文具&雑貨ファンに大人気!チェコ老舗筆記具メーカー「コヒノール」直営店に行こう

| チェコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

文具&雑貨ファンに大人気!チェコ老舗筆記具メーカー「コヒノール」直営店に行こう

文具&雑貨ファンに大人気!チェコ老舗筆記具メーカー「コヒノール」直営店に行こう

更新日:2016/03/28 10:28

小谷 雅緒のプロフィール写真 小谷 雅緒 ツアーコーディネーター&ガイド

KOH-I-NOOR(コヒノール)はチェコで1790年に創業、筆記具に特化したメーカーです。ヨーロッパはもちろん、日本の文具ファンにも知られるコヒノール社の筆記具は、プロ仕様の本格派から、おみやげにも適した雑貨的なものまで、種類も豊富です。チェコ全国に多数あるコヒノール直営店で、その世界観を実感してみてはいかがでしょう。

チープな紙製品も見つかる町の文房具屋さん「コヒノール」

チープな紙製品も見つかる町の文房具屋さん「コヒノール」

写真:小谷 雅緒

地図を見る

コヒノール直営店は首都プラハはもちろん、人口数万人程度の地方都市には必ずあります。コヒノールは筆記具に特化したメーカーです。鉛筆からペン、筆、絵の具、そして消しゴムが主な製品です。日本でもネット販売などで見られるコヒノール製品は、雑貨のイメージが強く感じられますが、相当に本格的な筆記具が販売されています。こちらは一般的なおみやげとはいいがたいです。

地方の直営店では自社製品のみならず、文房具全般を販売しています。町の子供や学生さんが利用する店なので、朝8時ごろにオープンする店がほとんどで、ごく庶民的な雰囲気です。ここでは、チェコ雑貨のくくりになるであろう、チープでレトロ感がたまらないノートなどの紙製品も見つかります。

*写真は地方都市PŘEROV市街地にある直営店。店内は奥行きがあり、見た目より広い。陳列商品の3分の2が他社製品。

大人気「マジックペンシル」

大人気「マジックペンシル」

写真:小谷 雅緒

地図を見る

コヒノール製品のおすすめは何でしょう?本稿では本格筆記具ではなく、ばらまきにも適した一般的なおみやげをご紹介します。

コヒノールは筆記具メーカーで、なんといっても鉛筆の種類が膨大!雑貨的な鉛筆であれば、写真の「マジックペンシル」がおススメです。3色の芯が絡み合うようになっており、書き進める内に色や風合いが変化していきます。何種類もの色シリーズがあり、サイズも太め(写真)と細めの2種類、またはセットもあります。

コヒノール社定番品なので、どこの店にも必ずあります。価格もばら売り150円前後と手ごろです。なお、コヒノール社の鉛筆は、すべて削った状態で販売されています。そして、マジックペンシルは一般的な鉛筆削りには収まらないジャンボサイズなので、芯を削るにはコヒノール社特製の鉛筆削りを使用するか、ナイフで削ることになります。

レトロ感がたまらない消しゴムたち

レトロ感がたまらない消しゴムたち

写真:小谷 雅緒

地図を見る

そして、コヒノール社といえば消しゴムです!見ているだけで楽しくなってしまい、使いもしないのにコレクションしてしまいます。写真の他にも様々なデザインが販売されていますが、主にはコヒノール社のロゴや、シンボルのゾウが描かれたトラッドなデザイン、レトロな雰囲気の消しゴムが人気です。

他にも、チェコの人気キャラクター、モグラの「クルテク」デザインなど、とにかくサイズも種類も豊富で、価格も50円程度からいろいろあります。

プラハにあるコンセプトストア

プラハにあるコンセプトストア

写真:小谷 雅緒

地図を見る

プラハ市内には7つの直営店がありますが、中でも観光客が訪れやすい中心部の2店舗(Nerudova店〜王宮近辺〜とコンセプトストア)は、コヒノール社製品のみを販売しています。また、日曜日も19時または20時まで営業しており、他店と差別化しています。

地方の直営店にあるレトロ感はまったくなく、たいへんスタイリッシュな雰囲気で、新しいコヒノールを感じることができるでしょう。

なお、コヒノールが有名であるが故、プラハの土産物店では「コヒノール」のロゴや看板を出しているところが多数ありますが、ほとんどが無関係です。

価格も入手も持ち運びも気軽

このように、たいていの町に直営店はありますが、ごく普通の鉛筆や消しゴムは、一般の文具店やスーパーでも購入は可能です。ちなみに、コヒノール本社と工場は、チェコ2大ビールのひとつで有名なブディエヨヴィツキー・ブドヴァル[BUDĚJOVICKÝ BUDVAR](一般にBUDVAR)と同じ町、チェスキー・ブディエヨヴィツェ[ČESKÝ BUDĚJOVICE]にあります。

とはいえ、本社所在地に本店はなく、チェスキー・ブディエヨヴィツェ店は一地方店の格付けです。工場見学などもありません。つまり、全ラインナップを見たいならば、プラハが一番ということになります。なお、店舗によって若干の価格の違いが見受けられます。旅先ではその滞在時間が貴重です。タイム・イズ・マネーを意識して、気になるグッズを探してくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/09−2016/01/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ