春から秋の限定! ワイルドな露天風呂が素晴らしい秋田県八幡平の秘湯「ふけの湯」

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

春から秋の限定! ワイルドな露天風呂が素晴らしい秋田県八幡平の秘湯「ふけの湯」

春から秋の限定! ワイルドな露天風呂が素晴らしい秋田県八幡平の秘湯「ふけの湯」

更新日:2015/04/03 11:13

しののプロフィール写真 しの 旅する調理師

八幡平には豊富な温泉が湧き、秘湯ムード漂う一軒宿がぽつんぽつんと点在しています。
その中でも最も古くに開湯したと言われるのが「ふけの湯」です。
こちらの特色は泉質の素晴らしさ、また敷地内にある開放的な露天風呂にあり、温泉マニアの方々から一般の方々まで魅了してやみません。
冬季は閉鎖されるので、それ以外のシーズンにレッツゴー!!!

敷地内にある野趣あふれる露天風呂

敷地内にある野趣あふれる露天風呂

写真:しの

地図を見る

建物と駐車場を挟んで反対側の広々とした敷地に「熊の湯」と呼ばれる男女別の露天風呂と混浴の露天風呂があります。
いずれもそれぞれの小屋(脱衣所)がぽんっとあり、まさに「野天風呂」と言った風貌です。
むき出しの岩肌、あちらこちらで湯煙りも立ち上っていました。

まさに源泉かけ流し!

まさに源泉かけ流し!

写真:しの

地図を見る

それぞれの小屋(脱衣場)は簡素な造りで、脱いだら棚に乗せて終わり。
洗い場等は勿論なく、洗い桶があるので体の汚れを落としたらいざ入浴!です。
源泉がどくどくと浴槽に流れてきてまさに「かけ流し」の温泉です。
源泉が79.8℃なので少し加水していますが、濃い温泉なので十分にその素晴らしさを堪能できます。
色は微乳白色透明でややグレー、臭いは硫化水素臭の単純泉。弱酸性のお湯で肌感はしっとり系です。
すぐそこから煙があがるのが見えるお風呂です。

ふけの湯名物?混浴露天風呂

ふけの湯名物?混浴露天風呂

写真:しの

地図を見る

ふけの湯では混浴の露天風呂があり、男女別の露天風呂より立地そのものも敷地の中心にあって、かなり丸見え状態。ワイルドです!
脱衣場は男女別なので女性も少し安心ですね!
浴槽は2つあって、温度が若干異なっていました。
ただし自然のものなのでその日によって温度は異なるようです。
また、八幡平一体は地熱の高いエリアであり、ここふけの湯にも地熱を利用したオンドル小屋があります。
フロントでゴザを借りて地熱浴を体験することもできるので是非チャレンジしてみて下さい。
じんわり体の芯から温まってきますよ。
(オンドル:主に朝鮮半島で普及している床下暖房)

子宝の湯として有名な内湯「岩の湯」

子宝の湯として有名な内湯「岩の湯」

写真:しの

地図を見る

ふけの湯は上記露天風呂が有名なのですが、内湯(岩の湯)もあり、とても素晴らしいのでお勧めです。
また、囲いも勿論あるのでワイルドな露天風呂に入る勇気が出ない方にとってはちょっとほっとするかも?!
また、こういった源泉かけ流しの(特に露天風呂)の一部の温泉ではシャンプー、石鹸等一切禁止の所があります。実際ふけの湯でも露天風呂はそうなのですが、内風呂ではシャンプー、ボディーソープなども常備されており、体や頭を洗いたい方は内湯にて利用できますよ。

こちらは弱酸性泉で酸味があり、わずかに硫化水素臭のするお湯です。
色はうっすらとグレーがかったお湯で、細かい湯の花が底に沈殿しておりました。
なるほど、体の温まるお湯です。
ふけの湯の浴槽は全てヒバ造り。素朴ながら自然の恵みを体感できますよ。

ふけの湯へのアクセスについて

ふけの湯へのアクセスについて

写真:しの

地図を見る

「秘湯」というだけあって便利とは言いがたい場所にあるのは事実です。
しかしそれでもなお人気が高くこちらに来る方は絶えません。
バスを利用して、この辺りの温泉を回る方もいれば、レンタカーや自家用車で来る方もいますが、バスは本数も決して多くないので時間のない方には車でのアクセスが便利です。
また、冬期(11月上旬〜4月中旬)は、降雪の為道路閉鎖されますのでアクセス不可となっております。
■住所: 秋田県鹿角市八幡平熊沢ふけのゆ温泉
■電話番号:0186-31-2131
■公共交通機関でのアクセス: 秋田新幹線田沢湖駅より八幡平頂上行きバス約2時間 
■車でのアクセス:東北自動車道鹿角八幡平ICより約45分又は東北自動車道松尾八幡平ICから八幡平山頂経由約65分
■料金:日帰り入浴500円 、オンドルを利用される方は追加300円です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ