北海道中の新鮮な海産物を堪能できる!札幌「北のグルメ」

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

北海道中の新鮮な海産物を堪能できる!札幌「北のグルメ」

北海道中の新鮮な海産物を堪能できる!札幌「北のグルメ」

更新日:2016/03/15 10:55

綿鍋 覚理のプロフィール写真 綿鍋 覚理 アマチュアフォトグラファー

北海道といえば、カニやウニ等、魚介類をイメージする方も少なくないでしょう。しかし、北海道で魚介類が新鮮で美味しい都市といえば、函館や小樽等、海に面した漁港のある都市で、海に面していない札幌には、新鮮で美味しい魚介類を出す場所がないと思っている方も多いかもしれません。
しかし、今回紹介する「北のグルメ」は、北海道中の新鮮な魚介類を購入でき、またその場で食べられる魅力的な場所です。

札幌駅から無料送迎バスで気軽に行ける!

札幌駅から無料送迎バスで気軽に行ける!

写真:綿鍋 覚理

地図を見る

北のグルメは、札幌市中央卸売市場に隣接する場外市場にあります。市場にある事が新鮮な魚介類を堪能できる一番の要因ですが、ここは札幌駅からは少し離れています。しかし、電話で予約を入れれば、朝6時半から無料送迎バスで行くことが可能。また、三井ガーデンホテル、京王プラザホテル等の一部のホテルとも提携しており、そのホテルに宿泊している人はホテルから無料送迎バスに乗ることもできます。各ホテルから北のグルメまでは、バスで10分ほどで到着。マスコットキャラのカニッピーが出迎えてくれます。

稚内、知床から新鮮なまま仕入れた魚介類が堪能できる

稚内、知床から新鮮なまま仕入れた魚介類が堪能できる

写真:綿鍋 覚理

地図を見る

入口付近には、いきなり大量のたらば蟹が!
ここの魚介類は、稚内や知床等、北海道中の漁港から新鮮なまま仕入れたものばかりです。蟹だけではなく、いくらやウニ、イカなど旬の魚も新鮮なものばかり。しかも、どれもが航空便で翌日には配送可能なので、遠方から来た場合でも美味しくいただけます。そしてポイントカードもあるので、2回以上訪問すればよりおトクに堪能することが可能。

また、魚市場といえば男の職場という感じで、あまり清潔なイメージがないという人もいるでしょうが、北のグルメは女性客でも気軽に入れるような、小奇麗な場所です。女性だけのお客さんも少なくありません。

食事をするなら、奥の北のグルメ亭も

食事をするなら、奥の北のグルメ亭も

写真:綿鍋 覚理

地図を見る

ここは、買い物ができる市場というだけではありません。
奥には朝から営業している、北のグルメ亭という食堂があり、ここですぐに新鮮な魚介類を堪能する事もできます。様々な海鮮を堪能する海鮮丼も良し、いくら丼やうに丼で一種類のものをたっぷりと食べるもまた良し。

また、通常のものは量が多い為、少食な人のためにミニ丼もあります。なお、丼ではなく単品での注文も可能であり、かつアルコール類もあるので、飲みながらおつまみに魚介類を食べるという贅沢もできます。
そして、食事に必ず付いてくるカニ汁は、蟹を贅沢に使う絶品の品!メインの物以外にもしっかりと力を入れているところに、この店のこだわりを感じます。

また、北のグルメで購入した魚介類を、料理人がその場で料理するというサービスもあります。新鮮なものをプロの腕で堪能できるのでオススメ!

そして、三井ガーデンホテル等、一部提携ホテルでは、北のグルメ亭で使えるお食事券を朝食券と引き換えに受け取れ、朝食がわりに海鮮丼を堪能することも可能です。

おわりに

北海道最大の札幌の中心から気軽にバスで行ける北のグルメ。北海道中の新鮮な魚介類を気軽に堪能できるのが何よりも魅力です。

朝の早い時間からやっている為、少し早起きをすれば、北のグルメ来訪後もたっぷりと札幌を堪能することができます。北海道旅行の際、札幌近辺を計画しているなら、ぜひ立ち寄りたい場所でしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -