え、未来に来ちゃった!?シンガポール「OCBCガーデン・ラプソディ」めくるめく光のショー

| シンガポール

| 旅の専門家がお届けする観光情報

え、未来に来ちゃった!?シンガポール「OCBCガーデン・ラプソディ」めくるめく光のショー

え、未来に来ちゃった!?シンガポール「OCBCガーデン・ラプソディ」めくるめく光のショー

更新日:2016/03/14 17:24

花村 桂子のプロフィール写真 花村 桂子 九州よかとこ探検家

シンガポールに出現したジャングル「ガーデンズ・バイ・ベイ」で、夜ごと繰り広げられる光のショー「OCOBガーデン・ラプソティ」。

漆黒の宇宙空間のような夜のジャングルで、巨大な人工樹「スーパーツリー・グローブ」が青、赤、ピンクと万華鏡のように姿を変え、きらきら輝く光のシャワーが降り注いできます。胸がドキドキして、隣のひとの手をぎゅっと握りたくなるほど感動的な、光の競演を目撃しませんか。

「ガーデンズ・バイ・ベイ」ってどんなとこ?

「ガーデンズ・バイ・ベイ」ってどんなとこ?

写真:花村 桂子

地図を見る

大都市シンガポールに出現した熱帯雨林ジャングル「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。夜の闇にそびえ立つ、青く輝く巨大な人口樹「スーパーツリー・グローブ」。空中に浮かぶ、木と木を繋ぐ輝く道「OCBCスカイウェイ」には、空から銀河鉄道が下りて来そう。まるでSF映画に出てくる未来都市のような不思議空間です。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」が位置するのは、シンガポールで一番ホットな観光エリア、マリーナ・ベイ。超高級ショッピングモール「マリーナ・ベイ・サンズ」の隣に、ジャングルがあるなんてビックリですが、どうぞ安心してください。ここは、管理された人工の森。道は美しく舗装されているので、足元が汚れることなく、つたがからまる巨木や赤いジンジャーの花など、気軽にジャングル気分を味わえるのです。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」には、どこから入る?

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」には、どこから入る?

写真:花村 桂子

地図を見る

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」へのアクセスは、マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルから歩行者専用橋「ドラゴンフライ・ブリッジ」を渡るのが、オススメ。マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルは、SMAPが携帯電話のCMで闊歩していた、3つのタワーが屋上でひとつに繋がった空に浮かぶ船のような話題のスポット。

きらびやかなロビーを見下ろす空中通路を抜けて外のブリッジへ出ると、とたんにむっと湿った熱い空気に包まれます。眼下に広がるのは漆黒の熱帯雨林ジャングル。そこに、青く輝く人巨樹「スーパーツリー・グローブ」が林立するさまは、まるでSF映画の未来都市のよう。実際に目にすると、そのスケールの大きさに圧倒されること間違いなし。さぁ、あのジャングルへ!アドベンチャーに出発です。

「OCBCガーデンラプソディ」幻想的な音と光のショーに酔いしれる

「OCBCガーデンラプソディ」幻想的な音と光のショーに酔いしれる

写真:花村 桂子

地図を見る

ガーデンズ・バイ・ザ・デイで、夜ごと繰り広げられる音楽と光のショー「OCBCガーデンラプソティ」。仰向けの姿勢がとれるベンチや休憩スペースが設置されているので、席を確保しておきましょう。寝っ転がって空を見上げるのが、ショーを120%楽しむコツ。

始まりの合図は、明かりが消えた漆黒のジャングル。「キューキュー」という甲高い鳥の鳴き声が聞こえ、ジンジャーの葉を揺らして、ぬるい風が吹き抜けていきます。大都市シンガポールは亜熱帯の国だと思い出したころ、突然スーパーツリーが素晴らしい輝きに包まれます。音楽にあわせて、青、赤、ピンクと万華鏡のように姿を変える巨木のてっぺんから、きらきら輝く星のかけらのような光が降り注ぎ、まるで宇宙にいるみたい。
胸がドキドキしてきて、隣のひとの手をぎゅっと握りたくなるくらい感動的な光の競演。「OCBCガーデン・ラプソディ」、必見です。

ドキドキSF映画の未来都市へトリップ気分!

大都市シンガポールの超人気観光エリア、マリーナ地区に出現した熱帯雨林ジャングル「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。光のスペクタルショー「OCBCガーデン・ラプソディ」は、小さなお子さま連れからシニアまで、あらゆる世代の方が楽しめること請け合いです。恋人同士や夫婦や友だち同士。ぜひ、あなたの大切なひとと「OCBCガーデン・ラプソディ」で、SF映画の未来都市へトリップ気分をドキドキ体感してみませんか。もちろん、ひとりで集中するのもアリですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -