オレンジ色の夕陽に包まれる!愛知『りんくうビーチ』は潮の香り漂う、夕陽の“穴場”絶景スポット

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

オレンジ色の夕陽に包まれる!愛知『りんくうビーチ』は潮の香り漂う、夕陽の“穴場”絶景スポット

オレンジ色の夕陽に包まれる!愛知『りんくうビーチ』は潮の香り漂う、夕陽の“穴場”絶景スポット

更新日:2013/12/26 15:10

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

愛知県の中部国際空港「セントレア」の対岸に位置する『りんくうビーチ』は、意外と知られていない、夕陽の絶景スポット。セントレアからも近く、離着陸する飛行機と夕陽を同時に眺めることが出来るんですよ^^ 時間を忘れていつまでも見つめていられるから、デートにもピッタリ。一人でのんびり過ごしたい時にも、おすすめです。今回は日常の疲れを癒してくれる、夕陽の絶景スポット『りんくうビーチ』をご紹介します!
国内航空券の最安値をチェック!

「りんくうビーチ」って、こんなところ!

「りんくうビーチ」って、こんなところ!

写真:安藤 美紀

地図を見る

私は愛知県出身ですが、昔から綺麗な海を見たい時には、県外へ足を運ぶことがほとんどでした。そんな私の概念を覆したのが、愛知県常滑市にある「りんくうビーチ」です。

このビーチは、中部国際空港「セントレア」開港と同時に作られた、東海地区最大規模の人工海浜。ロマンチックな夕焼けを鑑賞できる“夕陽の絶景スポット”でもあります。

浜辺には、ベンチが所々用意されているので、伊勢湾に沈んでいく夕陽を、座りながらのんびり眺めることが出来ます。

夕陽が最高に綺麗に見えるのは、日没直後!このタイミングで、空も海もオレンジ色に染まります。

※国立天文台HPの「今日のこよみ」というホームページで、場所の指定を「名古屋(愛知県)」を選択すると、日の入り時間がチョック出来ます。夕陽を見に行く時に利用すると便利ですよ☆

りんくうビーチへ行くには、名古屋駅から電車でアクセスする場合、中部国際空港セントレア行きの名鉄電車に乗り、「りんくう常滑駅」で下車します。ちょっと驚くのは、この駅が無人駅だということ。でも、困ったことがあったら、インターホンを押すと隣の「常滑駅」にいる係員さんが対応してくれるので安心してくださいね。

「りんくう常滑駅」から海岸沿いの道を北へ歩くこと、約15分。陽射しのきらめく海岸『りんくうビーチ』に到着します。

車での移動だと、知多横断道路(通称:セントレアライン)の「りんくうIC」出口からすぐ。駐車台数200台の駐車場があり、駐車料金は基本的に無料ですが、夏休み期間と7月9月の土日は、駐車料金が1,000円になります。

昼は、椰子の木が並ぶ遊歩道をお散歩。釣りもバーベキューも出来ます!

昼は、椰子の木が並ぶ遊歩道をお散歩。釣りもバーベキューも出来ます!

写真:安藤 美紀

地図を見る

りんくうビーチには、1km程の“海辺のプロムナード”というお散歩コースがあります。遊歩道には椰子の木が並び、南国ムードが漂っています。ここは、恋人たちがお喋りしながら歩くのにぴったり!

ビーチの南側では、釣りも出来るようになっています。近くにはトイレもあって便利。釣り好きの方は、美味しい伊勢湾の魚釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか^^

そして、夏の海で楽しみなことといえば、海辺のバーベキュー♪りんくうビーチでは、海岸部北側の芝生でバーベキューをすることが出来るようになっています。歩いていると、お肉が焼ける香ばしいにおいがフワッと漂い、食欲が刺激されます。夕陽を眺めるまで、家族や友達とワイワイ、バーベキュー!なんていうのも良いですね。最高の夏の思い出になること間違いなしです^^

このエリアでは陽射しを遮るものが一切ないため、暑さ対策としてテントを貼ってバーベキューをするのをおすすめします。


■りんくうビーチ バーベキュー情報
・場所 → 海岸北側芝生エリア
・時間 → 朝7時〜夜8時まで

セントレアがすぐそこだから!離着陸する飛行機とともに夕陽を鑑賞

セントレアがすぐそこだから!離着陸する飛行機とともに夕陽を鑑賞

写真:安藤 美紀

地図を見る

りんくうビーチは、中部国際空港「セントレア」の目と鼻の先にあるので、飛行機が飛ぶ姿をよく見かけます。

海に日が沈み始めるころには、およそ10分〜15分に1回程の間隔で飛行機を見かけます。「あっ、また飛行機が来たよ!!」そんな会話をしながら、夕陽と同時に飛行機を眺めることが出来るのも、楽しみの一つ。りんくうビーチは、飛行機好きの方には、たまらないロケーションでもあります。

帰りたくない・・・。そんな気持ちにさせてくれる、ビーチの夕陽

帰りたくない・・・。そんな気持ちにさせてくれる、ビーチの夕陽

写真:安藤 美紀

地図を見る

波打ち際に置かれた丸太の椅子は、夕陽を眺める特等席!“ザブーン”という波の音をすぐ近くで聞きながら、ぼんやりと日が沈んでいくのを眺るだけで、仕事で抱えたストレスやモヤモヤが、スーッと消えていくのを感じていただけるのではないでしょうか。

ここへ来たら、伊勢湾の夕陽を思う存分眺めてみてください。心の栄養をたっぷり吸収できます^^

エビフライで有名な「まるは食堂」、実はお得な◯◯定食!

エビフライで有名な「まるは食堂」、実はお得な◯◯定食!

写真:安藤 美紀

地図を見る

りんくう常滑駅から徒歩5分の場所に「まるは食堂 りんくう常滑店」があります。名古屋と言えば、エビフライが有名ですが、まるは食堂のエビフライは、衣の先まで身がしっかり詰まっていてサクサク!名古屋人も大満足するエビフライです。

まるは食堂 りんくう常滑店は、1階が食堂、2階がお座敷というスタイル。「本店」と「りんくう常滑店」に限り、席から伊勢湾を一望することが出来るようになっています。

エビフライは、単品だと1本500円、2本で980円。平日なら、エビフライ定食(1,280円)が用意されているので、こちらがおすすめです。

土日は、エビフライ定食を取り扱っておらず、コース料理はあるのですが、2,100円〜と、ちょっと高め。そこで、おすすめしたいのが、写真の「お子様御膳」です。

お子様御膳は、お刺身2種盛り・魚フライ・エビフライ・卵焼き・ご飯・味噌汁・ドリンク・デザート付きという充実した内容で、1,575円。「お子様御膳」は、隠れた人気メニューで、土日になると、大人の人も注文することがあるんですよ^^

心に響く夕焼けを眺めたり、新鮮で美味しいご飯を食べれば、最高に幸せな気持ちになれます。最近忙しくてちょっと一息したい、のびのび出来る旅をしたくなったら、りんくうビーチへお出かけしてみませんか?

<まるは食堂 りんくう常滑店>
住所 愛知県常滑市りんくう町3-9-5
TEL 0569-38-8108(予約可)
時間 昼の部 11:00〜15:00(ラストオーダー14:30)
   夜の部 17:00〜22:00(ラストオーダー21:00)
   ※土日祝は11:00〜22:00(ラストオーダー21:00)
定休日 年中無休

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -