スイス「シュクオール」で渓谷美と町並みを堪能!ウンター・エンガディンの終着点

| スイス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

スイス「シュクオール」で渓谷美と町並みを堪能!ウンター・エンガディンの終着点

スイス「シュクオール」で渓谷美と町並みを堪能!ウンター・エンガディンの終着点

更新日:2016/03/28 17:31

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

スイス東部のサンモリッツからオーストリアのランデックに抜ける「エンガディン・エクスプレス」は、イン川沿いの渓谷美が楽しめる人気の高いルートです。そのルート上の列車とバスを乗り継ぐ中継地点にあるのがシュクオール!

シュクオールはローマ時代から湧き出る温泉を利用した温泉療養と高原の空気の良さを生かした高原療養で名が知られ、現在ではスキーリゾートとしての自然美と装飾画の美しい町並みで人気があります。

イン川と3000メートル級のアルプスに囲まれたシュクオール

イン川と3000メートル級のアルプスに囲まれたシュクオール

写真:Hiroko Oji

地図を見る

スイス・エンガディン地方の高級リゾート地サンモリッツ(St.Moritz)とオーストリア・チロル地方の交通の要衝地ランデック(Landeck)を結ぶ「エンガディン・エキスプレス」は、イン川に沿った渓谷の美しさを列車とバスを乗り継いで楽しめる人気ルートです。そのルート上にある風光明媚な町が、今回ご紹介するシュクオール(Scuol)です。

シュクオールは、谷底を流れるイン川を見下ろす位置に町並みが広がり、周囲を3000メートル級の山々に囲まれたスキーリゾート地。ローマ時代から湧き出る温泉と高原特有の澄み切った空気が療養に向いているとして名を知られてきた町で、現在では、冬は全長80キロメートルにも及ぶスキーコースが人気を集め、夏場はハイカーたちが集まってくるリゾート地です。

スグラフィッティが見事な町並みを散策

スグラフィッティが見事な町並みを散策

写真:Hiroko Oji

地図を見る

シュクオールの町には、とても美しい壁の装飾画と色とりどりのお花で飾られた建物が、風情のある石畳の通り沿いに建ち並びます。

この壁を飾る装飾画がスグラフィッティと呼ばれており、エンガディン地方の伝統的なものです。壁の表面を金属でひっかくようにして、色の違う漆喰を何層か作って塗り込めてある下地を見せることによって模様を描くという、独特の手法で描かれています。どの建物もこの手法で描かれた壁絵が見事で、特にドス(Doss)通りのラシュライナ(Raschlaina)広場周辺で美しいものが見られます。

ラシュライナ広場をはじめ、町のあちこちに散在する水飲み場では、飲料用の鉱水が湧き出ています。金色のプレートで鉱水であることが表示されていますので、ぜひ試してみて下さい。

イン川沿いの崖っぷちに建つ教会を眺めながらハイキング

イン川沿いの崖っぷちに建つ教会を眺めながらハイキング

写真:Hiroko Oji

地図を見る

町中を東西に走るストラダン(Stradun)通りを渡り、さらに南へ続く坂道を下って行きますと、町一番の見所ともいえる広い敷地の温泉センターに出ます。野外の温泉プールから湯けむりが上がっているのが見えています。さらに尖塔を持つ教会方面に下って行った先には、ウンター・エンガディン博物館が建っています。カサ・グロンダという2段重なった歩廊のある建物で、続けて下って行くと、屋根付きの古い木造の橋が架かるイン川に辿り着きます。

橋を渡ると、川沿いに延びるハイキングコースを歩くことができますので、お時間に余裕があればぜひこの辺りを歩いて見てください。先ほどの教会が、川に落ち込むような絶壁の上に建っていることが見てとれます。教会から眺める山に囲まれた渓谷風景が素晴らしいのですが、川を挟んでみる教会方面の眺めもひけをとりません!

隣村のタラスプ城を眺めながら

隣村のタラスプ城を眺めながら

写真:Hiroko Oji

地図を見る

教会とその上方に広がる町並みを見上げながら、川沿いを隣の集落タラスプ(Tarasp)に向けて歩くと、やがて川に架かる木のつり橋が見えてきます。この橋を渡ってシュクオールに戻ってもよいし、そのままタラスプ方面へ歩き続けるのも、どちらものどかな風景の中をのんびり歩くことができておすすめです。

ハイキングコースから前方に見えるのは、小高い丘の上に建つタラスプ城。ウンター・エンガディンのシンボルともいえる1040年に建てられたお城で、ガイドツアーに参加すると城内を見学することができます。また、3000本の木製のパイプがあるオルガンを使ってのコンサートも定期的に開かれます。

ゴンドラで町の背後の山上へ

ゴンドラで町の背後の山上へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

鉄道駅のすぐそばから出る赤いゴンドラに乗って町を見下ろす山に登ってみましょう。冬なら格好のスキーゲレンデとなる斜面を足元に、谷を挟んで眺める山並みは素晴らしい眺めです。この山上からも、あちこちへ通じるハイキングコースが用意されていますので、体力とお時間に合わせてお楽しみくださいね。山上駅のそばには山羊たちの小屋があって、触れ合うこともできますよ。

シュクオールは、エンガディン・エキスプレスの乗り継ぎ地点

エンガディン・エキスプレスというルートは、先ず、サンモリッツ〜シュクオール(Scuol)間のウンター・エンガディン地方を列車で移動し、終着点のシュクオール駅前からバスに乗り継ぎます。その後、オーストリアとの国境近くのマルティナとオーストリアの風光明媚なナウダース村でバスを乗り換えてランデックまでを結ぶという、渓谷美が楽しめるルートです。スイス領内ではスイスパスも有効ですが、オーストリア領内に入ると利用できませんので、スイスフランだけでなく、ユーロでの小銭の用意が必要です。

この贅沢な眺めのルートを移動するだけで、シュクオールを中継点として通過してしまうのは、大変勿体ない!温泉施設もありますので、ぜひ1泊だけでもお泊りになって、このリゾート地でのんびりお過ごしになってくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2008/08/01−2008/08/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -