つつじの絶景でアートな花見!千葉・DIC川村記念美術館の自然散策路

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

つつじの絶景でアートな花見!千葉・DIC川村記念美術館の自然散策路

つつじの絶景でアートな花見!千葉・DIC川村記念美術館の自然散策路

更新日:2016/03/28 14:13

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

DIC川村記念美術館(千葉県佐倉市)には、自然散策路と呼ばれる付属庭園があります。四季折々の草花が美しい庭園ですが、一番の絶景は隣接するDIC総研のつつじ山。普段は立入禁止ですが、つつじの見頃に期間限定で一般公開されます。

インク会社の美術館らしく、つつじ山もインクを撒き散らしたように色鮮やか。つつじの見頃は、GWまで続きます。居心地抜群の休憩所も含め、DIC川村記念美術館の自然散策路を紹介!

インクのように色鮮やか!DIC川村記念美術館のつつじ

インクのように色鮮やか!DIC川村記念美術館のつつじ

写真:藤田 聡

地図を見る

DIC川村記念美術館は、DIC(旧大日本インキ化学工業)が運営する美術館で、色鮮やかなインクを連想する、戦後アメリカ美術の収集に注力している事で知られます。同様に色鮮やかなのが、隣接するDIC総研のつつじ山。普段は立入禁止ですが、4月中旬から5月上旬の週末とGW期間限定で、自然散策路の一部として一般公開されます。

つつじの生育に合わせて開催するので、2016年の具体的な日程は4月上旬に美術館ホームページで発表されまが、例年一番の見頃は期間後半の4月下旬からGW中です。

周辺の緑とのコントラストが美しい!DIC川村記念美術館のつつじ

周辺の緑とのコントラストが美しい!DIC川村記念美術館のつつじ

写真:藤田 聡

地図を見る

DIC川村記念美術館のつつじは、単独でも美しい上に、周囲の緑とのコントラスト(対比)で、一層美しく感じます。つつじも場所により赤や朱色、桃色や白など、様々な色が混ざり、グラデーションする様子も素敵。大人気のスポットで、観光客も大勢訪れますが、通路も非常に広いので、ゆとりを持ってお花見出来ます。

もはやアートな花見!DIC川村記念美術館のつつじ

もはやアートな花見!DIC川村記念美術館のつつじ

写真:藤田 聡

地図を見る

DIC川村記念美術館のつつじが美しい理由は、几帳面に刈り揃えられている点にもあります。玉のように丸くなっている部分や、テーブルのように平面でありながら、波のように優雅に曲線を描いているなど、バリエーションも様々です。

DIC川村記念美術館のつつじの魅力を、再度まとめると以下の三点に集約されます。
・つつじ自体の鮮やかな色と、豊富な色彩の魅力
・周囲の緑が、つつじの赤を引き立てる
・美しく刈り揃えられた、つつじの造形美

奥深い魅力に溢れたつつじの絶景は、単なる花見の領域を超越。美術品の鑑賞と同等に楽しめる、アートな花見といえます!

カフェのように素敵な休憩所!DIC川村記念美術館の自然散策路

カフェのように素敵な休憩所!DIC川村記念美術館の自然散策路

写真:藤田 聡

地図を見る

DIC川村記念美術館の自然散策路は、美術館の奥に広がる広大な公園です。美術館利用者は無料ですが、自然散策路のみ利用する場合は、入園料200円が必要です。2015年春には自然散策路の奥に、写真の休憩所が整備されました。緑豊かな庭園に合わせて、木のぬくもりを感じるウッドテラスが併設され、スタイリッシュなカフェのようなレストハウスです。

内装も素敵で抜群の居心地!DIC川村記念美術館の自然散策路

内装も素敵で抜群の居心地!DIC川村記念美術館の自然散策路

写真:藤田 聡

地図を見る

DIC川村記念美術館の自然散策路は、四季折々の草花も非常に魅力的ですが、それ以上に魅力的なのが休憩所の居心地。内装は暖色系の落ち着く色使いで、シンプルながら座り心地抜群の椅子も好印象です。近くで人気のベーカリーショップ「フランス人の店 ボー・スィエル」で、本場のパンをテイクアウトして、ここで食べれば気分も最高です!

なお、DIC川村記念美術館には無料ロッカーもありますが、食中毒防止の為にも、先に自然散策路の休憩所で食べて、食後に美術品やつつじを鑑賞するのがおすすめです!

DIC川村記念美術館だけじゃない!佐倉市の観光地

DIC川村記念美術館は、車でないとアクセスし難い場所にありますが、京成佐倉駅とJR佐倉駅から無料送迎バスがあります。佐倉市の観光地と言えば、国立歴史民俗博物館(通称:歴博)があり、京成佐倉駅から徒歩圏内です。変わった所では、ロックバンドBUMP OF CHICKENのメンバー出身地で、ゆかりの地を巡るファンも多く見かけます。

関東周辺にあるつつじの名所では、館林つつじ祭り(群馬県館林市)や小室山公園(静岡県伊東市)もGWに見頃を迎えます。また、あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)では、大藤とつつじのコラボも楽しめます。別記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事の最後にリンクあり)

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ