女性専用「大阪北港マリーナリゾートゲストハウス」でUSJ近くのベイエリアに格安滞在!

女性専用「大阪北港マリーナリゾートゲストハウス」でUSJ近くのベイエリアに格安滞在!

更新日:2016/03/27 14:53

宮腰 由希子のプロフィール写真 宮腰 由希子 国際関係スペシャリスト、ロシア語通訳翻訳
「大阪北港マリーナリゾートゲストハウス」は、ユニバーサル・スタジオにも近いベイエリアに位置する女性専用のゲストハウス。2014年4月に生まれ変わった大阪北港マリーナは、ヨットやウインドサーフィンなどのマリンスポーツを楽しみたい女性だけでなく、大阪観光に来る女性客にも、格安で安心して滞在できる宿だ。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

女性専用だから安心!

女性専用だから安心!

写真:宮腰 由希子

地図を見る

「大阪北港マリーナリゾートゲストハウス」は全館女性専用のゲストハウスとなっている。ゲストハウスには泊まってみたいけど、男性客もいるのが不安、という女性には安心の宿だ。特に、女子旅や子連れ(9歳以下の男の子も宿泊可で添い寝無料)旅をする女性で、ユニバーサルスタジオでお金を使うために宿泊費は抑えておきたいという人には特にオススメしたい。

JR大阪駅前やJR西九条駅前、JR桜島駅からバスで北港ヨットハーバー行きのバスでアクセス可能だが、桜島駅やテーマパークからの無料送迎サービスがあるので、特に夜遅くにチェックインする人や、子連れで乗り換えが大変な人には、ぜひ事前に予約して利用してほしい。

女性の好みのおしゃれなドミトリーは、ブラインド付きなのでプライバシーも守られており、一部のベッドはさらに外側にも仕切りがあるので、ツインルームのように使用することもできる。シャワーは一階にあるが、クレンジングオイルから化粧水、乳液まで無料のアメニティが一通り揃っている。

マリンスポーツにトライ!

マリンスポーツにトライ!

写真:宮腰 由希子

地図を見る

「大阪北港マリーナリゾートゲストハウス」は、2014年4月に大阪北港ヨットハーバーからリニューアルした大阪北港マリーナの宿泊施設なので、マリンスポーツを楽しみたい人には。ヨット以外にも、ミニボートやプレジャーボート、SUP(スタンドアップパドル)、ウインドサーフィン、カヤックも出艇可能になり、 着水まで船台で運べるので、女性一人でも移動、出艇できる。練習ゾーンもあり、初心者の女性でも気軽にマリンスポーツにトライできる。

マリンスポーツ以外にもテニスコートや公園があり、スポーツやウォーキングなどが楽しめる。ゲストハウスの一階が受付になっているが、マリンスポーツには予約が必要なので事前に聞いてみよう。

ビーチサイドで食事ができる「オープンビックカフェ・ヘミングウェイ」

ビーチサイドで食事ができる「オープンビックカフェ・ヘミングウェイ」

写真:宮腰 由希子

地図を見る

ゲストハウスは素泊まりだが、北港マリーナ敷地内にある「オープンビックカフェ・ヘミングウェイ」で、ヨットや夕陽を眺めながら食事を楽しむことができる。ランチとディナー、カフェタイムでの利用が可能で、スープカレーが自慢のメニューだ。4人以上のグループならバーベキュープランも利用できる。他にも、女子会プランやウェディングプランなどがあり、ビーチサイドでの思い出に残るパーティー・プランが充実している。

ゲストハウスは港に立地しており、夜間はコンビニなどに買い物に行くのは難しいので、朝食や水は事前に購入して持ち込もう。給湯室があるので、電子レンジやポットが利用できる。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

まとめとして

「大阪北港マリーナリゾートゲストハウス」は、ユニバーサル・スタジオに近く、マリンスポーツにもトライできる女性専用の安宿だ。節約もしたいけど、レジャーも楽しみたいという女子旅や子連れ旅には持って来いの宿だ。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -