備中国分寺と吉備津神社、吉備津彦神社で吉備路を楽しむ。

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

備中国分寺と吉備津神社、吉備津彦神社で吉備路を楽しむ。

備中国分寺と吉備津神社、吉備津彦神社で吉備路を楽しむ。

更新日:2016/03/28 10:26

秋本 義清のプロフィール写真 秋本 義清 漂泊の旅人

岡山県は吉備の国と呼ばれ、かつては出雲の国などと同様にわが国が大和朝廷にまとめられる以前から開けていた地です。温暖な気候にも恵まれ、農作物も豊かに実り、交通の要衝として栄えてきました。
岡山県で人気のスポットは、倉敷の美観地区、岡山の後楽園がありますが、近年、国分寺の五重の塔などで代表される吉備路が人気のスポットになっています。自転車道も整備されて、サイクリストにも人気のコースとなっています。

吉備路のシンボル 備中国分寺の五重塔。

吉備路のシンボル 備中国分寺の五重塔。

写真:秋本 義清

地図を見る

備中国分寺は奈良時代に聖武天皇によって作られた国分寺の一つです。が、現在残る国分寺は江戸時代に再興されたもの。境内には、吉備路のシンボルともなる五重の塔がそびえ立ちます。岡山県に唯一の五重の塔で、高さ34メートル。江戸時代に再建され、現在では重要文化財に指定されています。

国分寺の周囲にはのどかな田園が広がり、春のレンゲの季節にはレンゲで小高い丘の周囲が紫色に染まり、レンゲ祭りも開催されます。

歴史好きに魅力!吉備路は古の豪族たちの古墳。

歴史好きに魅力!吉備路は古の豪族たちの古墳。

写真:秋本 義清

地図を見る

一般人が入れる古墳としては日本最大360メートルの大きさの造山古墳、同じく大きな286メートルの作山古墳、奈良明日香村の石舞台古墳と同じくらいのこうもり塚古墳、国分寺、国分尼寺跡など。国分寺の近くには多くの歴史遺産があり、「風土記の丘」と名付けられています。

吉備路では見落とせないパワースポット・吉備津神社。

吉備路では見落とせないパワースポット・吉備津神社。

写真:秋本 義清

地図を見る

足を延ばして、今度は吉備の中山の北西山麓にある吉備津神社。こちらは古代、吉備の国の一宮として延喜式神名帳にも載る歴史ある神社です。祭神は吉備津彦命。今に残る本殿は室町時代、足利義満により再建されたもので、出雲大社に匹敵する大きなものです。

見るものを圧倒する驚くほど長い回廊。

見るものを圧倒する驚くほど長い回廊。

写真:秋本 義清

地図を見る

また、戦国時代の建立とされる回廊が見事です。総延長398メートルに及ぶ長い回廊は、訪れる人を魅了します。

桃太郎で有名な鬼退治は、ここ吉備が舞台。神社の北方にある「鬼の城」に住む「温羅(うら)」という鬼を、祭神・吉備津彦が退治したことからできました。退治された温羅はある夜、吉備津彦の夢枕で、自分の妻・阿曽媛に神饌を炊かせてその音で吉凶を占うと告げたそう。吉備津神社では鳴釜神事が行われています。

「朝日の宮」吉備津彦神社。

「朝日の宮」吉備津彦神社。

写真:秋本 義清

地図を見る

また、吉備の国が備前、備中、備後の三つに分けられたときに、備前の国一宮として分祀したのが吉備の中山の北東山麓にある吉備津彦です。(ちなみに、備後は福山に吉備津神社が分祀されています)

吉備津彦神社は東面することにより、正面から朝日が入るので、「朝日の宮」とも呼ばれています。

吉備路を訪れるには、レンタサイクルがおすすめです。

吉備津神社、吉備津彦神社へは、岡山からJR吉備線がローカルムードいっぱいでおすすめです。伏見稲荷、豊川稲荷と共に、日本三大稲荷である最上稲荷も車窓から望むことができます。国分寺、最上稲荷へはタクシーになります。
便利なのはレンタサイクルです。レンタサイクルは総社駅前、一宮駅前、国分寺前にあり、相互に乗り捨てができます。岡山県は自転車道の整備に力を入れており、吉備路にもサイクリングロードがあり、しっかりと表示がなされています。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ