真っ赤な丘と可憐なコスモスの咲く国営ひたち海浜公園

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

真っ赤な丘と可憐なコスモスの咲く国営ひたち海浜公園

真っ赤な丘と可憐なコスモスの咲く国営ひたち海浜公園

更新日:2013/04/15 18:46

鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

丘を真っ赤に染めるこの植物は、コキアと言います。最近は園芸店でもよく見かけるようになりました。このちょっと地味な植物が季節の風物詩になりつつあります。場所は茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園。情熱的な赤に紅葉した3万6千本のコキアと可憐なコスモスに染められた丘を歩いてみませんか。

モコモコ可愛いコキア

モコモコ可愛いコキア

写真:鮎川 キオラ

モコモコかわいいコキアにクリクリした目とお化けススキの角が生えてる。秋のひたち海浜公園のゆるキャラ登場!!公園の方の遊び心たっぷりのいたずらです。このコキアの中へかくれてちょこんと顔を出すと可愛い写真が撮れますよ。

みはらしの丘

みはらしの丘

写真:鮎川 キオラ

コキアは、春にタネをまくと夏には爽やかなグリーンの草木に成長し、秋には真っ赤に紅葉する一年草です。枝を束ねてホウキに利用していたことからホウキギの和名があります。

この一面真っ赤に染められたコキアの紅葉は、国営ひたち海浜公園の一番奥に位置する「みはらしの丘」です。その名の通り海沿いの小高い丘にある、丘をのぼると太平洋が一望できます。

「きて みて さわって コキアカーニバル」は、9月15日(土)〜10月21日(日)の期間開催します。きっとコキアが好きになる。現在、夏の日差しを浴びてすくすくと成長しています。

グラデーションの丘

グラデーションの丘

写真:鮎川 キオラ

この時期は、コキアの紅葉だけでなく、色とりどりのコスモス畑も楽しめます。今年2012年のみはらしの丘は、すそ野から白→ピンク→赤→濃い赤のグラデーションになるよう配置しているそうです。写真は昨年の風景です。

コキアも白い品種が園芸用にあるそうなので、コキアでつくるグラデーションなのか、コスモスを添えてつくるグラデーションなのか今からとっても楽しみです。

120haある園内には、アスレチックや遊園地、サイクリングロードもあり1日家族で楽しめる公園です。オススメは、公園の森の中にある巨木を倒して作られて遊具です。たまご型の遊べるオブジェは小さい子向きです。外遊びがしたくなる涼風が吹く頃お出かけ下さい。

国営ひたち海浜公園
TEL:029-265-9001
営業時間:9:30-17:00(9/1-10/31)
大人(15歳以上)400円 シルバー(65歳以上)200円 小中学生80円

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/10/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -