沖縄の光と風を感じるリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄の光と風を感じるリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」

沖縄の光と風を感じるリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」

更新日:2016/06/07 13:53

中島 和彦のプロフィール写真 中島 和彦 元旅行会社勤務、旅行ブロガー、父娘旅行伝道師

2000年に開催された沖縄サミットで、万国津梁館とともにメイン会場として日本のおもてなしを世界中に示めしたのが、今回ご紹介する「ザ・ブセナテラス」です。
このホテルは、海外の高級リゾートホテルでよく見かける上質なサービスをいち早く取り入れ、従来のホテルとは違うワンランク上の滞在を楽しめる、日本が世界に誇る国際級の高級リゾートホテルです。

まるで海外の高級リゾートにきたような雰囲気

まるで海外の高級リゾートにきたような雰囲気

写真:中島 和彦

地図を見る

那覇空港から沖縄自動車を利用して75分、沖縄本島北部の名護市にある「ザ・ブセナテラス」は部瀬名岬全体を利用して作られたリゾートホテルです。そのコンセプトは「自然との調和、自然への回帰」。光と風を取り込んだオープンエアの館内では、沖縄の素晴らしい自然を感じることができます。

また、日本を代表するリゾートホテルとしてサービスも一流。車でのホテル到着時はスタッフが車を預かるバレーパーキングによりスムーズに館内へ、駐車場に行く手間がありません。また、ゲストが快適に滞在できるように、24時間体制のバトラーサービスによるサポートを受けることができます。

開放的なロビーはホテルを象徴する空間

開放的なロビーはホテルを象徴する空間

写真:中島 和彦

地図を見る

ホテル到着後、ロビーに一歩足を踏み入れると、このホテルのコンセプトをすぐに感じることができます。天井が高く広々としたロビーは開放的なうえ、オープエアになっているので常に優しく風が吹き抜け、光がさしこむ南国らしい雰囲気に満ちています。初めて来た人はその開放感に圧倒され、リピーターの人はその開放的な雰囲気に「またここへ帰ってきた」と感じることでしょう。まさにこのホテルを象徴する空間です。

ところで、海外の高級ホテルに何度か滞在すると、「Welcome back 〜お帰りなさい」という言葉をホテル到着時に言われることがあります。ここ「ザ・ブセナテラス」でもロビーに座ってチェックインをする際、フロントのスタッフが「お帰りなさいませ」と言って温かく迎えてくれます。こんなところがこのホテルを一層魅力的なものにしています。

シンプル&ナチュラルな客室は開放感いっぱい

シンプル&ナチュラルな客室は開放感いっぱい

写真:中島 和彦

地図を見る

410室ある客室の大半はオーシャンビューで、客室タイプも10種類を超えています。その客室は白とベージュを基調としたシンプル&ナチュラルなイメージ、高い天井ではシーリングファンが回り南国気分にも満ちています。スタンダードな客室でも36平米以上あるので開放感を感じ快適な滞在を約束してくれます。

また、専用ラウンジの利用などワンランク上のサービスが提供されるクラブフロアや、一層のプライバシーに配慮され一部客室にはプライベートプールまでついたクラブコテージなどもあり、選択の幅が広いところも魅力です。子供を連れた家族旅行から記念の夫婦旅行まであらゆるニーズに対応しています。

※画像はデラックスナチュラルオーシャンビューのものです。

青い海と空、輝く太陽を感じる南国での特別な時間

青い海と空、輝く太陽を感じる南国での特別な時間

写真:中島 和彦

地図を見る

客室の大半がオーシャンビューの「ザ・ブセナテラス」。予約をする際はやはりオーシャンビューの客室を選ぶことをおすすめします。外の景色を楽しむのに適したシンプル&ナチュラルな客室から眺める沖縄の青い海は、まるで一枚の絵画を見ているような素晴らしさがあります。

さらにテーブル&チェアが用意されているテラスに出てみると、南国らしく光り輝く太陽や、南国の草花や目の前の海の香りをのせて吹き抜けていく風に、沖縄の自然を感じることでしょう。ここでは、ぼーっと海を見て過ごしたり、東シナ海に沈む夕日を眺めたりと沖縄らしい特別な時間を過ごしてみるのもおすすめです。

※画像はデラックスナチュラル オーシャンビューの部屋からの眺めです。

昼間は子供の喜ぶ声が聞こえ、夕暮れは大人の雰囲気になるプール

昼間は子供の喜ぶ声が聞こえ、夕暮れは大人の雰囲気になるプール

写真:中島 和彦

地図を見る

上段と下段に分かれた屋外プールはどちらも広々としています。上段のプールは並んでいるデッキチェアにのんびりと横になって過ごしたくなるような落ち着いた雰囲気に対して、下段のプールでは滝が流れたり、ウォータースライダーがあったりと、子供が大喜びし元気に遊ぶ姿が多く見られます。

また、上段のプールサイドではプールの営業が終わった夕方に素晴らしいショーが開幕します。ホテル開業当時から評判になっているサックスの生演奏が行われ、昼間の喧騒とは一味も二味も違った大人のリゾートを感じさせてくれます。

また、海やプールで遊ぶことを目的にしている人にとって気になるのが雨が降って遊ぶことができないことですが、下段のプールの近くには屋内プールがあるので、天気を気にすることなく一年中楽しむことができます。

いかがでしたか?ザ・ブセナテラス

この他にも「ザ・ブセナテラス」には10軒を超えるレストラン・バー、7軒のショップ、スパ・サウナ、ジム、ライブラリーなどの施設が整っており、サービスのクオリティともども海外の高級リゾートホテルと十分肩を並べられるリゾートホテルです。今度の旅行の行先は、海外ではなく沖縄にして「ザ・ブセナテラス」でワンランク上の滞在を楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/28−2016/03/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ