伊豆の最南端で見つけたミステリー?!石廊崎「石室神社」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

伊豆の最南端で見つけたミステリー?!石廊崎「石室神社」

伊豆の最南端で見つけたミステリー?!石廊崎「石室神社」

更新日:2016/03/28 12:18

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

伊豆半島の最南端、南伊豆町石廊崎の岬にある石室神社は、切り立った断崖の中腹の崖に潜り込むようにある奇怪な神社。「船の帆柱の上に社殿が作られた」との伝説が残された謎めく神社で、伊豆七不思議の一つになっています。石廊崎からの伊豆諸島まで見渡せる壮大なパノラマと絶景、岬の先端にある縁結びに御利益があるもう一つの熊野神社、そして、ちょっぴりミステリアスで不思議な「石室(いろう)神社」をご紹介します。

広大な太平洋を望む景勝地!「石廊崎」

広大な太平洋を望む景勝地!「石廊崎」

写真:sachie

地図を見る

いきなりですが、こちらが石廊崎です。ここは、南伊豆町の石廊崎港から続く遊歩道を徒歩で約20分の場所にあります。相模湾と遠州灘を分ける伊豆最南端の岬で、遥か彼方に続く水平線や伊豆諸島を見通せる眺めの良い景勝地です。

今回ご紹介する「石室(いろう)神社」は、そんな美しい絶景とは裏腹に、荒々しい岩肌がそそり立つ高さ60mの切り立つ断崖の中腹にある、変わった神社なんです。神社は、この岬の手前にあるので、早速階段を降りて神社に向かってみましょう!

こんなところに神社がっ!一度見たら忘れない断崖にある社殿

こんなところに神社がっ!一度見たら忘れない断崖にある社殿

写真:sachie

地図を見る

階段を降りると、目の前に神社があります。こちらが「石室神社」で、社殿の屋根に岩が迫り、今にも押しつぶしてしまうかのようなスリリングな光景。岩の間にはめ込まれ、窮屈のようにも感じ、岩と一体になったかのような不思議な作りです。

この神社には、大宝元年(701年)に奉納された棟札が残されており、古くからこの場所にあります。ここに祀られている神は「伊波例命(いわれのみこと)」。以前は「石廊崎権現」とも呼ばれ、学業成就・商売繁盛・海上安全・厄除けの神として、ここで航行する船を見守っています。

断崖の不可思議なところにありますが、実は、神社がある場所が謎ではありません。神社は「帆柱の上に作られている」と云われており、伊豆七不思議の一つになっているんです! では、「何故、帆柱の上にあるの?」と、きっと思われることでしょう。ここには、ある伝説があるんです。

覗いてみて!伝説の帆柱が見られるガラス窓!

覗いてみて!伝説の帆柱が見られるガラス窓!

写真:sachie

地図を見る

諸説あるようですが、江戸時代、千石船がこの沖を航海した時、台風に襲われ波にのまれそうだったところ、「船員達の危険を救ってくれれば、船で一番大切なものを奉納する」と神に約束。無事に波が治まり、江戸まで行くことが出来ました。その帰り、神に奉納するつもりで海に帆柱を流したところ大波が起こり、神社がある現在の岩窟のところへ打ち上げて横たわったと云われています。

そのような伝説がありますが、見た限りでは、本当に帆柱の上にあるかどうか分かりませんよね? ですが、こちらをご覧下さい。これは、神社の売店近くの床です。床の一部がガラス窓になっていて、驚くことに、下にある帆柱を覗けるようになっているんです。

覗いてみると、高さがあるのでスリリングな景色と一緒に横たわる木の柱があって、伝説の帆柱を実際に目で見て確かめることができてしまうんです! 帆柱の素材は檜。約12mの長さがあり「クレーンなどの重機がなかった時代、一体どうやって運んだの?」なんて、疑問に感じてしまい、何ともミステリアスなスポットなので、是非、忘れずにご覧下さいね!!

見逃せない!縁結びに御利益のある、もう一つの神社!

見逃せない!縁結びに御利益のある、もう一つの神社!

写真:sachie

地図を見る

こちらは、変わって熊野神社です。この神社は、先程の石室神社の前に続く遊歩道を真っ直ぐ進むとあり、最初にご紹介した岬にある神社です。その昔「お静」と「幸吉」が幸せになった恋話があり、この神社は、縁結びに御利益があるとされています。恋人達のパワースポットになっていて、海に囲まれた開放的な景色で、ここで祈れば風に乗って願いが届いてしまうかのようです。石室神社で絵馬を買えるので、2人で願いを託してみては如何でしょうか? ちなみに、右奥に見えるのが石室神社で、ここから見ると凄い場所にあることが改めて感じられますよね。

おわりに

石廊崎は歩きやすく、遊歩道が整備されていますが、「隆起海蝕台地」と言われるゴツゴツとした地形。場所によっては、石などが転がっている場合があるので、安全の為、歩きやすい靴で行くことをお勧めします。石廊崎岬は、強風と波が荒い場所なので、帽子やマフラーなどを飛ばされないように注意して下さいね。

絶景と謎めいた伝説が残されている、石廊崎「石室神社」を訪れて、ミステリーを紐解く旅も面白いものですよ。是非、足を運んでみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ