「宮古島」の見どころ5選!海の美しさが忘れられない旅となる

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「宮古島」の見どころ5選!海の美しさが忘れられない旅となる

「宮古島」の見どころ5選!海の美しさが忘れられない旅となる

更新日:2016/04/24 16:41

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 写真家、旅ライター

宮古島は沖縄観光の中で、とても人気がある離島です。沖縄本島からは南西に約290km離れた場所にあり、様々な見どころと美しい海がリピーターを続出させています。今回は島を反時計回りに一周し、橋の上からの眺め、自然環境と融和した公園、岬や美しきビーチまでを5つ選び、ご紹介します。

来間大橋からの眺め

来間大橋からの眺め

写真:大里 康正

地図を見る

最初に紹介するのは「来間大橋」です。全長1650mの来間大橋は宮古島と来間島を結び、1955年に開通しています。コバルトブルーの美しき海を見渡すことが出来る景観は見事です。この近くに与那覇前浜が広がり、白浜が約7km続きますのでこちらも見逃さないようにしましょう。

インギャーマリンガーデン

インギャーマリンガーデン

写真:大里 康正

地図を見る

続いて紹介する「インギャーマリンガーデン」は島の南部に位置し、自然の造形を利用した見事な公園です。内海には穏やかな景色が広がり、透き通った海と白い砂浜で、時間を忘れてしまうことでしょう。

東平安名崎とマムヤの墓

東平安名崎とマムヤの墓

写真:大里 康正

地図を見る

三番目に紹介する東平安名崎は、日本百景にも選ばれている名勝地。ここでは駐車場から少し歩き、東平安名崎灯台まで行くことが出来ます。昭和42年に稼働した灯台は、高さが25mで、上に登り観光することが出来ます。この辺りは強い風が吹いていることが多いので、安全には注意をしましょう。

灯台の手前にある大きな岩がマムヤの墓と呼ばれる場所で、悲しい恋の物語が伝わっています。絶世の美女であったマムヤに恋をした野城按司には妻子がありました。しかしそれを知らずにマムヤは恋中となります。やがて野城按司は妻子の元に戻ることにしましたが、騙され、裏切られたと知ったマムヤはこの崖から身を投げたというのです。いつの頃からかこの岩が、マムヤの墓として伝わるようになりました。

新城海岸は道を下った先に広がる美しい場所

新城海岸は道を下った先に広がる美しい場所

写真:大里 康正

地図を見る

東平安名崎から遠くない場所にあるのが「新城海岸」です。少し長めの道路を下って行くと新城海岸に出ることが出来ます。ここは宮古島の中でも人気のある海岸で、シーズンになると10万人が訪れると言われます。

濃い緑と白い砂浜、その先に広がるコバルトブルーの海は美しいとしか言いようがありません。遠浅の海は色とりどりの魚たちの宝庫で、シュノーケリング等でも人気があります。

海に潜り、魚たちの世界を覗いてみるのはいかがでしょうか。

砂山

砂山

写真:大里 康正

地図を見る

最後に紹介するのは「砂山」です。駐車場から少し歩き、砂の山を下って行くとそこにある海岸。砂浜の距離は短く決して大きな場所では無いのですが、ビーチの左手に見える岩の洞窟が象徴的であり、宮古島の中でも独特の景観を持っています。

最後に

宮古島は沖縄の離島の中でも不動の人気を誇っています。今回ご紹介した他にも多くのビーチや見どころがありますので、ぜひとも足を運んでみて下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -