美食と温泉を堪能!箱根観光にも便利な「ホテルグリーンプラザ強羅」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

美食と温泉を堪能!箱根観光にも便利な「ホテルグリーンプラザ強羅」

美食と温泉を堪能!箱根観光にも便利な「ホテルグリーンプラザ強羅」

更新日:2017/09/04 08:56

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

箱根・強羅地区の閑静なエリアにたたずむ美食と温泉の宿、それがホテルグリーンプラザ強羅です。和のモダンを感じられる館内に効能豊かな強羅温泉、そして、こだわりの料理がこのホテルの自慢。
強羅地区は比較的静かで、大人の雰囲気を持つエリアです。アートめぐりなど、箱根観光を楽しむには最適な立地のホテル。そんな「ホテルグリーンプラザ強羅」で過ごす休日をご案内します!

和風会席料理が自慢!グレードアップの別注料理もオススメ

和風会席料理が自慢!グレードアップの別注料理もオススメ

写真:下川 尚子

地図を見る

ホテルグリーンプラザ強羅のこだわりは「食事」。料理に惹かれてリピーターになる方も多いのだそう。

スタンダードな会席料理は素材からこだわったメニューで、一品一品丁寧に作られています。季節を感じられる料理はボリュームもたっぷりで、食通の方もきっと満足できるはず!

通常の会席料理に加えて、別注料理も揃っています。別注料理のメニューは、お刺身の盛り合わせや和牛ステーキ、アワビの踊り焼きなど。写真は、馬刺しの盛り合わせ。自分へのご褒美旅行や記念日など、特別なディナーを楽しみたいときには、ぜひ利用してみてはいかがでしょう。

館内、お部屋はクラシカルな内装が魅力的

館内、お部屋はクラシカルな内装が魅力的

写真:下川 尚子

地図を見る

続いて、お部屋をご紹介します。
お部屋タイプは、和室・洋室・和洋室・特別室の4種類。ゆっくりくつろげる和室から、広々と使える特別室まで揃っていますので、人数や好みに合わせて選びましょう。

ホテルグリーンプラザ強羅は、ちょうど「ホテルと旅館の中間」のようなたたずまい。こちらは「特別室」のベッドルーム。和モダンの趣を持つ、クラシカルな内装が魅力です。

オススメは、意外とリーズナブルな特別室

オススメは、意外とリーズナブルな特別室

写真:下川 尚子

地図を見る

数ある部屋タイプの中でのオススメは、ちょっと意外かもしれませんが「特別室」。こちらが特別室の全景です。

和室、2ベッドルーム、リビングスペース付の広々とした空間。贅沢な気分でゆったりと過ごすことができます。ファミリーやグループでも、広々と利用できるのが嬉しいですね。

プランにもよりますが、ホテルグリーンプラザ強羅の特別室は、一人一万円台から予約可能(一泊二食付き)。和室や和洋室との価格差は3000円〜4000円程度です。特別室というと高価なイメージがありますが、実は比較的リーズナブルに利用できるんですよ。

「美肌の湯」強羅温泉で疲れを癒そう

「美肌の湯」強羅温泉で疲れを癒そう

提供元:ホテルグリーンプラザ強羅

http://www.hgp.co.jp/inf/Z15/hgp/

箱根といえば温泉。もちろん、ホテルグリーンプラザ強羅でも、温泉をたっぷり楽しむことができます。

こちらの温泉は、強羅温泉。箱根十七湯のひとつに数えられ、弱アルカリ性でメタケイ酸を多く含む「美肌の湯」として知られています。

温泉は男女入れ替え制となっています。チェックイン日とチェックアウト日で利用できるお風呂が異なりますので、ぜひ両方のお風呂をお楽しみください。

朝食は和洋バイキング

朝食は和洋バイキング

写真:下川 尚子

地図を見る

お料理自慢の宿だけあって、朝食も充実の内容。ツヤツヤのごはんに、和食を中心としたおかずの数々を、バイキング形式でいただけます。

朝はパン派、という方も安心。洋食のおかずやパンも並んでいますので、お好みでチョイスできます。朝からしっかり食べて、元気よく観光に出発しましょう!

箱根・強羅観光に便利な立地が嬉しい

箱根・強羅地区に位置するホテルグリーンプラザ強羅。周辺には、強羅公園や箱根彫刻の森美術館、箱根小涌園ユネッサンなど、観光で立ち寄りたいスポットも多くあります。

美食と温泉を楽しみ、日中は観光を楽しむ。大満足の箱根旅行がかなう宿です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/05−2016/03/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ