本格的珈琲好きに贈る!ベルリンのサードウェーブ系カフェ5選

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

本格的珈琲好きに贈る!ベルリンのサードウェーブ系カフェ5選

本格的珈琲好きに贈る!ベルリンのサードウェーブ系カフェ5選

更新日:2016/03/27 16:52

Grace Okamotoのプロフィール写真 Grace Okamoto 世界一周写真家、ライター

インターナショナルで、アーティストが沢山住む街ベルリンに欠かせない存在、カフェ。チェーン店はあまり人気ではなく、自家焙煎の小さなお店に人が集まります。最近日本でも知られてきた「サードウェーブコーヒー」と呼ばれる、バリスタが丁寧に淹れてくれる一杯の美味しいこと!

本格的にコーヒーが好きな方はもちろん、あまりコーヒーを飲んだことが無い初心者にもお勧めの、本当に美味しいカフェだけをご紹介します。

ベルリンを代表する、サードウェーブコーヒー”Bonanza”

ベルリンを代表する、サードウェーブコーヒー”Bonanza”

写真:Grace Okamoto

地図を見る

”Don’t die before trying”-ここのコーヒーを味わう前に、死ぬことなかれ。

そんな看板も大げさではないと評判の”Bonanza”は、ベルリンでも最も有名なサードウェーブ系カフェの一つです。比較的さっぱりとして飲みやすいカプチーノは、ベルリンっ子に大人気!いつも行列が出来ています。
フェアトレードの豆だけを使用しているのも、ポイントが高いです。注文の時には、お好きな濃さを選んでみてくださいね。

小さな屋台のようなロースター”Double Eye”

小さな屋台のようなロースター”Double Eye”

写真:Grace Okamoto

地図を見る

かつてデヴィット・ボウイやイギー・ポップが住んでいた、文化的かつ落ち着いた地区、シェーネベルグ。ベルリンの中心部や観光地とはまた違った魅力が有るエリアです。

このシェーネベルグで最も有名なコーヒー・ロースターが、”Double Eye”です。立ち飲みしか出来ない、屋台のような狭い店内は、イタリアのバールを思わせます。ここでもテイストを「普通・強め」と選ぶことが出来ます。若干苦味が強め。
テイクアウトにして、周辺に並ぶ雑貨屋やアンティーク屋を見て歩くのもお勧めです。

こだわり抜いたコーヒーと、絶品のチーズケーキを”Five Elephant”で

こだわり抜いたコーヒーと、絶品のチーズケーキを”Five Elephant”で

写真:Grace Okamoto

地図を見る

”Five Elephant”では、産地に直接出向いて選ばれた豆と、それにぴったりの独自の水を使用しています。強すぎない、まろやかで甘味を残す焙煎が得意!ここに訪れたなら、まずは砂糖なしでコーヒーそのものの香りと豆の甘味を味わってみてください。

自家焙煎コーヒーと同時に、”Five Elephant”を不動の人気にしているものが、チーズケーキ!なめらかで上品なレアチーズと、ほろりと崩れる生地の組み合わせが、老若男女に良い評判です。

全てが手作り。”Bitte!”でちょっと個性的な味を楽しむ

全てが手作り。”Bitte!”でちょっと個性的な味を楽しむ

写真:Grace Okamoto

地図を見る

「苦味より酸味が好き!」という方へお勧めなのが、”Bitte!”と名付けられたコーヒーハウス。かなり酸味が強く、個性的な焙煎が特徴です。ケーキやサンドイッチなどのフードは、全て手作りされています。コーヒー以外の冷たいドリンクなども、オーガニックで安心!

”Bitte!”は、朝食ミートアップなどのイベントを活発に開催しています。こうしたカフェ・ミーティングは主に英語で行われるので、地元民との交流を兼ねて参加してみるのはいかがでしょうか。ベルリンの生の情報が聞けるかも!?

バランスの良い味で、最高に使いやすいカフェ"Ben Rahim"

バランスの良い味で、最高に使いやすいカフェ"Ben Rahim"

写真:Grace Okamoto

地図を見る

ミッテ地区の中でも、ギャラリーやシアター、アート系映画館などが有る文化的建築「ハッケシャーホーフ」の中に隠れるようにして佇む小さな”Ben Rahim”カフェ。苦味・酸味・香りのバランスがとても良いコーヒーが頂けます。

チュニジアをルーツに持つオーナーのお勧めが、アラビアン・スイーツ。ピスタチオなどを使った甘いお菓子とコーヒーの相性は最高!
落ち着いたインテリアや音楽、笑顔の店員さん、高速Wi-Fiなどに囲まれて、ついつい長居してしまうことでしょう。

ベルリンのサードウェーブ系カフェまとめ

こだわりの違いが楽しい、本格的なコーヒーを味わえるベルリンのカフェたち。観光ついでに立ち寄ったり、カフェ巡りをしたり、お喋りしながらゆっくり過ごしたり、お土産に豆を買い求めたり・・・と、使い方はあなた次第!

馥郁たるコーヒーの香りに囲まれて、素敵なベルリン滞在をお過ごしください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ