奇跡のエメラルドGreen!タイの無人島「ピピ・レイ」のローサマベイ

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

奇跡のエメラルドGreen!タイの無人島「ピピ・レイ」のローサマベイ

奇跡のエメラルドGreen!タイの無人島「ピピ・レイ」のローサマベイ

更新日:2016/03/20 19:45

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

米国俳優レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』の舞台となったタイの無人島「ピピ・レイ」。奇岩に囲まれたマヤベイ(マヤ湾)でロケが行われましたが、この反対側に神秘的な入り江があるのをご存知でしょうか?断崖絶壁の奇岩に深く切り込んだローサマベイ。エメラルドグリーンの海は言葉を失うほど美しく、絶好のシュノーケリング・ダイビングスポット。透き通るエメラルドGreenの海へとご案内しましょう。

神秘的な緑色の光を放つ入り江

神秘的な緑色の光を放つ入り江

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

“夢の楽園”と呼ばれる秘島「ピピ・レイ島」。断崖絶壁の奇岩に囲まれた入り江は、人の手が入らない自然のまま残された絶景のビーチです。

一番人気のあるビーチが、映画『ザ・ビーチ』のロケが行われたマヤベイ。アンダマン海の青さが目に沁みる美しいビーチです。遠浅のため、浜辺でのんびり過ごすには最適。

しかし、水深が浅く、本格的なシュノーケリング・ダイビングを楽しむには不向き。そこでおススメが、マヤベイと正反対に位置する写真のローサマベイです。

いかがでしょうか?透き通った水底に沈むエメラルドの原石のように深い緑色の光を放っています。

美しい熱帯魚たちとの出会い!

美しい熱帯魚たちとの出会い!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ローサマベイの魅力は、おびただしい数の美しい熱帯魚と出会えること。水族館の水槽を覗き込むように、熱帯魚の姿をはっきり見ることができるほど透明度は抜群!そこは、まさしく海の楽園です。

断崖絶壁が取り囲む秘境のローサマベイ

断崖絶壁が取り囲む秘境のローサマベイ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ローサマベイは、マヤベイと違って、白い砂浜のビーチがありません。人の侵入を阻むように断崖絶壁が峡谷のように取り囲み、無人島にふさわしい秘境の入り江です。

マヤベイから歩いてアクセスすることもできますが、ほとんどはボートからのアクセス。プーケットやクラビからのフェリーの発着場がある母島の「ピピ・ドン島」から日帰りのツアーが出ているので、これを利用するのがおススメです。

おとぎの国の世界へと回遊

おとぎの国の世界へと回遊

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

透き通るエメラルドグリーンの海を気持ちよさそうに回遊する熱帯魚。その姿は幻想的なほどに美しく、おとぎの世界に紛れ込んだかのよう。

シュノーケリングの装備は持ち込み可能ですが、マスクを貸してくれるので、ツアーの申し込みの際に問い合わせてみると良いでしょう。

空を飛んでいるかのような開放感!

空を飛んでいるかのような開放感!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

きらめくエメラルドグリーンの海を遊泳していると、まるで空を飛んでいるかのような開放感があり、とても楽しい。

ローサマベイに回遊する熱帯魚はまったく人を恐れず、近づいてきて口をパクパクさせるので可愛い。忘れられない素敵な旅の想い出になります。

おわりに

無人島の「ピピ・レイ島」の東側にあるのがマヤベイ。一方、南側にあるのがローサマベイ。ふたつのベイは数百メートルほど離れているだけで、しかも平らな砂地を行き来するだけ。マヤベイが混んでいたら、反対側のローサマベイで本格的なシュノーケリングを楽しむのもおススメです。

なお、ピピ島全体の概要については別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ