて見る必要はないと思われます。せっかく宿泊しているのですから、朝食会場でゆっくり見学しましょう。

黒潮市場ではマグロ解体ショーが始まるとお店からお客さんがいなくなりますので、このタイミングでお買い物をすれば良いでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/11−2016/03/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -