日本一の秘境ラーメン店!千葉県のご当地「アリランラーメン」を食らう

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本一の秘境ラーメン店!千葉県のご当地「アリランラーメン」を食らう

日本一の秘境ラーメン店!千葉県のご当地「アリランラーメン」を食らう

更新日:2016/04/14 16:55

金澤 俊作のプロフィール写真 金澤 俊作 珍スポットライター、アマチュア登山家

竹岡式ラーメン・勝浦タンタンメンと並び“千葉三大ラーメン”の一つである「アリランラーメン」。千葉県長生郡にある「ラーメン八平」は、驚くほど山奥にあるにも関わらず、絶品のアリランラーメンが食べられるということで、多くのファンが訪れる名店となっています。

まさに“秘境ラーメン”!公共交通機関で訪れるには相当困難な秘境にあるものの、ぜひ訪れて欲しいこのお店とアリランラーメンの魅力を紹介いたします!

そのラーメン屋は、千葉県の凄い山奥にある!

そのラーメン屋は、千葉県の凄い山奥にある!

写真:金澤 俊作

地図を見る

「ラーメン八平」は、千葉県長生郡という房総半島の中心部辺りに位置します。周囲は民家は多少あるものの、山に囲まれている場所で、公共交通機関では到達が恐ろしく困難な場所にあります。

それゆえに、マイナスイオンは抜群!都会の人混みにまみれた生活をしている方には、気分爽快必至の場所でもあります。そんな場所で最高のご当地ラーメンが食べられるわけです。

山奥にも関わらず、多くのお客が訪れる!

山奥にも関わらず、多くのお客が訪れる!

写真:金澤 俊作

地図を見る

そんな場所にあるにも関わらず、お店には開店前から多くのお客さんが訪れます。近所の方というよりは、遠出からドライブしてきた方やツーリングのついでに来たお客さんまで多くの方が訪れます。開店前にも行列ができるので、早めに食べたい方は開店前に到着しておくのがオススメです。

そして、このお店を訪れる前には事前学習が必要です。店内で注文する際に店員さんから「順番にご注文をどうぞ!」と言われます。そのため、店内に入り席に着いた後、並んでいた時に自分の前が誰だったかを覚えておく必要があります。

こちらが、極上のアリランチャーシュー!

こちらが、極上のアリランチャーシュー!

写真:金澤 俊作

地図を見る

こちらがラーメン八平の「アリランチャーシュー」。このラーメンに含まれている野菜などは作り置きをせず、注文を受けてから丁寧に作られています。効率性ではなく、新鮮に美味しく食べることを優先して作られているのです!

今さらですが、「アリランって何?」って思いますよね。韓国には「アリラン峠」という峠があります。そのような峠を越えられるように、スタミナがついたラーメンを作ろうとしたのが、このラーメンが誕生したきっかけなのです。

ニンニクが効いたラーメンは、味もスタミナも満点!

ニンニクが効いたラーメンは、味もスタミナも満点!

写真:金澤 俊作

地図を見る

具材には、豚肉・ニンニク・ニラ・ネギが使用されています。中でも、ニンニクが程よく効いているのが美味しさを引き立てています。また、スタミナもつけてくれるので、食べた日は1日中パワフルになること間違いなし!

麺はストレートの中太麺。これらの麺は、本店である「八平の食堂」で作られた自家製麺です。スープの味は濃いめに作られているものの、しつこさがないため、後にも残りません。秘境の中かつ、ログハウスのような建物の中で食べるラーメンは、より格別に感じること間違いなしですよ!

とにかくチャーシューが絶品!

とにかくチャーシューが絶品!

写真:金澤 俊作

地図を見る

そして、ここのチャーシューがとにかく絶品。アリランチャーシューには5枚のチャーシューが乗っています。厚さはそこまでなく、柔らかい食感。口の中で溶けてしまうほどホロホロなのです。

初めてこのお店を訪れた時は、まずはアリランチャーシューを注文することをお勧めしますよ!

おわりに

アリランラーメンが食べられる店は、ラーメン八平の他に「八平の食堂」・「ラーメン味覚(市原市)」の3店がございます。しかし、その中でも秘境の地にあるこのラーメン八平はとにかく人気が高いわけであります。

冒頭でも書いた通り、この店は公共交通機関では行くのが困難です!しかし、このアリランラーメンはそんな場所にわざわざ訪れても食べる価値のあるラーメンです。千葉にドライブに行った際、ツーリングに行ったついでなどにでも絶品の秘境ラーメンを食べに行ってはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -