「スイスの美しい村」グアルダ!スグラフィッティが魅力の町並みからハイキング

| スイス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「スイスの美しい村」グアルダ!スグラフィッティが魅力の町並みからハイキング

「スイスの美しい村」グアルダ!スグラフィッティが魅力の町並みからハイキング

更新日:2016/03/26 22:09

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

スイス東部のオーストリアに近いウンター・エンガディンにひっそりと輝く素敵な村が潜んでいます。その名はグアルダ!「スイスの美しい村」に指定されており、村全体が野外歴史博物館のような、素朴だけれど温かみのある素敵な家屋が建ち並びます。

民家の壁を飾るのはスグラフィッティと言われる装飾画で、色とりどりのお花と共に、家並みの魅力を盛り上げています。この村から隣村まで長閑なハイキングも楽しめます。

可愛い駅舎のグアルダ駅

可愛い駅舎のグアルダ駅

写真:Hiroko Oji

地図を見る

スイス東部ウンター・エンガディン地方のグアルダ(Guarda)は、サンモリッツ(St.Moritz)からシュクオール(Scuol)へ向かう途中にある村。麓にある駅舎は、とても可愛らしく綺麗に保たれていますが無人の場合が多いです。切符を購入するなら自動券売機を利用しましょう。壁面の駅名はスグラフィッティで描かれており、駅前から丘の上の村まで、列車の運行に合わせて小さなポストバスが発着しています。

グアルダ駅からハイキングコースで

グアルダ駅からハイキングコースで

写真:Hiroko Oji

地図を見る

駅前からポストバスに乗ればいいのですが、せっかく素晴らしい風景が取り囲むグアルダ!車道の途中からハイキングコースが延びていて、お花畑の斜面の中を上るのはとっても気持ちいいものです。お時間や体力に余裕がある方は是非、このコースを歩いてみてください。

途中から眺めるウンター・エンガディンの谷は素晴らしいの一言につきます。少々きつい坂道もありますが、足元の色とりどりのお花や周りを取り囲む山の風景が励ましてくれ、20分ほどで村の入り口に到着します。

「スイスの美しい村」は野外歴史博物館のよう!

「スイスの美しい村」は野外歴史博物館のよう!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

グアルダは、「スイスの美しい村」に指定されており、絵本作家のアロイス・カリジェが描いた童話「ウルスリの鈴」の舞台として知られています。毎年3月には、この童話に出てくる大きな鈴をもって子どもたちが村を練り歩く祭りが行われています。

緑に囲まれた村は、全体が野外の歴史博物館のような素敵な家並みが続きます。石畳の両側に建つ、ひとつひとつの建物の壁面に、スグラフィッティと言われるエンガディン地方の伝統的装飾画が描かれ、窓辺や壁際には綺麗なお花が飾られ、素朴な美しさに魅入ってしまいます。

スグラフィッティで覆われる壁面

スグラフィッティで覆われる壁面

写真:Hiroko Oji

地図を見る

エンガディン地方の伝統的装飾画・スグラフィッティは、壁の表面を金属でひっかくようにして、色の違う漆喰を何層か作って塗り込めてある下地を見せることによって模様を描くという、独特の手法で描かれています。どの建物の壁面にもこの装飾画が見られ、特に窓周りはそれぞれ特徴を持ち、同じデザインはないほど、様々な模様が見られます。

アルデッツの村に向けて、ハイキングを楽しもう!

アルデッツの村に向けて、ハイキングを楽しもう!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

グアルダの村から隣のアルデッツ(Ardez)村に向けて、長閑で歩きやすいハイキングコースが延びています。

周りには牧草地が広がり、谷を走る列車を見下ろしながら、また谷を隔てて続く美しい山並みを眺めながらのんびり歩くことができます。途中にあるボス・チャ(Bos-cha)の集落にも、美しいスグラフィッティやお花が飾られた家並みが続きます。また道端にはお花で飾られた自然木を利用した水場やベンチも設置されていますので、疲れたら一休み!

約1時間で到着するアルデッツの村にも素敵な家並みが続きますので、村の散策をして、麓のアルデッツ駅から列車に乗って戻るとよいでしょう。

グアルダには地元の工芸品やチーズのお店も!

スグラフィッティの美しい静かなグアルダの町並みには、看板は出ていませんが、陶器や木工製品をはじめとして、手織り&スイスらしい刺繍入りのテーブルクロスなどの布製品、自家製のチーズなどを売るお店や工房が潜んでいます。これらのお店を訪ね歩くのも楽しみの一つとなりますので、是非探してみて下さいね。

なお、グアルダもアルデッツも無人駅ですので、切符購入する場合は自動券売機を利用するか、最初に出発する駅で往復を購入しておくとよいでしょう。もちろんスイスパスを持っていると切符購入の必要がないので、そのまま通過するだけでOKです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2008/07/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ