GWが一番の見頃!あしかがフラワーパーク・大藤とつつじの絶景コラボ

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

GWが一番の見頃!あしかがフラワーパーク・大藤とつつじの絶景コラボ

GWが一番の見頃!あしかがフラワーパーク・大藤とつつじの絶景コラボ

更新日:2017/04/19 17:57

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)は、日本屈指の藤の名所。ゴールデンウィークに見頃の最盛期を迎え、紫藤と白藤が色鮮やかなつつじとコラボ。園内至る所が、夢のような絶景になります!

あしかがフラワーパークは、日本一の見応えを誇る600畳の大藤棚で知られ、世界的にも貴重な八重咲きの藤棚もあります。夜の大藤ライトアップも幻想的ですが、昼間も断然おすすめ。GWの旅行先に最適な花見名所です!

紫藤や白藤とつつじの絶景コラボ!あしかがフラワーパーク

紫藤や白藤とつつじの絶景コラボ!あしかがフラワーパーク

写真:藤田 聡

地図を見る

あしかがフラワーパークでは、藤の花の見頃期間を「ふじのはな物語」と呼び、2017年は4月15日から5月21日。ライトアップは、4月22日から5月14日に実施します。品種毎に見頃が異なり、うすべに藤、むらさき藤、長藤、八重の藤、白藤、きばな藤の順番で咲いて行きます。

特に白藤の見頃直前は、むらさき藤、長藤、八重の藤、白藤の4品種が見頃になる最盛期。むらさき藤と白藤に加えて、見頃のつつじも彩りを添え、夢のような絶景になるのは、例年5月1日前後。まさにゴールデンウィークが、一番の見頃です!

昼間も夜景も絶景!あしかがフラワーパークの大長藤

昼間も夜景も絶景!あしかがフラワーパークの大長藤

写真:藤田 聡

地図を見る

あしかがフラワーパークは地形的に西側からアクセスするので、GWなどの繁忙期には西ゲートがオープン。ゲートに一番近い大長藤は、周囲や山裾の色鮮やかなつつじとのコラボが絶景。夜にはライトアップされた藤棚が、隣接する池に鏡のように写り込み猛烈な美しさ。昼間も夜景も素晴らしい、園内を代表する絶景ポイントです!

現実の光景とは思えない絶景!あしかがフラワーパークの大藤

現実の光景とは思えない絶景!あしかがフラワーパークの大藤

写真:藤田 聡

地図を見る

GWのあしかがフラワーパークでは、大藤が主役です。巨大な藤棚は600畳分もあり、周囲の観光客が米粒よりも小さく見える程。色鮮やかなつつじや、藤の隙間から見える青空とのコラボも印象的です。

実は大藤は隣接して二本あり、写真のような絶景が両側に広がります。SF映画「アバター」に登場する「魂の木(エイワの木)」のようだと海外で評された通り、現実の光景とは到底思えないSF的な絶景です!

昇り藤のルピナスにも注目!あしかがフラワーパーク

昇り藤のルピナスにも注目!あしかがフラワーパーク

写真:藤田 聡

地図を見る

あしかがフラワーパークでは、藤とつつじが主役ですが、いくら絶景でも眺め続けると飽きてしまいます。そんな時は、脇役にも注目。GWにはシャクナゲが見頃を迎えている他、ハンカチの木やベニバナトチノキなど、珍しい樹木もあり花を咲かせています。

中でも特におすすめなのが、ルピナス。昇り藤の別名通り、藤棚で見た藤が下から生えているような様子に、心を奪われます。夕日に照らされ赤味かかった色は、藤棚では見られない色で、鮮烈な美しさ。タワーのように盛り付けられた展示方法も素晴らしく、いつまでも眺めていたい光景です!

ブドウのような日本一の八重藤棚!あしかがフラワーパークの八重黒龍

ブドウのような日本一の八重藤棚!あしかがフラワーパークの八重黒龍

写真:藤田 聡

地図を見る

あしかがフラワーパークには、珍しい八重咲きの藤「八重黒龍」の藤棚もあります。他の藤とは歴然と異なり、房のように咲く様子は、まるでブドウのよう。丸い花一つ一つもブドウの実に見え、散って地面に落ちた花までブドウの粒に見える程。貴重な八重咲きの藤棚として、日本一の規模を誇ります。

今回紹介した大長藤、二本の大藤、八重黒龍の4本の代表格の藤は、いずれも樹齢150年で、樹齢も藤棚の面積や長さも日本一ではありません。それでも、あしかがフラワーパークの藤棚が日本一美しいといわれるのは、藤自体の樹形や花の見事さに加えて、美しい周辺環境とのコラボなど、植物園としての完成度や品質の高さの賜物です。歴史や規模ではなく、鑑賞環境や見応えが日本一なのです!

大藤ライトアップも必見!あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパークは、本来はGWの藤の名所ですが、近年は冬の関東三大イルミネーションで知られます。夜の大藤ライトアップにも、その技術が存分に発揮され、目を疑う程の絶景。「昼の部」には夜の料金も含まれており、敷物を持参すれば「お休み広場」で、ライトアップまで仮眠して待つ事も出来ます。「夜の部」の絶景については、別記事でアクセス方法等と共に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります。)

GWの花名所では、ひたち海浜公園のネモフィラもおすすめ。あしかがフラワーパークから北関東道で1時間半の距離なので、一日で両方を見る事が出来ます。至近距離で行われる、館林つつじ祭りも別記事で紹介。併せてご覧下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ