夢の洞窟ホテル!カッパドキア「トラベラーズケーブホテル」で好条件の洞窟ステイ

| トルコ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

夢の洞窟ホテル!カッパドキア「トラベラーズケーブホテル」で好条件の洞窟ステイ

夢の洞窟ホテル!カッパドキア「トラベラーズケーブホテル」で好条件の洞窟ステイ

更新日:2016/03/18 17:44

Ai Moのプロフィール写真 Ai Mo 元客室乗務員

世界遺産にも登録されている、カッパドキア岩窟群。想像をはるかに超えた類まれな自然の驚異です。

カッパドキアで必ず取り入れたいのが、「洞窟ホテル」ステイ。奇岩に掘られた昔の住居を客室としており、岩窟群の中に迷い込んだような気分で滞在ができるホテルです。数ある洞窟ホテルの中でも、立地、価格、品質…旅行者が求める全ての条件を満たしてくれる「トラベラーズケーブホテル」を紹介します。

群を抜く世界遺産、圧倒のカッパドキア

群を抜く世界遺産、圧倒のカッパドキア

写真:Ai Mo

地図を見る

トルコ中央部に位置するカッパドキアの奇岩群は、「ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群」として、ユネスコ世界遺産に登録されています。想像を絶する長い年月をかけて自然が作り出した、見渡す限りに続く岩肌、ニョキニョキと生える奇岩群。この世のものとは思えない現実離れした光景が訪れる人々を圧倒します。その迫力は、ここが世界の中心なのではないか、という錯覚に囚われてしまうほど。

キリスト教徒達が隠れて暮らしたという地下都市探索や、夕焼けに染まるローズヴァレー、カッパドキアの全貌を上から見下ろす気球遊覧など、カッパドキアの見どころは尽きることがありません。

死ぬまでに泊まりたい!カッパドキアでの滞在は洞窟ホテルで決まり

死ぬまでに泊まりたい!カッパドキアでの滞在は洞窟ホテルで決まり

写真:Ai Mo

地図を見る

一生に一度は泊まってみたいのが、かつての洞窟住居を利用した「洞窟ホテル」です。街のあちこちに点在するホテルは、岩に囲まれた街と一体化し、何処から何処までがホテルなのか分からないほど。

カッパドキアに来たからには、是非洞窟ホテルを体験しましょう。その数は年々増え続け、高級ホテルもオープンしています。世界でも類を見ない異国情緒溢れる洞窟ホテル滞在は、貴重な体験となること間違いありません。

リーズナブルで立地も最高!「トラベラーズケーブホテル」

リーズナブルで立地も最高!「トラベラーズケーブホテル」

写真:Ai Mo

地図を見る

数ある洞窟ホテルの中でも、手頃な値段で、満足度の高い滞在が出来ると人気上昇中のホテルが、「トラベラーズケーブホテル(Traveller’s Cave Hotel)」です。

お勧めポイントは、何と言ってもホテルからの景色。坂道を登りきった高台に位置し、奇岩群を上から見下ろすことが出来ます。天気の良い朝にはカッパドキアの空に無数に遊覧する気球を眺めることも出来ます。

旅行者のニーズに適った好条件を揃えながら、手頃な価格で滞在できるのもこのホテルの魅力。時期にもよりますが、他のホテルとは比べものにならないほどリーズナブルな価格に驚かされます。

ロマンチックな客室でメルヘンステイ

ロマンチックな客室でメルヘンステイ

写真:Ai Mo

地図を見る

岩で造られた洞窟ホテル、部屋の中はどうなっているのか気になりますよね。

ドアを開けた瞬間、そのファンシーな内観に驚かされるでしょう。部屋には暖炉や、可愛らしいベッドが設えられ、岩の冷たさは全く感じない暖かな部屋の造りになっています。シャワーや乾燥設備なども整っており、快適な滞在を楽しむことが出来ます。トラベラーズケーブホテルは、庭やテラス席も設けられており、ゆっくりと旅の疲れを癒すことが出来ます。

朝から晩まで!トルコの名物料理三昧

ホテルでの朝食は滞在の楽しみのひとつです。「トラベラーズケーブホテル」では朝食やランチ、夕食まで利用できるレストランも併設されています。朝食はシンプルですが、日本ではあまり見ることのないのない果物に目を引かれます。丸々置かれたトルコ名物の甘酸っぱいザクロでビタミン補給もバッチリ!

「トラベラーズケーブホテル」に泊まれば、異国情緒あふれるカッパドキアでの滞在をより思い出深く、彩りのあるものと演出してくれるでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ