バレンシアが本場!老舗「ダニエル」でタイガーナッツドリンクを堪能

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バレンシアが本場!老舗「ダニエル」でタイガーナッツドリンクを堪能

バレンシアが本場!老舗「ダニエル」でタイガーナッツドリンクを堪能

更新日:2018/06/20 16:54

盛 千夏のプロフィール写真 盛 千夏 スペイン留学&スペイン・ワーキングホリデー(ワーホリ)エージェンシー代表

日本でも美容&健康に良いと話題沸騰中の「タイガーナッツ」、本場はスペイン・バレンシアです。スペインではタイガーナッツは「チュファ」と呼ばれ、「チュファ」を絞って作られる「オルチャタ」という甘い豆乳に似たドリンクが老若男女に大人気。

今回は、地元民に人気・バレンシアの観光に便利・そしておしゃれなオープンエア飲食スポットにある老舗オルチャタ専門店「ダニエル(Daniel)」を紹介します!

スペイン・バレンシアのオルチャタ(タイガーナッツドリンク)

スペイン・バレンシアのオルチャタ(タイガーナッツドリンク)

写真:盛 千夏

地図を見る

食物繊維・ミネラル・ビタミンEが豊富なスーパーフードとして、日本でも有名モデルが食べていると話題になったタイガーナッツ。スペインではチュファ(Chufa)と呼ばれます。

実はチュファは、カヤツリグサの植物の地下茎にあたり、正確には植物なので「ナッツ」ではありません。紀元前から食されていたチュファですが、スペインで一般的なのは甘いドリンク「オルチャタ」(スペイン語でHorchata、バレンシア語ではOrxata)。スペイン全土で愛されるドリンクですが、本場はバレンシアのアルボラヤ(Alboraya)!

原材料は、チュファ・水・砂糖だけと非常にシンプル。のど越しはクリーミーですが、わずかにチュファの繊維を感じ、しいて言えば甘みを付けた豆乳と言ったところでしょうか。

バレンシアNo.1のカフェスポットにあるオルチャタの老舗「ダニエル」

バレンシアNo.1のカフェスポットにあるオルチャタの老舗「ダニエル」

写真:盛 千夏

地図を見る

「ダニエル」(Horchateria Daniel)は1960年にアルボラヤのオルチャタ大通り(Avenida de Horchata)に店舗を構えて以来、バレンシア人に愛されてきたオルチャタ専門店。バレンシア人に「オルチャタ専門店と言えば?」と聞けば必ず名前が挙がる老舗です。

アルボラヤのオルチャタ大通りは、名前からわかるように、オルチャタ専門店がたくさんありますが、旅行者には少々アクセスの悪い場所。でも「ダニエル」は2013年より、バレンシア中心部で1番のオシャレ飲食スポットであるコロン市場(Mercado de Colon)にも出店し、観光やショッピングのついでに気軽に美味しいオルチャタが楽しめるようになりました。

週末のテラス席はほぼ満席ですが、正面からは見えない店舗裏手(写真の裏手)にもテーブル席があり、座れる確率が高いので裏手にも回ってみて下さい。

オルチャタ+ファルトンであなたもバレンシア人!

オルチャタ+ファルトンであなたもバレンシア人!

写真:盛 千夏

地図を見る

オルチャタには3つ種類があります。
- オルチャタ・リキダ(Horchata liquida):普通のオルチャタ。
- グラニサド・デ・オルチャタ(Granizado de Horchata):フローズンドリンクのオルチャタ。甘さやざらっと舌に残る繊維質が気になる人にオススメ。
- オルチャタ・ミクスタ(Horchata mixta):リキダとグラニサドを混ぜたもの。

オルチャタには、ファルトン(Farton)と呼ばれる、棒状の甘いパンがつきものですが、バレンシア人はこれをオルチャタに浸して食べます。浸しやすいように棒状で、1本から注文可能! 現地の人の真似をしてオルチャタとファルトンを楽しむなら、リキダかミクスタがおススメです。

オルチャタから作られるクリーミーな絶品デザート「クレマ・デ・チュファ」

オルチャタから作られるクリーミーな絶品デザート「クレマ・デ・チュファ」

写真:盛 千夏

地図を見る

「ダニエル」の看板メニューの一つが「クレマ・デ・チュファ」(Crema de Chufa)。直訳するとチュファのクリームですが、これは緩いクリーム状のオルチャタにオルチャタのアイスクリームをのせたもの。

スペイン人向けに少々甘目ですが、チュファの風味がより強く感じられます。オルチャタの味は好きだけれど、繊維質がちょっと苦手だったという方には、繊維質が気にならない「クレマ・デ・チュファ」が最高!

「ダニエル」以外のオルチャタ専門店では見かけないので、是非お試しを。

ホワイト&ブラックと言う名のバレンシアのコーヒーフロートもおススメ

ホワイト&ブラックと言う名のバレンシアのコーヒーフロートもおススメ

写真:盛 千夏

地図を見る

もう少しさっぱりしたいものがいいな...という人は、バレンシア名物の「ブランコ・イ・ネグロ」(Blanco y Negro、白と黒という意味)をどうぞ。オルチャタではありませんが、オルチャタ専門店では一般的です。

「ブランコ・イ・ネグロ」は、コーヒー風味のフローズンドリンクに、バレンシアでよく見かける「レチェ・メレンガダ」(Leche Merengada)という、牛乳・卵白・砂糖・シナモン・レモンが材料のアイスクリームを浮かべたもの。

「ダニエル」のコーヒー風味のフローズンドリンクは、味が濃く甘さも他のオルチャタ専門店に比べると控えめなので、甘いアイスクリームとコーヒーの苦さのバランスが絶妙! シナモン風味が苦手な方は、普通のバニラアイスクリームに変更することも可能です。

バレンシア中で楽しめるオルチャタ

バレンシアの老舗オルチャタ専門店「ダニエル」を紹介しましたが、オルチャタはバレンシア中のいろいろな場所で楽しめます。

オルチャタ専門店(オルチャテリア、Horchateria)で飲み比べをしたい方は、バレンシア中心部からメトロでアクセスのよいマチャド(Machado)周辺へ。オルチャタ専門店がたくさんあります。

街歩きをしながら気軽にオルチャタを飲みたい方は、町中に出ているオルチャタ・スタンドが便利。テイクアウト用のオルチャタのみの販売なので、購入も簡単です。また町中のバルやカフェテリアでもオルチャタを提供しています。

バレンシアの生活に溶け込んでいるオルチャタ、旅行中に是非一度はお試しを!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -