"ブルーエンジェル"海岸は必訪!奄美大島で憧れのスローライフを体験

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

"ブルーエンジェル"海岸は必訪!奄美大島で憧れのスローライフを体験

"ブルーエンジェル"海岸は必訪!奄美大島で憧れのスローライフを体験

更新日:2016/04/01 16:50

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 温泉ソムリエ

東京から飛行機でおよそ2時間半。鹿児島県の奄美大島は海外の有数リゾートにもひけをとらない海の青さを誇る美しい島です。美味しい郷土料理や豊富なアクティビティと、見どころは沢山!にも関わらずゆったりとした時間が流れていることからついつい長居したくなってしまう魅力がいっぱいです。

LCCの増便により、よりアクセスがしやすくなった奄美大島。ここではそんな奄美の魅力を少しだけご紹介いたします。

「ブルーエンジェル」に会いに行こう!

「ブルーエンジェル」に会いに行こう!

写真:Nami Kita

地図を見る

サンゴ礁すれすれを飛行し奄美空港に到着したら、はやる気持ちをおさえてレンタカーの手続きへ。車で空港からわずか5分、ビーチ沿いを北上すると辿り着くのは「ブルーエンジェル」の愛称で親しまれる土盛(ともり)海岸です。目を刺すような青さに、奄美大島に着いたということを実感できることでしょう。

観光客も少なく、運がよければ貸し切り気分を味わえることも。かわいいヤドカリたちがお出迎えしてくれます。

遠浅で波も穏やかなため子供連れにもオススメ。エメラルドグリーンの美しいグラデーションには誰もが息をのむこと間違いなしです。

奄美のソウルフード「鶏飯」を食べよう!

お腹がすいたら奄美名物鶏飯(けいはん)を頂きましょう。名前から炊き込みご飯のようなものを連想する人も多くいますが、こちらはお茶漬けのような感覚で食べる郷土料理。蒸し鶏や錦糸卵、しいたけやパパイヤの漬物を盛り付け、だし汁をかけて頂きます。

鹿児島では給食でも出るほどの定番料理であるため至るところで見つけることができますが、ここ「ばしゃ山村」にあるレストランAMAネシアでは海を眺めながら絶好のロケーションで鶏飯を食べることができるとして人気です。

施設内にある民俗村では島唄体験をはじめとし、陶芸やお菓子作りなどといった奄美の文化体験ができるので滞在中一度は訪れたいスポットです。

奄美のソウルフード「鶏飯」を食べよう!

写真:Nami Kita

地図を見る

アクティブ派にオススメ!マングローブを探検!

奄美大島ではダイビングやシュノーケリングといった数々のマリンスポーツを体験することができますが、中でも他ではなかなか体験することができないのがマングローブ探検です。

マングローブの森の中、カヌーを自分で操縦しますが初めての人でもガイドが手引きをしてくれるので安心。二人乗りのタイプもあるので子供でも参加できます。奄美群島国定公園特別保護区に指定され、奄美の人々に親しまれつつ、守られている雄大なマングローブの森は一見の価値あり。

満潮時は水路が満ち、カヌーでマングローブが織りなすトンネルの中を散策することができる一方、干潮時にはマングローブの根が姿をみせ、小さいカニやトビハゼなどの生き物に出会うことができるのも魅力です。

アクティブ派にオススメ!マングローブを探検!

写真:Nami Kita

地図を見る

おしゃれなレストランでほっと一息

奄美大島では豪快に海の幸を頬張ることのできる定食屋・居酒屋から思わず写真を撮りたくなってしまうような雰囲気溢れるカフェなど数々の魅力的なお店に出会うことができます。

ここ「夢紅」は古い木を基調とした建物の中で美味しいパスタやコーヒーを頂くことができるとして根強いファンがいるお店。階上はゲストハウスになっているので宿泊も可。洋服などの販売もしています。

調度品に関しては、どれをとってもセンスが良くまるでジブリの映画の中のよう。陶芸の工房も兼ね備えているのでもしかしたら素敵な作品と出会うこともできるかもしれません。

海のすぐそばに建ち潮風が吹き抜ける店内から見渡す景色は絵葉書の写真のよう。時が経つのを忘れてしまいます。奄美の見どころや、星空の話など気さくな奥様の人柄にも心癒されることでしょう。

おしゃれなレストランでほっと一息

写真:Nami Kita

地図を見る

極上の「奄美時間」

「奄美時間」と呼ばれるほど島の時間は静かでゆっくり。一度訪れた人は必ずといっていいほど奄美の人々の優しさや自然に触れトリコになってしまいます。対照的にワイルドな自然がそのままに残っているのも魅力の一つ。海に山にと楽しみは無限大です。

ゆったりとした時間の中で日々の疲れも癒されてしまうこと間違いなし。おひとりさまでもカップルでも家族連れでも。すべての人を優しく受け入れてくれる島です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/01−2014/06/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ