南仏の絶景とアートの香りに包まれた天空の村「ゴルド」の楽しみ方

| フランス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

南仏の絶景とアートの香りに包まれた天空の村「ゴルド」の楽しみ方

南仏の絶景とアートの香りに包まれた天空の村「ゴルド」の楽しみ方

更新日:2016/03/15 13:06

作家ピーター・メイルの「プロヴァンス」シリーズの舞台となった、南仏プロバンスのリュベロン地方は可愛い村の宝庫で、中でもゴルドは日本人にも大人気の村です!ちょっとアクセスしづらいのが難点ではありますが、簡単に行けないところが、この村の景観を壊さず美しさが保たれている所以なのかもしれません。そんなゴルドの楽しみ方をご紹介したいと思います♪きっと苦労してでも訪ねてみたくなること間違いなしですよ。

細い石畳の路地を彷徨ってこそゴルドが味わえる

細い石畳の路地を彷徨ってこそゴルドが味わえる
地図を見る

村全体がアートのような美しい佇まいのゴルドは、細い路地が気になったらどんどん迷い込んでみて下さい!ひょっこりと可愛いカフェやお土産屋さん、そしてギャラリーに出くわしますよ。ギャラリーが多い土地はインスピレーションが湧く、それだけ魅力的なところと言うことですね。

素敵なレストランで映画の主人公になってみる?

素敵なレストランで映画の主人公になってみる?
地図を見る

エグリーゼ通りの角にある素敵なレストランは、映画『プロヴァンスの贈り物』の舞台にもなったお店です。プロヴァンスに葡萄農園を所有している映画監督のリドリー・スコットが、友人の作家ピーター・メイルにある噂話をしました。その話を元にピーター・メイルが小説を執筆、スコットが映画化したのです。
ゴルドを訪れる前に是非映画をご覧になって、そしてここでランチをしてみてはいかがでしょう?まるで映画の主人公になったように、きっと感動もひとしおだと思います。

計算し尽くされた自然美に圧倒される村歩き

計算し尽くされた自然美に圧倒される村歩き
地図を見る

丘の上にそびえる天守と、それを取り囲む美しいはちみつ色の家々と城壁が特徴のゴルド。村を歩いていると、自然の計算された美しさとでも言うような絶景がところどころから顔を出します。自然と人間が見事に共存する美しい村であることが実感出来ますね。村はほとんどが石畳の坂道なので、歩きやすい靴で行かれることをお薦めします。

吸い込まれるような絶景を堪能しよう♪

吸い込まれるような絶景を堪能しよう♪
地図を見る

ポルテ・ド・サヴォワ通りからサン・フィルマン教会の裏に回ってみましょう。ふっと視界が開け、眼下に緑の絨毯を敷き詰めたような広大なリュベロンの谷が目に飛び込んできます。思わず深呼吸したくなるような絶景!!絶景を堪能した後は、18世紀に建設された可愛らしい教会を見学するのもお忘れなく。教会内はプロヴァンスの空のような美しい水色をしています♪

ゴルドの魔法にかかる!村の全景を見るのは必須

ゴルドの魔法にかかる!村の全景を見るのは必須
地図を見る

ゴルドの魅力は村歩きだけではありません。何より村の外から全景を見なければゴルドへ来たとは言えないのです!!階段状の斜面に石造りの家々が密集し、蜂蜜色の城壁が連なるその村の姿は、見た目のインパクトではリュベロンの村の中でもNo.1と言えるでしょう。「フランスの最も美しい村」に認定されたことがわかるような気がしますね。

カヴァイヨン道路がゴモー通りとぶつかる辺りに駐車場があります。そこから見るのがポイントですが、断崖絶壁になっていて柵などはないので気を付けて撮影しましょう。

火曜日に当たったらラッキー♪

火曜日の午前中はマルシェが開催されています。南仏の太陽をいっぱい浴びたカラフルな野菜や果物から雑貨類に至るまで、買う買わないは別にして、見て歩くだけでも楽しいマルシェです。言葉がわからなくても笑顔でボンジュールと挨拶してみて下さい♪きっと旅の思い出に何か買ってみたくなりますよ!

また、アクセスには車がお薦めですが、レンタカーはなかなかハードルが高いと思います。各地からバスも出ていますが、限りなく本数が少ないので、リュベロンの村を回るツアーを利用するのがベターです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ