夜まで美しい世界遺産の街並み!ドイツ「レーゲンスブルク」の見どころ

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

夜まで美しい世界遺産の街並み!ドイツ「レーゲンスブルク」の見どころ

夜まで美しい世界遺産の街並み!ドイツ「レーゲンスブルク」の見どころ

更新日:2016/04/06 14:46

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

ドイツ南部にある街、レーゲンスブルク。その旧市街の街並みは世界文化遺産に登録されており、南ドイツの最大都市であるミュンヘンから電車で1時間半くらいで行けるのでアクセスも悪くはないのですが、知名度は高いとは言えません。

しかしそのコンパクトながらも魅力溢れる街は、ぜひ一度は訪れてほしい場所です。ドイツ最古のアーチ型石橋や、ゴシック建築の大聖堂を含む旧市街はとても美しく、朝から夜まで楽しめます。

レーゲンスブルクってどんな街?

レーゲンスブルクってどんな街?

写真:岡本 大樹

地図を見る

レーゲンスブルク(Regensburg)は南ドイツ、バイエルン州の東部に位置する小さな街です。街の規模自体は小さいとは言え、長い歴史を持つ旧市街の街並みが世界遺産に登録されていて、ドナウ川越しに眺める街の景色はとても美しいものです。

このドナウ川沿いの景色はレーゲンスブルクの主要な見どころをまとめて見ることができる場所となっています。まず手前に流れるドナウ川、その川を渡るための歴史ある石橋、旧市街のカラフルな建物、そして奥には大聖堂が見えています。

ドナウ川に架かる石橋はドイツ最古のもの

ドナウ川に架かる石橋はドイツ最古のもの

写真:岡本 大樹

地図を見る

街の中で最も古い歴史を持つのはこちらのドナウ川にかかる石橋。名前は「シュタイナーネブリュッケ(Steinerne Brücke)」といい、直訳すると「石の橋」となります。この橋が架けられたのは現在から800年以上も前の1146年ととても古く、ドイツ最古のアーチ型石橋となっています。

1189年にはかの有名な十字軍もこの橋を渡って遠征されたと言われています。とても重厚な橋なので、歩くだけでも十分な魅力を感じることができる場所ですが、そういった歴史を感じながら渡ってみるとまた違った楽しみ方ができると思いますよ。

夕焼けに染まる大聖堂

夕焼けに染まる大聖堂

写真:岡本 大樹

地図を見る

旧市街の真ん中にはレーゲンスブルクの街の中でもシンボル的な存在である大聖堂がたっています。高くそびえるその二本の尖塔は典型的なドイツゴシック様式の特徴で、ドイツで最も有名なケルン大聖堂と同じような造りになっています。大きさや知名度はケルン大聖堂には及びませんが、こちらの大聖堂もレーゲンスブルクを訪れる人を魅了し続けています。

そして普段はその白さが目立つ大聖堂なのですが、夕方の日差しが強い日には黄金色に染まりとても印象深い景色を造り出します。

夜の街もぜひ一度見て欲しい!

夜の街もぜひ一度見て欲しい!

写真:岡本 大樹

地図を見る

この夜景写真は1枚目の写真とほぼ同じ場所から撮影したものですが、レーゲンスブルクの街は夜になってもとても美しいのです。大聖堂・石橋・旧市街はライトアップされ、その光がドナウ川に反射しています。

レーゲンスブルクは小さい街なので、観光地として訪れても宿泊はしないという方も多いと思いますが、この景観を見るためだけでも一泊する価値はあると思いますよ。

まとめ

ドイツの観光名所は多くあり、レーゲンスブルクはその知名度の低さからもあまり立ち寄られない場所となっていますが、ドイツの他のスポットと比べても全く引けをとらないくらいの魅力を持った街です。

今回は街並みに関するご紹介ばかりとなりましたが、ドイツといえばソーセージ。シュタイナーネブリュッケのそばには、なんとドイツ最古のソーセージ屋さんまであるので、食に関しても楽しめること間違いなしです。

朝から夜まで魅力たっぷりのレーゲンスブルクの街を一度訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2008/09/11−2008/09/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ