ポルトヨーロッパ入園料が無料に!和歌山マリーナシティの楽しみ方

| 和歌山県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ポルトヨーロッパ入園料が無料に!和歌山マリーナシティの楽しみ方

ポルトヨーロッパ入園料が無料に!和歌山マリーナシティの楽しみ方

更新日:2017/10/02 18:46

みぃのプロフィール写真 みぃ 実泊ホテルライター、トラベルライター

2016年3月19日、和歌山マリーナシティにあるポルトヨーロッパの入園料がとうとう無料になります。これまでは和歌山マリーナシティに行っても黒潮市場の見学だけで終わっていたファミリーも、これからは予算を気にすることなく楽しめますね。
遊びの幅が広がった和歌山マリーナシティの、ポルトヨーロッパ、黒潮市場、紀州黒潮温泉をご紹介します。

とうとう無料に!ポルトヨーロッパ

とうとう無料に!ポルトヨーロッパ

写真:みぃ

地図を見る

ポルトヨーロッパは和歌山マリーナシティにある、ヨーロッパの美しい街並みが目を惹くテーマパーク。パーク内にはフランスの町並みやイタリアの港町、スペインの古城など、ちょっとしたヨーロッパ気分を味わえる造りになっています。
もちろんアトラクションも。落差22mの激流をまっさかさまに滑り落ちるウォーターライドや、遊園地ゾーンもあり、ちびっこにも大人気!

このポルトヨーロッパ、これまでは入園するのにも料金が必要だったのですが、2016年3月19日からは入園料が無料になります。これで、お母さんもお財布を気にせず子供を遊ばせることができるようになります。和歌山マリーナシティでの遊びの選択肢が広がりますね。

【ポルトヨーロッパ 基本情報】
住所:和歌山県和歌山市毛見1527 和歌山マリーナシティ内
電話:0570-064-358

紀州黒潮温泉

紀州黒潮温泉

写真:みぃ

地図を見る

ポルトヨーロッパでファミリーで楽しむのもいいですが、平日お仕事でお疲れのお父さんには、すぐ近くの紀州黒潮温泉で日帰り入浴もあります。ポルトヨーロッパのゲートから徒歩2分ほどの場所にありますので、お子さんとお母さんが遊んでいる間に一風呂いかがでしょうか。

紀州黒潮温泉のお湯は海底1500mの一億年前の地層から湧き出る塩化物泉で、しっとりぽかぽかになります。露天風呂の目の前には和歌浦が広がり、開放感あふれる眺めが日頃の疲れを癒してくれます。

【紀州黒潮温泉 基本情報】
住所:和歌山県和歌山市毛見1525
電話:073-448-1126

黒潮市場でマグロ解体ショー

黒潮市場でマグロ解体ショー

写真:みぃ

地図を見る

ポルトヨーロッパで遊び倒し、温泉で日頃の疲れを癒したら、次は黒潮市場。こちらではマグロ解体ショーが場内入口付近で毎日行われており、国内だけでなく海外からの観光客にも大人気。解体ショーは一日3回行わます。

解体ショーの他にも、場内には海鮮グルメのお店がズラリと並び、屋外の「海床」では海鮮バーベキューも楽しめます。黒潮市場内には野菜の八百政商店、肉の豊生肉店、海鮮の浜好鮮魚店からなる鶴亀商店街があり、こちらで一通りのバーベキューの具材を購入し、てぶらでバーベキューを楽しむことが可能。海鮮だけではなくお肉もありますので、肉派でも楽しむことができます。

【黒潮市場 基本情報】
住所:和歌山県和歌山市毛見1527
電話:073-448-0008

宿泊するなら和歌山マリーナシティホテル

宿泊するなら和歌山マリーナシティホテル

写真:みぃ

地図を見る

せっかく入場無料になったポルトヨーロッパと和歌山マリーナシティを楽しむなら、宿泊してゆっくりしたいですよね。和歌山マリーナシティには「和歌山マリーナシティホテル」があり、こちらでは毎朝朝食会場でマグロ解体ショーが行われています。黒潮市場のマグロ解体ショーが混雑していてゆっくり見ることができなかった人も、こちらなら目の前でじっくりと楽しめます。
解体されたマグロの切り身は「寿司」になって朝食に並びます、もちろん食べ放題ですよ!

【和歌山マリーナシティホテル 基本情報】
住所:和歌山県和歌山市毛見1517
電話:073-448-1111

泊まって楽しむ和歌山マリーナシティ

これまでは日帰り観光が主流だった和歌山マリーナシティですが、ポルトヨーロッパの入園が無料になることで、「じゃあ泊まりで行く?」という選択肢も考えられるようになりますね。
和歌山マリーナシティは夕日が美しいので、是非夕刻には夕日を楽しんで、夜は紀州黒潮温泉でのんびり温泉につかり、翌朝は和歌山マリーナシティで解体されたばかりのマグロをお楽しみください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/11−2016/03/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ