ツーリストボートでめぐる!バンコク・チャオプラヤ川沿いに広がる観光スポット

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ツーリストボートでめぐる!バンコク・チャオプラヤ川沿いに広がる観光スポット

ツーリストボートでめぐる!バンコク・チャオプラヤ川沿いに広がる観光スポット

更新日:2016/04/19 12:38

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

タイの首都バンコクは、もともとチャオプラヤ川を中心に発展を遂げました。そのため、古い街並みや王宮などの歴史的な建物は川沿いに多く見ることができます。
旅行者用の特別船チャオプラヤ・ツーリストボートに乗れば、そんな点在する観光スポットを効率よく移動でき、なおかつクルージングまで楽しめるんです。
ここでは、そんなツーリストボートでめぐることができるバンコクのお勧めのエリアを船着場ごとにご紹介します。

チャオプラヤ・ツーリストボートでバンコク観光&クルージングが楽しめる

チャオプラヤ・ツーリストボートでバンコク観光&クルージングが楽しめる

写真:やま かづ

地図を見る

バンコクを南北に縦断するチャオプラヤ川では、庶民の移動の足となっているチャオプラヤ・エクスプレスボートが運航されています。
ボートの種類は、全ての船着場にとまる“各停”から主要な船着場にしかとまらない“特急”まであり、船に掲げられている旗の色で区別されています。

中でも、青旗の船はチャオプラヤ・ツーリストボートと呼ばれており、主要な観光スポットに近い船着場に停船する旅行者向けのボートとなっています。ワンデイパスを購入すれば1日何回でも乗り降り自由、移動しながらチャオプラヤ川のクルーズも楽しめる一石二鳥の乗り物なんです。

世界各国から旅行者が大終結!カオサン通り

世界各国から旅行者が大終結!カオサン通り

写真:やま かづ

地図を見る

カオサン通りはバックパッカーの聖地と呼ばれています。わずか300メートルほどしかない通り沿いには数多くの安宿、安食堂、露店が軒を連ね、世界各国からバジェットトラベラー(低予算の旅行者)が集まってきます。
カフェで昼からビールをあおるドイツ人、屋台でパッタイに舌鼓を打つカナダ人、そして雑貨屋でTシャツを物色する日本人。バンコク随一のツーリストベルト地帯カオサン通りはとっても無国籍な雰囲気です。

既にホテルが決まっている方にとっては無縁のエリア?いえ、この何とも言えないボーダレスなリゾート感、ぜひ体験してみてください。

最寄りの船着場<N13>プラ・アーチット(Phra Arthit)

バンコク観光のメインエリア!王宮周辺のバンコク旧市街

バンコク観光のメインエリア!王宮周辺のバンコク旧市街

写真:やま かづ

地図を見る

かつて国王が住んでいた王宮(グランドパレス)、エメラルド寺院とも呼ばれているワット・プラケオ、そして横たわっている仏像で有名なワット・ポーなど、バンコクに来たなら必ず訪れるスポットが集まっているエリアが王宮周辺のバンコク旧市街です。
チャオプラヤ川に沿った比較的狭いエリアに見どころがたくさん、しかし狭いといっても炎天下に気軽に歩けるほどの距離ではないので、時間をかけてゆっくりと見て回るのがいいでしょう。

まずは王宮とワット・プラケオを見学、その後ワット・ポーで本家のタイ式マッサージを受けるのがテッパンルートです。

最寄りの船着場<N8>タ・ティアン(Tha Tien)

カラフルな南国の花々を鑑賞!パーク・クローン市場

カラフルな南国の花々を鑑賞!パーク・クローン市場

写真:やま かづ

地図を見る

バンコク最大の生花市場がパーク・クローン市場、別名フラワーマーケットです。
市場ではお供え物の生花が中心に売られており、店内に収まり切らない花々は店頭や通路、時には車道にまで並べられています。残念ながら植物検疫の関係で日本へ買ってかえることはできませんので、南国ならではのカラフルな花たちが店頭をにぎわしているさまをお楽しみください。
なお、日が暮れ始めるころからは衣類や雑貨の屋台も姿をあらわし、フラワーマーケットはナイトマーケットへ変身していきます。

また、パーク・クローン市場につながる船着場はヨッドピマーン・リバーウォークと呼ばれるショッピングモールとなっています。約50店のレストランやカフェがチャオプラヤ川沿いに並んでいますので、テラスでお茶なんていかがですか?

最寄りの船着場<N6/1>パーク・クローン・タラッド(Pak Klong Talad)

ガンガン来る!中華パワーを感じたければヤワラー通り

ガンガン来る!中華パワーを感じたければヤワラー通り

写真:やま かづ

地図を見る

ヤワラー通りを中心に広がっているのがチャイナタウンで、このあたりでは赤地に金文字というおなじみの中華風看板が圧倒的多数を占めています。タイにあって、少しは意味が理解できる漢字のサインボードに妙な安心感がわいてくる人もいるのでは?

ヤワラー通りから脇道に外れても途切れることのない活気あふれる商店街と人波、中華パワーを感じずにはいられません。散策していると幾ら時間があっても足りないので、ほどほどのところで引き返す勇気が必要です。

最寄りの船着場<N5>ラチャウォン(Ratchawongse)

まずは南端から北端まで通して乗船、あとは気ままに南下、最後はアジアティークへ

チャオプラヤ・ツーリストボートは北のプラ・アーチット(Phra Arthit)と南のサトン/セントラル(Sathon/Central)の間を30分ごとに運航しており、通して乗船すると約30分の船旅となります。
また、16時以降に南下するボートはサトンを越えて、さらに南のアミューズメントスポットであるアジアティーク・ザ・リバーフロントまで行きます。ただし、行きのみの運航となりますので、帰りはアジアティークの無料送迎ボートでサトンまで戻ることになります。

<お勧めのルート>
BTSサバーン・タクシン駅下車、南端の船着場サトンでワンデイパスを買い、まずは北端のプラ・アーチットまで一気にチャオプラヤ川のクルージングを楽しみます。あとは途中下船しながら少しずつ南下、最後は16時以降のボートに乗ってアジアティークまで足を延ばします。
水の都バンコクを1日中楽しめること間違いなし、ぜひお試しください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/17−2016/03/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -