ポルトガルの古都「ポルト」を巡る5つの楽しみ方

| ポルトガル

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ポルトガルの古都「ポルト」を巡る5つの楽しみ方

ポルトガルの古都「ポルト」を巡る5つの楽しみ方

更新日:2016/04/07 10:16

Chiharuのプロフィール写真 Chiharu ライター、熊野リトリート主宰

ポルトガル北部に位置する古都「ポルト」は、ポルトガル第2の都市で、まるで街がそのまま博物館のような歴史地区は世界遺産になっています。バカンスの時期には、ヨーロッパ中から観光客が訪れる人気の街としても知られ、物価の高いヨーロッパにありながらも、他のヨーロッパ諸国よりもリーズナブルに旅ができるのも魅力的なスポットです。そんな「ポルト」を訪れる際にチェックしておきたい楽しみ方をご紹介します!

ドン・ルイス1世橋を渡って、レトロな旧市街を対岸から望む!

ドン・ルイス1世橋を渡って、レトロな旧市街を対岸から望む!

写真:Chiharu

地図を見る

「ポルト」観光で必ず訪れるのが、ドン・ルイス1世橋が遠望できるドウロ川沿いです。よく、ポストカードにもなっている代表的な風景です。

ドン・ルイス1世橋の西側の岸が旧市街がある中心地です。多くの観光客は西側地域にホテルがあり、旧市街からドウロ川の風景を望むのですが、せっかくなら美しい旧市街地の姿を楽しみたいものです。それにはドン・ルイス1世橋を渡って、対岸の東側へ向かいましょう。こちらは、ポートワインの老舗ワイナリーが集まっているエリアです。

ドン・ルイス1世橋は、バスや電車、徒歩で渡ることができますが、時間があれば歩いてみることをおススメします。橋の上からの眺めも絵になる風景で楽しめます。ドン・ルイス1世橋を渡ったならば、川岸から旧市街地を眺めましょう。

また、ドウロ川では遊覧船クルーズも行っていますので船から旧市街を眺めるのも一興です。

ポルトガルいち高い!クレリゴスの塔から街を一望

ポルトガルいち高い!クレリゴスの塔から街を一望

写真:Chiharu

地図を見る

ポルトの街全体を眺めることができる展望スポットがあります。それは、ポルトガルでいちばん高い「クレリゴスの塔」です。街のシンボルでもあるクレリゴスの塔は全長76メートルで、街を歩いていると他の建物より高さがあるのでよく塔を目にするでしょう。

塔の頂上までは、255段の急な階段を上っていきますので少し体力が必要です。上りつめると、赤茶色の屋根が印象的なポルトの美しいパノラマを楽しめます。カメラにおさめたい撮影スポットの一つでもあります。

また、併設の18世紀のバロック様式のクレリゴス教会も素晴らしいので、ぜひ見学してみてください。ただし、熱心な信者達が祈りを捧げていますので、静かに入らせていただきましょう。

アズレージョと教会の調和美を堪能しょう!

アズレージョと教会の調和美を堪能しょう!

写真:Chiharu

地図を見る

ポルトガルを歩くと、外壁にアズレージョ(装飾絵タイル)を施した教会や建物、家を見かけます。なかでも、ポルトのサン・ベント駅舎のアズレージョがよく知られており、そこにはポルトの歴史が見事に描かれています。駅を利用される方はぜひチェックしてみてください。

そして、教会が多いポルトでは、アズレージョと歴史ある教会の建物が調和した姿が楽しみの一つでもあります。ポルトガルならではの文化、装飾の細かな世界を一目見たら感激することでしょう。写真は、サント・イルデフォソン教会です。一ヵ所一ヵ所、アズレージョの絵柄が異なりますので各所で楽しむことができます。

ポルトといえばポートワイン!ワイナリー見学も楽しい

ポルトといえばポートワイン!ワイナリー見学も楽しい

写真:Chiharu

地図を見る

ワイン好きの方ならばぜひ楽しみたいのが、ポートワインです。イギリス貴族も愛した芳醇なワインで、ドウロ川上流の地域で収穫されたブドウ液がポルトへ運ばれ、セラーで熟成され、瓶詰めされてポートワインとなります。

ドン・ルイス1世橋の東側になるドウロ川の川岸には、かつてワインを運搬したラベーロ(帆船)が浮かんでいます。河岸沿いを散策してみましょう。

その近くには、ポルトの老舗ワイナリーのセラーが複数あり、歴史や作り方の見学&熟成されたワインの試飲ツアーを行っています。ポルトガルか英語の説明になりますが、ワイン好きならば見逃せないスポットです。

老舗カフェ・マジェスティックで優雅なひとときを

老舗カフェ・マジェスティックで優雅なひとときを

写真:Chiharu

地図を見る

ポルトの芸術家たちも足しげく通ったというカフェ・マジェスティックは、ポルトを代表する老舗カフェの一つです。観光客なら一度は立ち寄るメインストリートのサンタ・カタリーナ通りにあります。

歩き疲れたらこちらで休憩しましょう。雰囲気のある外観、歴史を感じるクラシカルな内装や調度品は必見です。店内は一日中、地元の方から観光客が訪れ賑わっています。食事だけでなく、ちょっとしたティータイムでも利用できますので気軽に入ってみましょう。

おわりに

見どころの多いポルトですが、ポルトらしい風景や空間を楽しむのなら、上記のポイントもチェックしてみてください!ゆったりとした時間の中、レトロな市電に乗ったりそぞろ歩けば、絵葉書のような風景に出会えます。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/10−2014/10/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -