浮世絵檜風呂がさすがのレトロ感!愛媛・道後の宿 葛城

| 愛媛県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

浮世絵檜風呂がさすがのレトロ感!愛媛・道後の宿 葛城

浮世絵檜風呂がさすがのレトロ感!愛媛・道後の宿 葛城

更新日:2016/03/18 18:13

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

3000年の歴史を誇る日本最古の道後温泉。千と千尋の神隠しの油屋のモデルとなった風格のある外観、道後温泉本館は、レトロな雰囲気が歴史を感じさせてくれます。
その道後温泉の真裏にあるのが「道後の宿 葛城」。本館まで徒歩数分というアクセス至便な立地、和のしつらいが落ち着く館内、浮世絵檜風呂や岩風呂など趣向をこらした温泉が魅力のホテルです。

趣向をこらした多彩なお風呂

趣向をこらした多彩なお風呂

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

3000年の歴史を誇る道後温泉は、昔も今も変わらず豊富な湯量を誇る名湯。120年を超える木造建築が重厚感あふれる道後温泉本館は、浴槽や休憩場所も昔の趣を伝え、一度は浸かってみたい温泉です。ただ、有名な温泉のため、平日でも人でいっぱい。ゆっくり温泉に浸かりたいと思ったら、ホテルの温泉で楽しみましょう。

道後の宿 葛城は、趣向を凝らした多彩なお風呂が自慢のホテル。白鷺の湯には、江戸風の浮世絵檜風呂や岩風呂があり、大師の湯には、露天風陶器風呂などがあり、趣あふれるしつらえになっています。広々として開放的な空間もゆっくりできるポイントです。

一般的なシャンプー・リンスのほか、資生堂やポーラといった有名ブランドのシャンプーも備え付けとなっており、女子にはうれしいサービスです。

落ち着いた和のしつらえ

落ち着いた和のしつらえ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

部屋は8畳〜15畳まであり、人数によって選ぶことができます。部屋に入ると、落ち着いた和のしつらえにほっこり。十分な広さがあるので、畳の上で、窓際でゆっくりと過ごすことができます。

テーブルには、愛媛の定番土産、一六タルトなどのちょっとしたお菓子が置いてあるので、宿についたらまずはお茶を飲みながらゆっくりしましょう。

女性の宿泊者には基礎化粧品入りのアメニティーセットも。さらに、フロントでは色浴衣のレンタルサービスもあるので、かわいい浴衣を着て、道後温泉を散歩したい人は、フロントで借りてみては?

愛媛といったら鯛!

愛媛といったら鯛!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

愛媛といえば鯛!3月〜4月に宿泊する予定の人は、身がぷりぷりの桜鯛を食べることができます。じっくり煮込まれた鯛の兜煮は、お酒にもご飯にもよくあう濃い味付け。

また、釜飯は鯛、たこ、アナゴから選ぶことができますが、やっぱりここでも鯛めしがおススメ!食事スタート時に火を入れ、約30分後に炊き上がり。出来立てほやほやの鯛めしはさっぱりとした後味が食後にぴったりです。

刺身にももちろん、鯛が入っているので存分に鯛を楽しむことができる夕食です。食後のみかんゼリーもさっぱりとしておいしいですよ。

日本で唯一!館内に金毘羅神社

日本で唯一!館内に金毘羅神社

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ホテルのロビー横には、なんと金毘羅神社があります。昭和62年7月吉日、讃岐金毘羅宮より、御霊を正還申し上げ、お祀りしている正真正銘の金毘羅神社。宿泊した際には、ぜひお参りしてみてください。

足湯でほっこり

足湯でほっこり

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

入口すぐのところでは、足湯をすることができます。到着後、まずはここでゆっくり足の疲れをいやしてはいかがでしょうか。

また、湯のまち道後のおもてなしの一貫として、各ホテルで無料の足湯・手湯めぐりをすることができます。浴衣をきてさまざまなホテルの足湯めぐりをするのも道後温泉の楽しみの一つです。

道後三湯めぐりはホテル 花ゆづきの露天風呂も入れる

道後の宿 葛城の温泉も広く、素晴らしいお湯を堪能できますが、やはり道後本館やほかのホテルのお湯も堪能してみたいと思いませんか。そんなときのおススメが道後3湯巡りプラン!

道後温泉本館の入浴券のほか、隣のホテル花ゆづきの展望露天風呂にも入れるお得プラン。ホテル最上階にある露天風呂は湯けむりに包まれて、夜空を楽しむことができる天空の湯です。道後の宿 葛城からは1階でつながっているので、外に出ることなくお湯めぐりができます。

天下の名湯道後温泉を存分に楽しめるプランで、日ごろの疲れを癒してくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ